ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パシフィック・リーグ


ヨミ: パシフィックリーグ
掲示板をミル!
154カキコ!

エキサイティング・リーグ
パ!

パシフィック・リーグ』(PACIFIC LEAGUEとは、日本プロ野球リーグのひとつである。

パリーグ、パ・リーグの呼称でお染み。

概要

正式名称は日本プロ野球組織パシフィック・リーグ運営部。
1949年に新球団の加盟を巡っての対立から、加盟賛成阪急現在オリックス)、南海現在福岡ソフトバンク)、東急現在北海道日本ハム)、大映の4球団に、新加盟の毎日現在千葉ロッテ)、西鉄現在埼玉西武)、近鉄が加わった7球団で、それまでの1リーグ制から分裂する形で「太平洋野球連盟」が発足。
1950年からパリーグの歴史は始まった。

明期には世間の注を浴びたが、メディアのセ偏重(巨人偏重)、毎日オリオンズからの毎日新聞社の撤退もあって人気は伸び悩む。さらに1969年暴力団との癒着・八百長の横行が明るみに出た「黒い霧事件」が色々と致命傷となって各球団とも体が落ち、1970年代から1980年代にかけては球団譲渡が相次いだ。そのため現在のパの球団は、2005年に新規参入した東北楽天を除いて、全球団とも球団譲渡や合併、保護地域の移転を経験している。ネットCS放送もく、地上波といえばテレビラジオ巨人戦という頃はパ・リーグの試合を追いかけるには直接球場に行くか、深夜フジテレビで放送される「プロ野球ニュース」を見るか、翌日スポーツ新聞で試合結果をチェックするしか術はなかった。

1980年代1990年代のお客の不入りもよくネタにされ、テレビ番組「プロ野球珍プレー好プレー」での川崎球場の様子は伝説であった。もいない客席でいちゃつくカップルや、もいない座席で横になって寝ているオッサンスタンド内で野球をしている客、スタンドの傾斜を利用して流しそうめんを楽しむ客、ホームランを打った時に客席に投げ入れるぬいぐるみを全部獲得する子供ホームランボールを取ろうともいない外野スタンドを走り回る子供、外野スタンド麻雀を打っている客、炭を起こして焼肉を始める客、川崎球場の隣にある川崎競輪レースを見て競輪選手に援を送る客などが映し出されるのがお約束となっていた。

この当時、川崎後楽園明らかガラガラなのに観衆5000人などと報道されたが、これは年間シートの座席を座っていなくても数に理矢理入れているためであった。当時の選手でも「ベンチからしながら数えきれる程度の客」というくらい少なかった。

1973年オフには前年東映から球団を買い取った日拓ホームがあまりの客の不入りを嘆き、ロッテとの球団合併→1リーグ統一を模索したが、日本ハムが球団を買い取る事でパ・リーグ消滅の危機は免れた。

さらに2004年には近鉄オリックスの合併を機に1リーグ制への球界再編の流れが生じたが、選手会の奮闘とファンの後押しによって事パ・リーグは存続。それ以降、各球団とも地域密着やファンサービスに非常にを入れるようになった。2005年からの楽天参入により、札幌仙台埼玉千葉大阪福岡と全各地に球団が分散する形となった。

現在では、MLBで活躍するダルビッシュ有元日ハム)や田中将大(元楽天)をはじめ、数多くのスター選手がパ・リーグに生まれた上、札幌仙台に球団が出来た事により、これまで巨人帝国となっていた北海道東北巨人ファン離れが起こり、セ・リーグべても遜色のない人気を誇るまでになっている。

セ・リーグとの大きな違いは、DH指名打者)制を導入していることである(1975年導入)。交流戦日本シリーズでは、パ・リーグの球団の催試合でDH制が用いられる。2011年までは予告先発があることも大きな違いだったが、2012年からセ・リーグ予告先発を導入することになった。DH制予告先発制、さらには1973年スタートしたプレーオフ制度と全てはファン獲得に向けての苦の策から始まったものであった。

かつては1950~1960年代の南海ホークス西鉄ライオンズ6070年代阪急ブレーブス、1980~1990年代西武ライオンズのように圧倒的な強さでリーグを牽引する球団(と常時Bクラスのお荷物球団)が存在したが、現在は各球団とも戦が拮抗しており、優勝争いをした球団が翌年最下位争い、その逆も常に起こる混沌とした群雄割拠のリーグとなっている(とはいえ基本的には日本ハム西武ソフトバンクが安定して強く、ロッテ楽天オリックスがそこに割り込めるかという構図ではある)。

人気球団を擁するセリーグと、それに対抗意識を燃やすパリーグ。オールスターゲームではパリーグが勝ち越しているのもあってか、古くは「人気のセ、実のパ」と呼ばれた。
2005年より始まった交流戦では、2009年を除いてパ・リーグが勝ち越している。特に2010年交流戦では1位から6位までをパ・リーグが独占するなど圧勝し、「パ・リーグ強し」を野球ファンに強く印づけた。日本シリーズでも2010年代はパ・リーグの9勝1敗と、ここ10年ほどは実際に実セ・リーグを圧倒している。

2007年、パ・リーグでは6球団の共同出資によりパシフィックリーグマーケティング社を設立。ファンサービス企画の球団同士のシェアや、映像配信などを一手に担っている。各球団のホームページデザインも細かい違いこそあれど全て統一されているのも特徴。

プレーオフ制度

現在クライマックスシリーズとして行われているプレーオフ制度も、元はパ・リーグが人気獲得のために始めたものである。

第1期プレーオフ(1973~1982)

前半65試合を前期。後半65試合を後期とし、各期の優勝チームレギュラーシーズン終了後に5試合3勝制でプレーオフを行い、勝ったチームがその年のリーグ優勝となる。前期後期とも同一球団が優勝の場合はそのままリーグ優勝となる。

そのため例年6月末に前期優勝胴上げやらビールかけが行われていた。前期に優勝すれば後期はぶっちぎりの最下位でもプレーオフに出場できる事。前期後期の累計成績が1位チームプレーオフに出られない可性がある事などが問題視され、この制度は1982年に終了した。

第2期プレーオフ(1983~1985)

1983年より130試合1シーズン制とし、レギュラーシーズン1位チーム2位チームゲーム差が5ゲーム以内となった場合、プレーオフが実施となる。

5ゲーム差の場合、1位2位の直接対決5試合含めた135試合で2位チームが逆転する可性があると開催となる。わかりやすく言うと、1位2位が2ゲーム差の場合、プレーオフ2位チームが5試合中3勝できれば2位チームの逆転優勝。できなければ1位チームがそのまま優勝というもの。大変わかりにくい

しかし3年間とも1位2位が10ゲーム以上開いてしまったため、全な企画倒れに終わった。1986年から止され、セ・リーグ同様勝率1位チームリーグ優勝という形となり、2003年まで続く。

第3期プレーオフ(2004~2006)

レギュラーシーズン上位3チームによるステップラダー方式のトーナメント戦。

2位チームと3位チーム2位チームホームで3試合2勝制の1stステージを戦う。1stステージの勝者が1位ホームで5試合3勝制の2ndステージを戦う。レギュラーシーズン5ゲーム差以上の場合は1位チームに1勝のアドバンテージが付き4戦となる。2ndステージ勝者がそのままリーグ優勝となる。秋の風物詩で2年続けてアレな事になったホークスいちゃもん要望により、2006年ルール正された。

2006年1stステージはそのままだが、2ndステージ1位チーム条件で1勝のアドバンテージがつき全4戦。3勝したほうがリーグ優勝となる。まぁ結局秋の風物詩には勝てなかったが。

当初は批判が多かったこの制度だが、消化試合の大幅減少。シーズン終盤の1位争い、3位争いの熾な戦いが盛り上がりを見せ、当然プレーオフ本戦も異様な盛り上がりを見せた。1位チーム2位チームプレーオフ開催による収益は全て球団のものとなるため、上位チームには想定外の臨時収入にもなった。これにセ・リーグも便乗してリニューアルされる事になる。

第4期プレーオフ(2007~)

詳しくはクライマックスシリーズの項を参照

インターネットでは

色々と球団同士因縁が深いセにべ、パ・リーグの各球団ファンは敵同士でも較的仲が良い。オールスターゲーム日本シリーズでは、特定掲示板において、パリーグチームファンが一丸となってセリーグを倒そうと盛り上がる。連盟歌である「白いボールのファンタジー」の大合唱も有名。

また近年はインターネットで中継動画配信(有料)が行われるようになり、パ・リーグ球団が共同で出資したパシフィックリーグマーケティング株式会社(通称PLM)による動画配信サイト「パ・リーグTVがとくに有名。地元地上波BSCSでなければ見られなかった試合中継が気軽に見られるようになっている。

かつてはニコニコ動画では東北楽天ゴールデンイーグルスホームゲームの中継をニコニコ生放送無料配信していた。福岡ソフトバンクホークスオリックス・バファローズも同様に一時無料配信を行っていたが、楽天以外の5球団は試合終了後のディレイ放送を行っていた(現在はパリーグの球団は全て撤退済、2019年現在セ・リーグ横浜DeNAベイスターズホームゲーム生中継のみである)。

現在のパリーグ加盟球団

球団の歴史・変遷など詳しい事は、各球団のニコニコ大百科記事をご覧ください。

過去にパ・リーグに加盟していた球団

2005年(楽天加盟)以降の順位変遷


次へ»
最終更新日: 19/10/23 22:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ