ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パチスロ


ヨミ: パチスロ
掲示板をミル!
245カキコ!

パチスロとは、パチンコ店に設置されているスロットマシンのことで、法律では『回胴式遊技機』という名前を付けられている。
パチンコに付いては「パチンコ」の記事を参照。


概要


パチンコ店にあるスロットマシンだからパチスロと呼ばれている。しかし、現在パチスロは本来のカジノにあるようなスロットマシンとは独自に変化を遂げており別物に近くなっている。

まずパチスロパチンコ店に設置できるようにパチンコ台と同じ横幅に設計されているものが多く、小である。
カジノスロットマシンは右側に大きなレバーがあり、それを手前に引くとリールの回転が始まるが、パチスロは手前にある小さなレバーを下に押すことでリールを回転させる。

パチスロ1980年代の中頃から普及していった。まだこの頃は見たアメリカスロットマシンに近い洋のものが多かったが、2000年代に入るとアニメ漫画などを題材とした台が急に増え、演出を楽しむために用意された大きな液晶画面も登場するようになった。この現在パチスロカジノスロットマシンとはもはや別物である。


遊び方


基本的な遊び方は以下の通り、

  1. メダルを現で借りて、遊技機に投入する。」
  2. 「レバーを引くと、定められた一定の確率で抽選を受ける。」
  3. 「リールが回転し、ボタンで止める。前述の抽選が当たっていれば図柄がう。」
  4. 当選時には何かしら方法でメダルが払い出される。」
  5. 「払い出されたメダルは、ホール品と交換できる。」

パチスロで注意すべきなのは、絵柄がうかどうかはリールをボタンで止めた時に決まるのではなくて、メダルを入れてレバーを引いた時にすでに決まっていることである。レバーを引いた時にハズレの抽選を引いた場合は後はいくら狙ってリールをボタンで止めようとしてもハズレハズレである。多くの人間がこれに騙されている。

その他、パチンコとのな違いは、

  1. 「全ての役が当選しても、プレイヤーが図柄を定められた組み合わせでリールを停止させないと(押し)メダルの払い出しを受けることができない」(パチンコは全て自動停止)
  2. サブの2種で出玉に関連する抽選を行っていること」(パチンコのみ。サブは演出の選択のみ)
  3. 設定(出玉率の差)は最大でも6段階のみ。またパチンコべて、概ね出玉率が高い傾向にある。(条件にもよるが、パチスロ90%台半ば~後半,パチンコ90%台前半~半ば)
  4. 専門の用が多い。

ほぼ全自動のパチンコべ、初心者は1の理由(技術介入性)により、またある程度慣れてくると2の理由(知識介入)によって敷居が高いと感じる場合もある。

逆にパチスロ好者は、上記の点に加え、小役や大当たり当選時のリール制御や、液晶演出で一喜一憂している部分でもある。

最近では、庭でのパチスロ機の購入も容易になり、庭で遊技するも増えてきている。


主な用語


パチスロパチンコには、様々な専門用がある。ここではパチスロについて記載する。

(→技術介入性)


 視聴者側の用語



出目の美しさとは


すみません。この項マニアックな内容です。その点ご理解ください。

>>228>>229 が「『出の美しさ』ってなに?チャンスの事?リーチの事?」って書いてある。「あー。5号機からの人ではそれは仕方ないなぁ」と思いながらそんな人にも理解できるように記載してみる。

いきなり別度からのお話だけどパチスロの楽しい間って何だろう?ゲーム性がいいとか、キャラかわいいとかそんなのも大事だけど、要は勝つことだよね。

では、勝つためにはどうしたら良いかというと(ホールに行かないは置いといてorz)、運の話をしたら高設定台に座る事か、事故らせる事。運以外の事だと、台の情報を持つこととロスをしない事かな。
それを知っている昔からのスロッターは、運の要素はあきらめて、実で勝ちに行くため、とにかくロスをすることを底的に嫌った(=いちボーナス当選を察知したかった)+他人にボーナス当選したことを知られたくなかった(=他人に情報を与えたくなかった)訳なんです。

普通「出」というものは、リールをすべて止めて現れる図柄の停止。言い方かえたら入賞処理が終わった時の図柄の並び。なんだけど、『出の美しさ』で問われているのはそれだけじゃなくて、抽選、ストップボタンを押した場所、各リールのすべりコマ数、そしておまけに演出。これらを加味して『出の美しさ』(≒しか知らないリーチ)というんだ。(すべりの概念はわかってほしい…なぁ)

分かりやすい例(これはぬるい例えなんだけど)で言えば、4号機の山佐ニューパルサーRで、はさみ押しで

|.7  |↓ |チェ |
|ベル|↓ |リプ |
|リプ |↓ |BAR

と止めると、中リール上段か中段に7が止まればボーナスで、下段に止まるとただのハズレ。(中リール中段オレンジでもボーナス(ほぼBAR))
なんだけど、実はこの出ハズレ時は一生懸命狙っても約1/16しか止まらないんだ。

するとこう止まった間おっ?って思わない?
さらに、右リールが4コマすべって、この形になると「なんでわざわざ4コマすべるの?…っていうことは!!」と、なるわけだ。(まだ確定ではないけどほぼボーナス

でも、その熱を知っているのは、打っている本人だけ。ここに昔からのスロッターはカタルシス(大げさ)を感じるわけだ。ここを、大家アタック演出やら、花火熱演出やら、「あたたた、ほぁちゃー」で煽られると「はぁ…だなぁ+他人に教えんなよ!」と感じてしまうわけだ。
で、ここまでの内容で一喜一憂するためには「台の情報を持つ」「ロスしない」を理解していないと分からない訳だ。

すると、上記の出は美しく思えないかな? 私は美しいと思えるんだけどなぁorz

まぁそんな感じです。もっと詳しい人は追記しちゃってください。


スロットの現状


スロットはかつて法規で設置率も決められており、「ホールの片隅に設置されている異質でマニアック機械」であり、これが長く続いていた。現在でもホール機はパチンコであり、スロットはそれに続く扱いである。

法規でスロットは「遊技機」と認めてもらう代償に、出玉率からリールの回転速度、図柄の大きさまで法規でがんじがらめにされているの現状である。また、メーカーの開発で、法規の範囲内でホールプレイヤーが望むを付与されては法規が正されたり自主規制が行われて泡と帰すを繰り返すのは、もはやは風物詩である。

4号機以降、王やアラジンA,ミリオンゴッド等、そして北斗の拳吉宗が大ヒットしていた時期はパチスロ専門店もかなりあり、パチンコパチスロ併設店での設置面積も相当なものであった。しかしパチスロ氷河期とも言える5号機時代になり、再び「ホールの片隅に設置されている異質でマニアック機械」に戻っていきつつあった。しかし、に演出面やリール制御の規制緩和が導入された5.1号機になり本格的なART機が製作され、2010年半ばよりパチスロ設置台数は微増している。

最近はテレビゲームアニメタイアップした機種が増えており、テレビCMパチスロの宣伝をよく見かけるようになった。これは、スポンサーが減りすぎてこれまで放送コード規制していたパチンコ機やパチスロ機のCMTV局側が流さざるを得ない状況になったことも関係している。ちなみに、近い関係にあるアーケードゲームは今でも規制のためCMを流せない。

意図的に台パンをして、確率を操作しているような言い訳に近いアドバイスをする者がいるが迷信である。また周囲に大変迷惑である。

敷居が高く感じられる点や、朝鮮絵合わせという蔑称ネットで蔓延しているところはパチンコと同じ。


機種一覧


パチスロ機種一覧」を参照。


関連動画



■sm4050[ニコ動]

■sm248157[ニコ動]
■sm685209[ニコ動]
■sm5810580[ニコ動]
■sm6093739[ニコ動]
■sm17748045[ニコ動]
■sm17122455[ニコ動]


関連静画


■im752980(静画)


関連商品


■dw950990
■azB000ULV30K
■azB001WAHXUW
■azB0057BP7TG
■azB005E35M56
■azB007E91WBQ
■azB004BQKT1O
■azB005HDR8HI


関連コミュニティ


■co330
■co785


関連項目



最終更新日: 17/02/22 00:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社