ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パチュリー・ウッ


ヨミ: パチュリーウッ
掲示板をミル!
16カキコ!

パチュリー・ウッ

パチュリー・ウッとは、東方GAYProjectに登場するキャラクターである。

肛摩狂4面ボス、恥礼殿サポートキャラ

東方餡掛炒飯のキャラクター一覧


概要


肛摩館の大ハッテン場に住んでいる魔法使い

彼は毎日ガチムチパンツレスリングについて読書を重ね研究しており、その知識は深い。ケツより深い。その深い知識あってか、フェラドールを押さえつける技も身につけており肛摩館の人物の中でも重要な地位についている男である。

彼のハッテン場は開放的で、基本的には入場フリーである。だからカズが自分の仕事を効率化させるために資料を探しにくることもあるし、門番であるが技を調べにくることもたびたびある。

ただ、ハッテン場内では静かにするという則があり破った場合はパチュリー直々にファックされる。それはいかに親しい人物だろうが関係ないらしい。実際、レミリアッーは肛摩館ができてから合わせて3回ファックされている。パチュリー自身は合計で80回以上もファックしている。

彼はパンツをかなりの枚数所持しているが、それはパンツに自分の依存しているからである。パンなら燃える兄貴の技パンなら屋上で想いにふけるトータスの技パンなら「いかん、危ない危ない危ない...」と注意を喚起する優しさを持ったカズヤの技パンならとてもパワフルレスリングを展開するビオランテの技である。これらはレスリングシリーズに登場する人物の身に着けているパンツTシャツの色がモチーフとなっている。

このように博識で多な技を持ち、寝坊したレスラーを「パチュリー、ウッ!」とをかけて起こすパチュリーは周りからも好かれている人物である。

また、彼はレミリアッー・スカトロットと親交が深い。これは後述することとする。

テーマ曲:んパチュリー、ウッ!


レミリアッー・スカトロットとの関係


パチュリーレミリアッーは、実は肛摩館ができたときからずっと一緒にいる仲である。

その昔、まだ幼い頃に魔法使いとしての素質が覚めたパチュリーパチュリーはある時「運命」を感じた。彼はいつか、自分の人生を変えるほど素晴らしい男と巡りうことになると悟ったのである。だからこそパチュリーはその男のために自らの知識に磨きをかけ、時を待った。現在でも毎日のように読書をしているが、それはレミリアッーにいつ何を聞かれても的確に答えられるようにするためである。その当時から意識のうちに続けていた習慣が、今にも生きているというわけである。

一方レミリアッーは魔法使いではないが、彼も運命を悟るを持っていた。パチュリーが悟ったころと同時期、レミリアッーも悟ったのだ。「いつかきっと、自分と一心同体となりうる人物と巡りう」と。この時はまだ十六夜カズ夜レミリアッーはお互い名前すら知らなかった。この時点で、レミリアッーはカズパチュリーの二人と巡りうことを予知していたのである。

数十年後のある日、パチュリーは3ヶぶりに外に出て散歩をしていた。散歩といっても自宅近所の数メートルである。3ヶに1回散歩しないともやしになると彼は思い込んでおり、定期的に散歩をしていた。偶然そのときにロードワーク中のレミリアッーと出くわしたわけである。

パチュリーは驚いた。まさか3ヶに1回の散歩でこのような出会いをするとは夢にも思わなかったからである。

一方レミリアッーはあまり驚かなかった。幼い頃から多くの運命を悟り、多くの奇跡の当たりにしてきた彼だからこそ、こんなところでは動揺しなかったである。彼は小さないた。

ウホッいい男。まさかこいつがの運命を変える男なのか?」

ある程度悟っていたと言っても、レミリアッーはまさかこんなところで自分の一生を左右する人物と出くわすとは思えなかった。だから少し考えていた。その間にパチュリーレミリアッーにをかけた。

「あぁん?お客さん?

レミリアッーは確信した。こいつで間違いない、と。パチュリーの発するには不思議なものがこめられていた。まるでレミリアッーにしか聞こえないような音波が混じっているかのような、そんなだった。

確信したレミリアッーはパチュリーにこう話しかけた。

ゲイパレス、肛摩館に来ないか?お互いのを必要としているみたいだし」

パチュリーは徐々に気づいていた。もしかしたらこいつが自分を変える人物なのだと。薄々そう気づいてきたパチュリーは、誘われるままにホイホイついていったのである。

レミリアッーとパチュリーは数十分話しただけで意気投合し、お互いが確信していた。「こいつとならやっていける。何かでっかいことができる」と。パチュリーレミリアッーに条件を提示した。内容は以下の2点である。

レミリアッーは考えるまでもなかった。パチュリーが自分の頭となって一緒に行動してくれるのは自分にとっても都合のいいことだったからである。レミリアッーは快諾し、パチュリーに地下の膨大な広さを持つハッテン場を居住及び本スペースとして提供した。広さは約東京ドーム1個分、ここまで広ければいろいろと大変だろうということで「小握魔」という召使をパチュリーに与えた。落ち着いて読書レスリングのできる環境と召使の二つを得たパチュリーの頭はますますハッテンし、地上では右に出るものがいないほどになったという。レミリアッーもパチュリーによく学んだ。カズが肛摩館に来てからもパチュリーは特に姿勢は崩さず、ただただ貪欲に知識を欲し、レスリングを究めたそうな。

END


注意


このストーリー二次創作です。

東方Projectにこのような記載はありませんので注意してください。


関連項目



最終更新日: 09/02/12 09:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ