ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パネルでポン


ヨミ: パネルデポン
掲示板をミル!
322カキコ!

パネポン

パネルでポンとは、インテリジェントシステムズが開発・任天堂が発売したアクションパズルゲームである。略称はパネポン。

1995年スーパーファミコン版の初代が発売されて以来、

が発売されている。

初代のスーパーファミコン版「パネルでポン」はWiiバーチャルコンソール配信され[外部]、後にWii Uバーチャルコンソールにも配信された[外部]

ゲームボーイ版「ヨッシーのパネポン」もニンテンドー3DSバーチャルコンソール配信されている[外部]

ちなみに、RKK熊本放送では同名の神経衰弱ゲームを「夕方いちばん」内で放送しているが、これはこのゲームとは関係ない。


概要


パネルでポンのルールはいたってシンプルである。プレイヤーカーソルを移動し、隣り合う2枚のパネルを入れ替えることができる。同色のパネルを3つ以上縦または横にそろえることで、パネルを消すことができる。パネルは時間が経つにつれて下からせりあがっていき、フィールド天井にパネルがぶつかり一定時間が経過するとゲームオーバーとなる。但し、1人用モード(エンドレススコアアタックetc.)などでは天井にぶつかった間にゲームオーバーになる。

ぷよぷよ」などと同様、パネルを4枚以上消す「同時消し」や、連続してパネルを消す「連鎖」が勝利の鍵である。このゲームの最大の特徴は「アクティブ連鎖」にある。「ぷよぷよ」では一度連鎖を発動すると、プレイヤーは消えていく過程を眺めているしかない。「パネルでポン」ではパネルが消えている最中もパネルの移動が可である。連鎖の最中であってもパネルを移動させることができるため、連鎖を次々につないで大連鎖を狙うことができる。また「ポケモンでパネポン」から「ばくれつせりあげ」が追加され、これを有効にするとパネルが消えている間もせり上げが出来るようになり、「アクティブ連鎖」と組み合わせると半永久的に連鎖が可

アクティブ連鎖の仕様のため、プレイ中はとにかく忙しい。脳汁が出まくること必至である。

また、スーパーファミコン版とニンテンドーゲームキューブ版では幼女妖精さんが大活躍する。その他の作品では妖精さん削除され、ヨッシーポケモンが代わりに登場するか、キャラクターが一切登場しないスタイリッシュな外見となってしまっている。そのため、一部のアレファン(21)からは妖精の復活を希望するが広がっている。このロリコンどもめ!

ポケモンでパネポンには妖精の一人であるリップが現れるモードが存在する。裏コマンド(カラー以前の機種で起動後にAを24回、Bを24回押す)を使うと現れるモード(本編ではなく、パネポンGBモードとなる)で、通常はポケモンの顔グラフィックのところにリップが現れる。この事からポケモンでパネポンはオリジナルであるSFC版パネポンのGB移植版として一度は開発されていた可性が高い。カラー専用ソフトでは他に類を見ない隠し要素とも言える。


妖精さん一覧


SFC GC
妖精 リップ フリル
氷の妖精 シャーベット ティンク
宝石妖精 ルビー ピュア
炎の妖精 フレア レイア
水の妖精 エリア セシル
風の妖精 ウィンディ ソフィ
妖精 ティアナ リン
海の妖精 リス ティア
妖精 セレン サラ

関連動画



■sm54565[ニコ動]

■sm46264[ニコ動]

■sm10434630[ニコ動]
■sm14909685[ニコ動]

■sm4064298[ニコ動]
■sm16771720[ニコ動]


ピコカキコ


VSモードエンディング / パネルでポン
エリアスのテーマ / パネルでポン
エリアスのテーマ(ピンチ時) / パネルでポン
フレアのテーマ(ピンチ時) / パネルでポン
リップのテーマ / パネルでポン
シャーベットのテーマ / パネルでポン
ヨッシーのパネポン - ウンババ ピンチ曲
ヨッシーのパネポン - ウンババ ピンチ曲(後半有版)
ヨッシーのパネポン - ポチのテーマ
エンディング(VSモード他) / GBヨッシーのパネポン

関連商品


■azB000068GVM
■azB000069RYA
■azB00005OVBF
■azB00007L4XC
■azB000AO7SLK
■azB000NOLWDC
■azB00OK3AJLS


関連コミュニティ


■co8242


関連項目



関連リンク



最終更新日: 15/01/07 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ