ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パロディウス


ヨミ: パロディウス
掲示板をミル!
72カキコ!

パロディウスとは、コナミが開発したシューティングゲーム、およびそのシリーズである。


概要


タイトルは「パロディ」と、同じくコナミSTGシリーズである『グラディウス』を組み合わせた造であり、その名のとおりステージモチーフBGMキャラクターなど、ゲーム全編を通して多パロディ要素で構成されている。

基本システムは『グラディウス』のパワーアップカプセル方式を採用。装備可武器は自機によって異なる。さらに『ツインビー』のベルパワーも併用されており、こちらの効果も(シリーズによって変わるが)「メガホンを装備してで攻撃」「自機が巨大化して無敵に」など、バラエティに富んでいる。

ゲームイメージが「お笑い」に傾倒しているため、「簡単・ぬるゲー」と揶揄されることがあるが、ランクプレイ状況によってゲーム中に上下する難易度)によっては敵弾の量が異常に多くなったり、中には構成自体が悪ふざけがすぎたような高難易度ステージ・作品も存在する。

プレイヤーの間では、「STGとしての完成度が高い名作」として高評価を得ている作品である。


シリーズ


タイトル一覧カッコ内は初出年およびハード

各作品とも様々なハード移植されており、特に2007年発売されたPSPソフトパロディウスポータブル』で全作品がプレイ。ただし初代『パロディウス』はリメイク版での移植となり、他の作品でも一部BGMが差し替えになっている。

また、本作のキャラクターを使用したシミュレーションゲームパロウォーズ大百科マーク』がPSで発売されている。


パロディウス ~タコは地球を救う~(1988年4月1日 MSX)


※個別記事はこちら→パロディウス ~タコは地球を救う~[画像を見る]

元々はコナミスタッフスナッチャー制作中、ストレス発散用の内輪ネタジョークとして片手間で作ったものであった。 以後、「タコ役」「脱力系ダジャレギャグ」「コナミキャラ・作品のクロスオーバー」「クラシック曲のアレンジBGM」といった要素が“伝統”として後のパロディウスシリーズへと引き継がれていくことになる。

クラッシック曲のアレンジが導入されたのは、内輪ネタから製品化へ移行した際にスナッチャーの納期遅れのために正式な開発期間が1ヶしかなく新曲を作成する猶予がい状態で、著作権上問題のい物を流用しようとした為である。

この作品から既に自機セレクトが搭載されているが、基本的に見たのみで武装はすべて後のビックバイパーと同じ武装である。

記念すべき第一作であるがMSXで発売されたせいか、後発の『パロディウスだ!』の方が知名度が高いため、意外と存在が知られていない作品。


■sm447939[ニコ動]


パロディウスだ! ~神話からお笑いへ~(1990年 AC)


※個別記事はこちら→パロディウスだ! ~神話からお笑いへ~[画像を見る]

サブタイトルは『グラディウスIII伝説から神話へ~』のパロディ。同作発売からほんの3、4ヶ後に本作が登場した。欧州でも「Parodius: Non Sense Fantasy」というタイトルで発売されている。

世間を騒がせている事件の黒幕ゴルゴダ・タコベエ」(タコ)を倒しにいくのが本作のストーリーとなる。

先述したとおり知名度は初代より高く、自機として使えるビックバイパータコツインビーペン太郎の4人(?)はシリーズの顔と言え、事実として以降の作品にも多く登場している。

ファミコン版で「ちちびんたリカ」が「ミス・ミシタリーナ」に差し替えられた件や、スーパーファミコン版では諸事情によりが振れなくなった件は今でもである。

■sm249968[ニコ動]


極上パロディウス ~過去の栄光を求めて~(1994年 AC)


※個別記事はこちら→極上パロディウス ~過去の栄光を求めて~[画像を見る]

サブタイトル通り、「過去の栄」を取り戻すべく戦うというストーリーの3作。自機キャラクターに前作の4人(タコ息子の「タコスケ」に変更)を加え、「ひかる」「ミカエル」「マンボウ」「こいつ」の4人と、各2P専用キャラクターの8人が追加された。(SFC版では更に「ゴエモン」「ウパ」「ドラキュラくん」が追加されている)オリジナルキャラにして本作が初登場の「こいつ」「あいつ」にとって、いったい何が「過去の栄」なのだろうか。

高速ステージギミックや、最終面のBGM「パロパロダンシング!」(ドヴォルザーク新世界よりアレンジ)はシリーズの名場面。クリア後にプレイできる高難度ステージが入るようになったのも本作からである。

シリーズ本家グラディウス』含む)初めての2人同時プレイが可な作品で、味方を撃つと様々な台詞を放つ。そのまま撃ち続けると「怒りショット」という強な攻撃を出すことができた。
残念ながらSFC版では残機交代制となり、2人同時プレイはできないが、2Pコントローラだけを繋いでプレイすると2Pキャラを使ってプレイする事ができる。また、オプションにてリバイバル(その場復活)の設定ができるようになった。

後に『パロディウスだ!』をカップリングした『極上パロディウスだ!』がSSPSで発売された。PS版は同機種のローンタイトルであった。

■sm589082[ニコ動]


実況おしゃべりパロディウス(1995年 SFC)


※個別記事はこちら→実況おしゃべりパロディウス[画像を見る]

パワプロ』『ウイニングイレブン』など、コナミが培ってきた実況スポーツゲームの技術を、何を血迷ったかSTGにつぎ込んじゃった作品。八奈見乗児実況ゲーム中に入り、プレイ中のヒントなども教えてくれる。

ばくてり屋にある幻のタコ焼きめて戦うというのが本作のストーリー

自機はパロディウスだ!の4人組(タコは次男の「タコヒコ」に変更)とSFC極上パロディウスから「ウパ」「ルパ」、そして新規キャラクターとして「ミケ」「ラン」「スゥ」「メミム」が追加された。極上パロディウスキャラクターは参戦しておらず、その中でも「こいつ」「あいつ」の代わりに「そいつ」「どいつ」が追加されている。また、隠しキャラクターとして「ドラキュラくん」と「キッドドラキュラ」が登場する。このようにプレイ時間や周回数、ステージ中に隠れている妖精を集めることにより隠し設定や隠しキャラが追加されるなど、庭用ならではのやり込み要素が搭載されている。

元々二人同時プレイ非対応だった事もあってか、アーケード版では2P専用だったキャラ1Pキャラベースに武装が変更され選択可になった。その為、パロディウスシリーズの中でも使用できるキャラの数はこの作品が最も多い。

また、この作品に一年後(1996年)にPSSS版に移植移植とはいえ様々な変更点や追加要素が含まれているためなのか、サブタイトルに『フォーエバーウィズ・ミー』が追加された。このサブタイトルは『ときめきメモリアル ~forever with you~』のパロディで、同作はステージ2のモチーフにもなっている。

二人同時プレイに対応し、オマケモードアクシデントステージPS版のみ)・EXTRAステージSS版のみ)の追加や、2P側に小原乃梨子実況が新たに収録され、更に隠しコマンドを入することによりときめきメモリアル藤崎詩織役の声優金月真美によるボーカル曲がBGMとして使用されるほどのの入れようである。

その他のステージも、コナミの自社パロディ中心(特にグラディウスIIIの要素が較的多い)であるのが特徴といえる。また、とある場面であることをすると、タイトルコールで「実況!パワフル・・・じゃなかった」と言い間違える。SFC版・PS版SS版で、それぞれやり方が異なるので注意。

パロディウスシリーズでは初のボスラッシュステージが登場。本家グラディウスシリーズボスラッシュべて3体と少ないものの難易度は高く、例を挙げるとSFC版の最初に現れるビッグコアが「レーザーを連射してくる」「いきなり画面の左側へ突進して向きを変えプレイヤーの背後から攻撃」と強な攻撃を仕掛けるボスで占められており、なおかつ固いという、油断ならない仕様となっている。

また、プレイ中にセーブが可となっておりセーブして中断したり、そこから再開といったSTG初心者にも楽しめる他、敵パターンの研究プレイにも使えるものとなっている。この仕様は後のパロディウスポータブルでも収録されている全作品で行える。

■sm667625[ニコ動]


セクシーパロディウス(1996年 AC)


※個別記事はこちら→セクシーパロディウス[画像を見る]

タイトル通り、お色気がふんだんに盛り込まれている作品。シューターにとってエロなんて必要ないが、パロディウスなのでみんな仕方なくプレイした。もう一度言う、別にエロいからプレイしたわけじゃないんだからねっ!

エロさ(もとい下ネタ率)はシリーズ最高を誇っているが、難易度シリーズ中「最」を誇っている。本来グラディウスシリーズなら後半に配備されている高速ステージが前半の2面に配置されていたり、3面に入ってからは一気に難易度が上昇。途中ベルを使わないと突破できないステージも登場する他、最終面では時間制限が設けられており、制限時間を過ぎると強制的にバッドエンドとなる。そんな状況下で3回続くボス戦ではもはや笑うしかあるまい。恒例のスペシャルステージもあるが、これも条件が設けられ容易に突入することができなくなった。

自機は新たに「イワン」「オプション」「シューティングスター」が参戦。旧キャラ極上パロディウスからは4人全員(ただし、「マンボウ」は「マンボ」に名している)参戦しているが、パロディウスだ!からはビックバイパーただ1人の参戦となり、他のキャラクターサブキャラ扱いもしくは登場していない。

ステージごとにミッションとしてノルマが課せられ、結果によって以後のステージが分岐するという、STGとしてはしい試みをしている。

■sm99280[ニコ動]
■sm1626965[ニコ動]
■sm27044457[ニコ動]


音楽と効果音


ゲームミュージックコナミ矩形波倶楽部が担当。

本作ではオリジナルBGMを書き下ろすことが少なく、大半はクラシックや往年の名曲を大胆にアレンジしたものが使われている。これらは元々が著名な曲であるためか、ゲームプレイしない人々にも受けがよい。 特に『パロディウスだ!』のサントラにはSEも収録されていたため、BGMと併せてしばしばテレビ番組で使用されている。BGMでは「嗚呼!日本情」(ハチャトゥリアン作「剣の舞アレンジ)、SEではルーレットカプセル取得音、ベルを撃つ音、ちちびんたリカハニーみかよのあえぎなどが有名である。

■sm840468[ニコ動]

ニコニコ動画においては、MAD素材として「パンダ・ザ・ダンシング」(ビゼー作「カルメン:闘士の行進」のアレンジ)や「ラブリー」(イスラエル民謡マイムマイム」のアレンジ)が人気のようである。
関連動画は非常に多いため、それぞれ下記の大百科記事およびタグ検索結果より参照のこと。


著作権問題


アレンジ曲をゲームに使用する上でネックとなるのが著作権である。

実際に使用されている曲の中で、アレンジ元が自社管理曲やすでに著作権切れクラシックであるものが多いのは、この点も関係していると思われる。制作時のエピソードとして、「使用的を聞かれ、STGの事を1から説明する」「ある外曲のアレンジ制作中、著作権管理者の許可を得るため、当該著作権協会にロクに言葉もわからないのに何とか問い合わせたところ、不明という回答が返ってきたので結局お蔵入りになった」というものがある。

また、『パロディウス ポータブル』において差し替えられた曲もいくつか存在し、これらは著作権管理者への楽曲使用料の都合と思われる。


主なプレイヤーキャラ


※同じ作品でも発売された媒体(AC,SFC,PS,SS,PSP版など)によって使えなかったり、装備が多少違うことがある。


次へ»
最終更新日: 17/09/27 01:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社