ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワプロクンポケット


ヨミ: パワプロクンポケット
掲示板をミル!
72カキコ!

パワプロクンポケットとは、1999年4月1日コナミが発売したゲームボーイカラー対応ソフト略称パワポケ

シリーズ名と区別するため、便宜上「パワポケ1」と数字がつけられることが多い。のちにGBAパワポケ2と合わせ「パワプロクンポケット1・2」としてリメイクされた。この記事ではオリジナル版を中心に記載する。

シリーズ全般の記事はこちら→パワプロクンポケットシリーズ


概要


ポケットの名のとおり任天堂携帯ゲーム機GBGBCGBADS)で展開されたシリーズ第1作実況パワフルプロ野球5生作であり、世界観でつながりがある。

パワプロ関連の携帯ゲーム機向け展開としては「パワプロGB」に続く2作だが開発元が異なる(パワプロGBKCE名古屋パワポケシリーズ:KCE大阪)。パワプロGBは試合しかできないゲームなのに試合においてゲームボーイの性にぶち当たったため、本作は本家パワプロで好評だったサクセスモードに絞ったゲームとなり、実在プロ野球チームデータもなし、野球パートも守備はプレイヤー操作ではなくオートのみという割り切ったものになった。

血の気という本作独自のシステムがあるが、裏サクセスはまだ実装されていない。

ゲームボーイカラー対応カートリッジ)で、GBCなら色付きでプレイできる。スーパーゲームボーイ対応。通信ケーブルを使えば対戦も可64GBパック(もしくはパスワード)を使えばパワプロ6に選手を転送できる。


ストーリー


極亜久高校に転校してきた主人公は、まともな部のほうが少ないといわれる中で一番ひどい野球部に入部するが、の大会直後にビル崩壊事件で部の危機を迎える。部員を集めて部を存続させ、甲子園優勝をす。

舞台極亜久高校、正式名「私立 極東亜細亜恒久平和高等学校」(きょくとうあじあこうきゅうへいわこうとうがっこう)。パワプロ5の極亜久商業にあたる。平山によると、略称読みは「極(きょく)亜(あ)久(きゅう)」だったが、その校からすぐ「ごくあく」と読まれるようになった。時系列パワプロ5開始1年後の9月からの話になる。

第1章「明編」は、1年3月までに部員を9人(野手8人以上、投手1人以上)集めることが条件。強制加入キャラ投手または二塁手平山外野手の3兄弟)もいるため、最悪野手3人勧誘すればOK。なお本作の一年練習で絶対怪しないようになっている。
第2章「飛翔編」は、2年3月までに地区大会で1勝が条件。ただしチャンスイベントの関係上、の地区大会か、敗北した場合のお情けで3月練習試合に勝つかのどちらかのみ。GB版では3月白鳥戦は1点リードした状態で開始するため救いがあるが、GBA版はなぜか逆の1点ビハインドに変更され難易度が上がっている。
第3章「疾風怒濤編」甲子園、とあるが甲子園出場が条件ではなく、世間評価およそ半分以上の状態で育成を終えることが条件。そのため(普通ありえないが)甲子園に出ても世間評価不足ならクリアとならない。

本家パワプロサクセスにないぶっ飛んだ展開が特徴。高校野球の話なのに気で死人も出るし、物語の背後には悪の巨大組織「プロペラ団(正式名:プロフェッショナルロウヤーズペイメント・レプリゼンタティヴ、プロ選手の雇用問題法務協会)」が存在し続編で深く関わることになる。

パワプロ5生作品のため、猪狩守ダイジョーブ博士矢部明雄といったおなじみのキャラも登場する。なおパワプロキャラパワポケ2でめったに登場しなくなり、パワポケ3を最後に登場しなくなる(猪狩進のみ例外)。


■sm5942862[ニコ動]

パワポケ公式質問コーナー動画にしたもの。7:20あたりの開発スタッフの回答参照。 


登場人物


GB版はひらがな表記、GBA版では漢字表記(ただし正を除く身砕流北の選手は旧仮名遣いの関係からか試合でもひらがなのまま)。ミニゲーム名はGBA版で付けられたもの。


次へ»
最終更新日: 16/08/16 15:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ