ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワポケダッシュ


ヨミ: パワポケダッシュ
掲示板をミル!
34カキコ!

パワポケダッシュとは、KONAMIからゲームボーイアドバンス用として発売されたゲームである。

DSブームのさなかにGBA用として発売された。
(当時は任天堂自身も「DSGBAの後継機ではない。GBADS行して推す」と発言しており、それも一因と思われる。)


概要


野球は、カード野球のみで、従来のアクション野球は未搭載。プロ野球も未搭載。
カード野球は、投手と打者でお互いにカードを出し合い、その優劣でヒット三振二塁打などを決めるゲーム

サクセスに関しては、パワポケ史上初めて「少年野球」が採用されている。
少年野球なのでチームメイトガールフレンド補とかもいる。
少年野球なので、他作品の投手を持ってくると球速が-40km/hされる。

少年野球モチーフのためか、随所に小学生向けと見られる表現が多い。
(難しい漢字ひらがなであるほか、攻略の名前も従来の『公式ガイコンプリートエディション』ではなく『公式かんぺガイド』である。)

・・・と見せかけて、やたらと人が死にまくる、いつものようにダークシナリオも健在である。というかいつもより酷い。
そして、オープニングで登場人物(親父)が死ぬため、シリーズ最速で死者の出る作品。


カード野球について


攻撃側、守備側共に5枚のカードが与えられ1打席ごとに1枚選択する。

カードには威コースが設定されている。攻撃側のカードコースと守備側のカードコースが重なっているとバットに当てることができる。

バットに当たった場合、スロットが発動する。打球方向、野手の守備内容、打撃結果と3回スロットを止め打撃結果を決める。

野手はバットに当てること、投手バットに当てさせないようなカード選択が基本だが、野手カードの威-投手の威が大きいと打撃結果が良く、小さいと悪い結果になりやすいので、状況に応じてカード選択すべきである。

また、特殊作戦の利用も重要である。試合中気合がたまっていき、これを消費して特殊を使用する(作戦は消費しない)。

な(チート)特殊

アベレージヒッター…ファインプレーでなければ必ずヒット
チャンス○…得点圏にランナーがいるとき、アウトネルがすべてヒット
チャンス◎…得点圏にランナーがいるとき、三振になるカードを防ぎ、打てばホームラン性の当たりに
バント◎…必ずヒット
キレ○…イニング中、変化球を投げれば必ず三振(強振などで効にできる)
 ピンチ○…得点圏にランナーがいるとき、必ず三振(強振などで効にできる)
上の特殊は一部であり、まだまだ沢山の特殊がある。
アクション野球が苦手な人でも勝つチャンスは十分ある。好評だったのか9以降も採用された。しかし結局のところ一番大事なのはスロット押しであるため、反射神経等が良くないと厳しいことに変わりはない。


ストーリー 


サクセス
 庭の主人公(当時小2)は、親父モグラーズの試合を観戦に来ていた。そのとき、水木卓の打ったホームランボール親父に命中し、親父が絶命してしまう。
父親に生き返ってほしいと主人公必死に願うと、野球仙人が登場し「5年以内に全大会で優勝できたら生き返らせてやる」と約束してくれた。主人公親父を救うため、全大会優勝す。
ちなみに、親父の魂は、生き返るまでの仮の入れ物としてホームランボール親父ボール)に入れられた。

なお、少年野球に参加するのは小4からのため、育成期間は3年間である。
パワポケシリーズとしては外伝的な作品だが、他作品での水木の発言や『10』から察するに、正史には組み込まれている模様。

サクセス
 地獄ダンジョン編。ローグライクRPGと「不思議のダンジョンシリーズを足したようなつくり。死んでないのに地獄に来てしまった主人公が、地獄まで親父(故人)を探しに行くというストーリー


登場人物(彼女候補除く)


主人公

小学生庭なのに父親ボールになってしまった。
シナリオライターのせいでもあるが)小学生とは思えないほどしっかりとした意思と価値観を持つ。
なお、パワポケシリーズの主人公の中で荒井兄弟に勝ったのは彼だけ。

ボール親父

主人公父親。放任義であり、息子のことを放置したりする。水木卓との高校時代の同期である。

水木卓

モグラーズ黄金期を支えた一人。ホームランを打って主人公父親を死なせてしまったかわいそうな人。主人公叔父である。

無田 税

本作の眼鏡キャラさくらに一惚れされ、選択肢によってはさくらと付き合うこともある。
カード野球では彼のピンチ○とキレ○(パワーアップ後)が猛威をふるう。歴代眼鏡一族の中でおそらく試合で最も活躍する。

一堂 光

最初のキャプテンびっくりするほど空気
後の作品でも名前すら出てこないところを見るに、スタッフからも忘れられているものと思われる。 

羽柴秀虫

ガンバーズのメンバー主人公の1年先輩で、が大好き。10ではと共に登場するが、付き合っているかは不明。
かなりが高く、パワーアップ仲間評価最大でほぼオールAになる。

小野玄空

ガンバーズのメンバーで、主人公同級生。お坊さんの息子で、法術が少し使える。
青空イベントで活躍したり、野球仙人を呼び出すなど結構登場機会が多い(裏にも登場する)。
パワーが高くパワーヒッターとチャンス◎(パワーアップ後)を持っているため、4番として活躍する。

明智五郎

ガンバーズのメンバーで、主人公同級生。頭がいい。名前の由来はおそらく明智小五郎
うろつきで彼に会わないと仲間でなくなってしまう。

二ノ宮金太

ガンバーズのメンバーで、主人公同級生。名前の由来はおそらく二ノ宮次郎。

うろつきで彼に会わないと仲間でなくなってしまう。まだ小学生のため気で殺していたが、パワーアップイベント以後はしなくなる。

GOODのアルバムGOODとはいえない内容。

徳川三太夫

主人公同級生。太っている。もともとメンバーではないが、ジャンケンで勝つと仲間になる。名前の由来はおそらく相撲の行の三太夫。

試合では変化球が少なく使いにくいが、主人公投手の時は野手として登場し、パワーヒッターとして活躍する。

真薄牡丹

ショタ。うろつきイベント仲間になる。人見知りしく、ミニゲームに失敗するとひきこもりENDになる。このとき何故か親から名字で呼ばれる。

パワポケ10にも登場。GOODのアルバムではガンバーズの同会を開く、成長した姿が見られる。

才葉零人

主人公の親友かつライバルで、さくらの田とさくらが付き合うのを快く思っていない模様。

かなりが高く、特にリトルガリバーズ戦ではキレ○を取得し苦しまされたプレイヤーも多かったのではないか。


ガールフレンド候補


南雲瑠璃花

隣の部屋に母親とともに逃げしてきた隣人ツンデレ。そして縦読み

才葉さくら

主人公ライバル。かなりませており、より多くのを経験したいと思っている。
主人公との間には「ライバル」以上に大きな関係が・・・。

うにゅ〜」にやられた大きいお友達は少なくないはず。

芽森わん子

イヌのついたのような女の子。俊足。ドックフードも食べる。
…本人が人間だと言いっているので人間ということにしておく。

ウソみたいだろ・・・先輩なんだぜ、この

春川夏海

主人公チームキャプテン仲間にナメられるのが嫌という理由で男のふりをしていた。
「10」ではテニス部に入っている。

比奈鳥青空

いろいろな野球チームを渡り歩いているピッチャー
パワポケお約束だが、コイツも心に傷を負っている。

ルートによっては手強いライバルとなる。

モモコ

 隠し彼女特定の日にしかデートできず、一度でも約束を破ると合えなくなってしまう。
 ・・・シナリオを進めると、いつものような悲しい展開に・・・


パワポケ図鑑


この作品にはパワポケ1〜8(8は一部のみ)の登場人物プロフィールと一作品5曲BGMが収録されている。

特にプロフィールは一見の価値あり(7に至ってはボツキャラまで収録されている)。


関連動画



■sm4702059[ニコ動]

■sm5560193[ニコ動]


関連商品


■azB000CSXWIW


関連コミュニティ


■co3217


関連項目



最終更新日: 19/02/17 18:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ