ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワーレンジャー・イン・スペース


ヨミ: パワーレンジャーインスペース
掲示板をミル!
4カキコ!

パワーレンジャー・イン・スペース』(Power Rangers in Space)とは、アメリカ合衆国特撮テレビドラマ日本スーパー戦隊シリーズアメリカリメイクした。パワーレンジャーシリーズの第6シーズンにして4作の作品。『パワーレンジャー・ターボ』の続編。略称は「PRIS」。

1998年2月6日から同年11月21日までFOX放送の放送FOXキッズ」で放映。日本では2000年から2001年スーパーチャンネルで放送。


あらすじ


パワーレンジャー・ターボ』における戦いは悪の勢勝利となり、パワーレンジャーはすべての装備・設備を失った。
だが、彼等は諦めてはいなかった。悪の勢に囚われた善の支配者ゾードンを救い出す為、宇宙立つ。
そんな彼らが出会ったのは宇宙で1人戦う新たなレッドレンジャーであった。


概要


電磁戦隊メガレンジャー』をアメリカリメイクした作品。

第1期パワーレンジャー完結編とも言うべき作品で、1作から続いたストーリーが本作で完結を見る。
前作『パワーレンジャー・ターボ』の業績的に不振により、話数が当初の全45話から43話に短縮され、シリーズ終了もほぼ決定していたが、本作が成功したことによりシリーズ延長が決定した。

本作の舞台宇宙になったのはサバン・エンターテイメント東映との連携不足により、サバンメガレンジャー宇宙テーマにした作品であると誤解した為。

前述の事情で宇宙舞台に設定してしまった為、『メガレンジャー』の戦闘シーンはあまり使用することが出来ず、現地で戦闘シーンどを撮影した回も多い。

パワーレンジャー・オペレーション・オーバードライブ』まで恒例となるレッドレンジャー用の強化アーマーは本作から登場した。

玩具展開では実在宇宙飛行士とパワーレンジャーフィギュアセットにした「Heroes of Space」が販売された。

日本語版の声優として原作メガブルー・並を演じた松風雅也シルバーレンジャー・ゼイン役でレギュラー出演したほか、メガイエローヶ崎千里を演じた田中恵理最終回カメオ出演している。


登場人物



パワーレンジャー


アンドロス/レッドレンジャー
スペースコロニーKO-35出身の宇宙人でテレキネシスなどが使える。
幼い頃に行方不明になったがいる。一人で戦う事を望み、当初は仲間を持つ事を拒んでいた。

T.J.ジョンソン/ブルーレンジャー
前作のレッドレンジャー。チームの実質的なリーダー。詳細は『T.J.ジョンソン』を参照。

カルロスヴァラーツ/ブラックレンジャー
前作のグリーンレンジャー。なぜか不幸な役回りを演じることが多い。

アシュレー・ハモンド/イエローレンジャー
前作から引き続いてイエローレンジャーに。アンドロス仲になる。

キャシーチャン/ピンクレンジャー
前作から引き続いてピンクレンジャーに。

イン/シルバーレンジャー
アンドロスの親友。その実宇宙最強と称される。
過去の戦いで傷を負い、睡状態になっていたが中盤で覚めた。


パワーレンジャーの協力者


ゾードン
かつてのパワーレンジャー導者であった善の支配者。
悪の勢によって囚われの身になっている。詳細は『ゾードン』を参照。

アルファ6
パワーレンジャーサポートロボット。前作と本作の間に原回路が故障した為、回路を交換し、が変わった。

ディナ
アストロメガシップに搭載されているコンピューター

ニンジャ・タートルズ
ニューヨーク下水道に住む忍者。本作と同時期にアメリカで放送されていた『ニンジャタートルズネクストミューテイション』からのゲスト出演として第3・4話に登場。一度はアストロネマに洗脳され、パワーレンジャーに襲い掛かるが、洗脳から解放された後は共闘する。

ジャスティン・スチュワート/ターボブルーレンジャー
前作のブルーレンジャー。前作最後でレンジャーを止め、父親と暮らしている。
第18話でパワーレンジャー危機を知り駆けつけた。詳細は『ジャスティン・スチュワート』を参照。

アダム・パーク/ブラックレンジャー
かつてのブラックレンジャーにしてグリーンレンジャー。
カルロスパワーレンジャー脱退を考えていた際に再会し、悩む彼を導く。詳細は『アダム・パーク』を参照。

エイリアンレンジャー
『マイティ・モーフィンエイアンレンジャー』にて地球平和守った異戦士達。

ゴールドレンジャー
パワーレンジャー・ジオ』に登場したトリフリアの王。本作には変身後のみの登場となった。
詳細は『トリフォニアのトレイ』を参照。

ファントムレンジャー
前作に登場した戦士。独自にゾードン行方を追っている。
本作では彼の素顔が登場する予定だったが、話数短縮の影で取り止めとなった。

ブルーコマンダー
前作に登場したロボット警官。ファントムレンジャーと共に戦っている。


一般人


バルクとスカル
シリーズ染みの漫才コンビ。話にはど関わらないが、コメディメーカーとして活躍する。
詳細は『バルクとスカル』を参照。

フェノーナス博士
バルクとスカルが助手をしている科学者。変人だが科学者としては有能

アデール・ファーガソン
飲食店サウスポットを経営している女性。元教師
路線変更により序盤以降、登場しなくなるが、最終回で再登場。


悪役


ダークスペクター
偉大なる悪の皇帝。これまで登場した全ての悪の組織を支配する。

アストロネマ
悪のプリンセス。その正体はアンドロスカローン。
自分の正体を知った彼女心するが、ダークスペクターによって洗脳されてしまう。
洗脳後は冷な悪となり、自身が宇宙の支配者にならんとする。

エクリプター
アストロネマの育ての親。彼女を実の同然に思っている。
アストロネマが心した際に彼女の脱走を支援した為、彼女ともとも洗脳されてしまう。詳細は『エクリプター』を参照。

エルガー
前作から引き続いて登場するお笑い役。詳細は「エルガー(パワーレンジャー)」を参照。

ダーコンダ
悪の賞稼ぎ。卑劣な性格。幼いカローンを誘拐した本人。生エクリプターとは仲が悪い。
詳細は『ダーコンダ』を参照。

クァントロン
ロボット戦闘員戦闘機ヴェロシファイターを操縦する。


サイコレンジャー


悪のパワーレンジャーとも言える5人組。スーツの下にはの姿であるモンスターの姿が隠れている。
自分と同じ色のパワーレンジャーを狙う様にプログラムされている。
実はダークスペクターエネルギーを吸収して活動しており、戦うたびダークスペクターは弱まってく。

サイコレッド
サイコレンジャーのリーダーアンドロスパターンプログラムされている。
武器はサイコサーベル

サイコブルー
T.Jのパターンプログラムされている。
武器はサイコアックス

サイコブラック
カルロスパターンプログラムされている。
武器はサイコロッド。

サイコイエロー
アシュレーのパターンプログラムされている。
武器はサイコスリング

サイコピンク
サイコレンジャーで一番残な性格をしていると評される。
キャシーパターンプログラムされている。


悪の連合軍


これまでパワーレンジャーと戦いを繰り広げた宇宙の悪の猛者達。
本作ではダークスペクターの配下となっている。

リタ・レパルサロード・ゼッド
かつて初代パワーレンジャーと戦いを繰り広げていた悪の夫婦
詳細は『ロード・ゼッド』と『リタ・レパルサ』を参照。

ゴルダー
リタ及びゼッドの心。原ではセリフがなかったが、日本語版ではセリフが追加された。
詳細は『ゴルダー(パワーレンジャー)』を参照。

キング・モンド、クイーンマシーナ
パワーレンジャー・ジオ』に登場したマシン帝国皇帝皇妃

プリンス・スプロケット
マシン帝国の皇子。

クランクオーブ
マシン帝国執事

ディバトックス
前作に登場し、パワーレンジャーを倒した女海賊アストロネマとはの仲。
詳細は『ディバットクス』を参照。

ライゴグ
ディバトックスの副官。

ピラナトロン
半漁人戦闘員ディバトックスの配下だが、アストロネマの配下にもいる。


パワーレンジャーの装備



共通装備


アストロモーファ
パワーレンジャーのブレスレッド変身アイテム
「レッツロケット!」と叫んだ後、「3、3、5、Enter」と入して変身する。変身を解除する際は「パワーダウン」と叫ぶ。

アストロブラスター
パワーレンジャーの共通装備である

ギャラクシーグライダー
パワーレンジャーの共通装備であるサーフボードの万飛行メカ


アストロパワーウェポン


パワーレンジャーの個人装備。アストロブラスターと組み合わせて使うことも可

スパイラルサーベル
レッドレンジャーの用のドリルサーベルドリルを回転させ、右肩上から振り下ろす、レッドスラッシュが必殺技
アストラブラスターに装着し、強化パーツを装備することでブースターモードになる。

アストロアックス
ブルーレンジャー用の

ルナランス
ブラックレンジャー用の

スターリンガー
イエローレンジャー用のパチンコ

サテライト・スタンナー
ピンクレンジャー用の


次へ»
最終更新日: 11/01/26 15:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社