ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー


ヨミ: パワーレンジャーロストギャラクシー
掲示板をミル!
3カキコ!

パワーレンジャー・ロスト・ギャラクシー』(Power Rangers Lost Galaxy)とは、アメリカ合衆国特撮テレビドラマスーパー戦隊シリーズアメリカリメイクしたパワーレンジャーシリーズの第7シーズンにして5作の作品。『パワーレンジャー・イン・スペース』の続編。

略称は「PRLG」、「ロスト・ギャラクシー」。1999年2月6日から同年12月18日からFOX放送の放送FOXキッズ」で放映。日本では2001年から2002年スーパーチャンネルで放送された後、2006年から2008年までトゥーンディズニーの放送JETIX」で再放送されたが、タイトルロゴ日本語になっているなどの変更点がある。


あらすじ


地球から都市宇宙船テラ・ベンチャーが外宇宙の開拓に出発しようとしていたのと同じころ、宇宙の彼方にあるミリノイは悪のスコーピウス軍団の襲撃にあっていた。少女マヤは偶然からワープで訓練していたテラ・ベンチャー警備隊のマイクケンリックス、カイ、そして密航者でありマイクレオと出会う。事情をしったマイクケンリックスはマヤとともにミリノイワープレオも彼等を追ってワープする。一人残ることを選択したたカイアストロメガシップメカニック、デーモンの協を経てミリノイに向かう。ミリノイで合流したマイクカイ達はに伝わるギャラクシーサーベルを手に入れる。だが、スコーピウスの部下フリオミリノイ石化され、マイクレオサーベルを託して行方不明になってしまう。フリオの魔の手はレオたちにも迫る。その時、ギャラクシーサーベルレオ達をパワーレンジャー変身するを与えるが、ミリノイ石化を食い止めることは出来ず、パワーレンジャー達はテラ・ベンチャーに帰還。それから少ししてテラ・ベンチャーは発進する。だが、その行く手にはサーベルを狙うスコーピウスが待ち受けている。テラ・ベンチャーを守る為、新たなパワーレンジャーの戦いが始まった。


概要


星獣戦隊ギンガマン』をアメリカリメイクした作品。前作で1作から続いたストーリーが完結したため、要な登場人物が一新された。

製作期間中にピンクレンジャー・ケンリックス役のバレリー・ヴァーノンが白血病であることが判明。治療に専念するために後半でケンリックスの戦死をさせることが決定する。その一大イベントを経て、2代目ピンクレンジャーとして前作のアストロネマことカローンが登場し、ストーリーを盛り上げた。

本作には原作であるギンガマン監督を務めた田崎太がジョナサン・ヅァクワーの招きにより渡し、メガホンを取っている。

これまでのシリーズではゲスト俳優モンスター役の声優は基本的にクレジットされていなかったが本作途中からはクレジットされるようになった。

日本語版の声優として『スーパー戦隊シリーズ』にレギュラー出演した俳優が4人(ゲストも含めれば5人)出演している。


登場人物



パワーレンジャー


レオ・コービット/レッドレンジャー
テラ・ベンチャーのクルーに選ばれなかった為、密航して来た。
であるマイク行方不明になったことにより、レッドレンジャーのサーベルを受け継いだ。

カイチェン/ブルーレンジャー
テラ・ベンチャーのクルーパワーレンジャーの炊事係でもある。
代々軍人のに生まれたためか、生な性格。

デーモン・ヘンダーソン/グリーンレンジャー
メガシップメカニックである人。ボクシング趣味。口癖は「だっての」。
メカニックとしての腕はかなりのもので、テラ・ベンチャーにチーフメカニックに選ばれた事もあるが、事務仕事を嫌って辞退している。

マヤ/イエローレンジャー
ミリノイ少女動物を理解できる。
地球人の常識に疎く、トラブルの原因になることも。

ケンリックス・モーガン/初代ピンクレンジャー
テラ・ベンチャーの科学官。31話で命を落とす(役者が体調不良で出演できなくなった為)。

カローン/2代目ピンクレンジャー
パワーレンジャー・イン・スペース』に登場したアンドロスでありかつてのアストロネマ。
ケンリックスの後を継いでピンクレンジャーに。


パワーレンジャーの協力者


マグナ・ガーディアン
3000年前にスコーピウスと戦っていた戦士。詳細は『マグナ・ガーディアン』を参照。

マイク・コービット/マグナ・ガーディアン
レオ。テラ・ベンチャーの警備隊官。ミリノイ石化した際に失踪した。
実はマグナ・ガーディアンに取り込まれており、彼の死後にそのパワーを引き継いだ。
詳細は『マグナ・ガーディアン』を参照。

アルファ6
前作から引き続いて登場。
メガシップ博物館の職員となっていたが新たなパワーレンジャーサポートロボットに。

ディナ
アストロメガシップに搭載されているコンピューター。あまり登場しない。

スペースパワーレンジャー
前作のパワーレンジャー。第3031話でともに戦う。


テラ・ベンチャー関係者


スタント
テラ・ベンチャー官。

レニエール総督
テラ・ベンチャーの最高責任者。

ブロディ議員
テラ・ベンチャー議会の議員。レニエール総督とほぼセットで登場。

ジャスパー
テラ・ベンチャーの警備隊員。生すぎるが欠点。


一般人


バル
前作から引き続いて登場。飲食店のマスターをしている。
相棒スカルもテラ・ベンチャーに乗り込むはずだったが、寝坊して地球においていかれた(スカル役の俳優が休業した為)。『バルクとスカル』も参照。

フェノーナス博士
前作から引き続いて登場。科学研究室で働いていたがクビになってしまい、バルクの店で働いている。

ジェラ
ミリノイの長老。フリオ石化されてしまう。


スコーピウス軍団


スコーピウス
軍団の支配者であるの怪物。トラキーナを溺愛しており戦場に出る事を許さない。
中盤にてデビオットの策略でパワーレンジャーと戦い命を落とす。

トラキー
スコーピウスの。わがままな性格で戦闘力皆無
中盤でから自分の作ったに入り、の怪物になれと宣告されたことから逃亡。
逃亡した先でビラマックスに出会い、彼に鍛え上げられ見違えるほどの戦闘力を得る。
その直後にパワーレンジャーに殺された為、軍団の首領になった。

リオ
最初の参謀。ギャラクシーサーベルを奪うために策略をめぐらせる。
失敗続きの汚名を返上するため、オリオンを手に入れようとする。

シントー
2番の参謀でマグナ・ガーディアンとは因縁の敵。フリオの死後にオリオンの探索を引き継ぐ。
スコーピウスへの忠心が強く、部下からも慕われている。
オリオンを手に入れたが、トラキーナによって濡れ衣を着せられ失脚してしまう。

デビオット
トラキーナの失踪と前後して現れたの人物。スコーピウスの右腕として働くが、裏では組織の乗っ取りを企む。
パワーレンジャーを利用してスコーピウスを死に追いやるが、直後にトラキーナが帰還したため、彼女の参謀に収まる。

ビラマックス
戦闘隊長トラキーナを鍛え上げた。詳細は『ビラマックス(パワーレンジャー)』を参照。

ケグラー
ビラマックス相棒。組織のメカニック

サイコレンジャー
前作に登場した悪の戦隊スペースパワーレンジャーに敗れ、データカードに封印されていた。
しかし、カードを手に入れたデビオットに強化され復活した。

スティングウィンガー
戦闘員


ロスト・ギャラクシーの海賊


異次元世界ロスト・ギャラクシーの海賊達。迷い込んだ人々を捕らえて奴隷にしている。

キャプテンバウティ
海賊の支配者。武器は左腕に装備された鍵及び大砲

バーバラックス
バウティの部下。大が武器。

ヘクスバ
バウティの部下の魔術師。死者を復活させるなどの術を使う。

デビオット
トラキーナを裏切ってバウティに取り入った。

タイタニザウル
宇宙船として使われる巨大モンスター背中に接続されたからコントロールされている。

スワビー
戦闘員


武装・装備



共通装備


トランスモーファ
パワーレンジャーのブレスレッド変身アイテム
Go!ギャラクティック」と叫んだ後、ボタンを押して変身する。

ギャラクシーサーベル
3000年前にミリノイに宿ったとされる5本ので、パワーレンジャーパワー

ギャラクシーバズーカ
デーモンが開発したバズーカ棍棒として使用可

ジェットスライダー
アルファ6とディナが開発した小飛行機

ギャラクシーサイクル
パワーレンジャー用のバイクマグナ・ガーディアン用のバイクも設定には存在するが登場しない。

オリオン
エネルギーを秘めた正義。手に入れれば宇宙支配すら可になるとされる。
パワーレンジャーマグナ・ガーディアン、スコーピウスの三つの戦いの結果、パワーレンジャーを選び彼らに強化した。


ギャラクシークロー


パワーレンジャーの個人装備。通常は同じ形だが、戦闘時にはそれぞれのレンジャー個別の形に変形する。

クロウライザー
レッドレンジャーの用の短

クロウフック
ブルーレンジャー用の

クロウショット
グリーンレンジャー用の

クロウカッター
イエローレンジャー用のナイフ

クロウボウ
ピンクレンジャー用の


レッドレンジャー用の装備


レッドアーマードレンジャー
怒りの戦士から託されたキーで生まれた強化アーマー。
並みのモンスターなら一撃で倒すことが出来る。

ハイパーアーマーサイクル
レッドレンジャー用のアストロサイクルの強化形態。


マグナ・ガーディアンの装備



次へ»
最終更新日: 11/01/26 15:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ