ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヒトラー 〜最期の12日間〜


ヨミ: ヒトラーサイゴノジュウニニチカン
掲示板をミル!
176カキコ!

ヒトラー 〜最期の12日間〜とは、2004年開された映画である。 → 映画の一覧
演は(スイス人なんだけど)ドイツの誇る名優ブルーノ・ガンツ。原題は「Der Untergang(斜陽もしくは没落の意)」。


概要


多くのドイツ人にとってタブーとされてきたアドルフ・ヒトラー焦点を当てて作られた映画である。
第二次大戦終了間際、連合の圧倒的な物量の前にもはや敗北を待つだけとなったナチス、そしてその総統であるヒトラーの姿を、極度に擁護するわけでも批判するでもなく、真実の姿としてありありと描き出す。もちろんタイトルどおり、ヒトラー自殺する12日前からの物語である。

ドイツでの開当時多くの賞賛が寄せられると同時に、多くの批判も巻き起こった。黒歴史と向き合う時期に来たと考える人たちと、ヒトラーを「普通人間」として描くことに抵抗を感じる人がいたことが賛否の分かれた原因であると考えられる。

官邸内の描写は、ヒトラー関係者の数少ない生き残りであるトラウデル・ユンゲの回顧録を元に作られている。トラウデル・ユンゲはヒトラー秘書を3年ほど勤め、ベルリン陥落時も奇跡的にソ連兵に殺されずに済んだ重な生き人。ユン女史映画の末尾にインタビュー映像として出演しているが、これは回顧録について取り上げたドキュメンタリー映画からの引用で、ユンゲはこのドキュメンタリー映画開直後の2002年に亡くなった。


あらすじ


1945年4月ベルリン陥落の直前。東部戦線西部戦線ともに壊滅的状況となり、敗北は決定的となったドイツ。総統地下壕では錯乱状態と言ってもいいくらいにパニクっているヒトラーと、それを見て戸惑うばかりの取り巻き達が居た。
次々と壊滅する自軍、混乱する内。万事休した状況の中、ついにヒトラー自決。残された人々は総統官邸を脱出し、逃げ惑う。


史実と異なる点


この映画ユン女史言を元に作られており、おおむね史実に沿っているが、開後に寄せられた批判反論注意点などが映画パンレットDVD BOXのリーフレット(スタンダード版に付属するかは不明)に収録されている。


関連動画



■sm16682328[ニコ動]


関連商品


■azB000HEWIEU
■az4000019341


関連チャンネル


■ch61230


過去の公式生放送一覧


lv77548609 lv79664041 lv118744015 lv125535799 lv165513586 lv176993904 lv189341430 lv264969080 lv314508645 lv318714922


関連項目



最終更新日: 19/03/03 23:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ