ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヒャダイン


ヨミ: ヒャダイン
掲示板をミル!
156カキコ!
曖昧さ回避 この項では『ドラゴンクエスト』の呪文について記述しています。
歌い手については「ヒャダイン(歌い手)」を参照。

ヒャダインとは、ゲームドラゴンクエストシリーズに登場する呪文。氷・吹雪系の技。


概要


DQ3』『DQ4』にのみ登場。ヒャド系の呪文の1つ。

ヒャドヒャダルコヒャダインマヒャド

効果範囲 ダメージ 消費MP 習得者
DQ3 敵全体 80 9 魔法使い・Lv26
DQ4 敵全体 70 8 ブライ・Lv27

同系統のヒャダルコ50程度のダメージで、マヒャド100前後のダメージを与える呪文であるため、4段階のうちの上から2番と言うことになる。
習得レベルでもそうなっており、ヒャダイン→マヒャドとなっている(※例外が有り後述)。

しかしヒャダインの、と言うかヒャド系全体の効果範囲は少々特殊で、段階ごとに効果範囲が変わる。
例えばメラ系はメラメラゾーマまで全て単体攻撃で、ギラ系はグループ攻撃で統一されているが、ヒャド系は「ヒャド(単体)→ヒャダルコグループ)→ヒャダイン(全体)→マヒャドグループ)」となっている。
効果範囲と言う点に限って見てみれば、ヒャダイン→マヒャドで弱体化しているとも言える。

効果範囲くらいしか差別化の点がいザキ系を除外すると、系統の中で効果範囲が一定していないのはデイン系とヒャド系のみ。


習得レベル逆転現象


前項ではヒャダイン→マヒャドの順番で習得すると記述したが、初出であるファミコン版の『DQ3』のみ異なる。

リメイク版の『DQ3』は上記の通りヒャダインをLv26で、マヒャドをLv32で習得するのだが、ファミコン版の場合、Lv26になると何故かマヒャドを覚える。そしてマヒャドを覚えるはずだったLv32になるとヒャダインを覚える。

ファミコン版『DQ3』では呪文の習得レベルが固定ではなく、1つか2つほど習得レベルが遅れる場合がある。
この遅れる幅も呪文によって異なり、最大でも1レベルしか遅れないようになっているものもあれば、運がとことん悪いとLv99まで覚えない可性がある呪文もある。編者は一度、魔法使いスカラ普通ならばLv4で覚える)をLv10まで覚えなかった事がある。なんと先にスクルト(通常習得Lv9)を覚えてしまった。

ではヒャダインはどうなのかと言うと、最大でも2Lv遅れでLv28までには絶対に覚えるように設定されている(という事になっている)。

つまり、システムとして設定された「習得レベルの振れ幅」ではヒャダインがLv32まで遅れる事はあり得ないのだ。
と言うか習得の遅れでは「マヒャドがLv32から26と6レベルく覚えている」事には何の関係もいし、そもそも習得の遅れはランダム性が多分に混じっており、100%起こる訳ではない。しかしマヒャドとヒャダインの逆転はほぼ100%確率で起こる。

要するに何らかのプログラムミスで本当に習得レベルの設定が入れ替わってしまっているのだ。
SFC版以降ではこの点はちゃんと修正されており、ヒャダインを26で、マヒャド32でちゃんと覚える。『DQ4』ではFC版からきちんとヒャダインを先に覚える。


各作品での立ち位置


[画像を見る]DQ4』では魔法使いキャラクター2人(ブライマーニャ)のうち、ブライの攻撃呪文ヒャド系だけ、マーニャメラギライオ系と使える種類にかなりの差があった。

そのため、ヒャド系しか使えないブライの攻撃面の貧弱さをカバーするためにヒャド系を1つ増やしたと言う見方も出来るが、初登場である『DQ3』ではこのような事情がい。特に理由がいのに、何故か要攻撃呪文5系統のうちヒャド系だけが1つ多かったのだ。

DQ5』以降でもヒャド系自体は継続して登場するが、他の系統に数を合わせるためなのか、ヒャダインが削られて3つになってしまった。同時に、ヒャド系の各呪文の効果範囲が単体→グループ→全体と統一とまでは行かなくとも規則性は持たせられた。

以降、ヒャダインは行方不明のままシリーズを重ねて行くが、外伝作品の『DQMJ』にて各系統に1つずつ追加された。ヒャダイン復活なるかと思われたが、ヒャド系も他の系統同様マヒャデドスという上位呪文が追加されただけであり、マヒャドは二番に降格。ヒャダインが復活することはなかった。この序列は『DQ9』や『DQMJ2』においても同様であり、ヒャダインは登場しない。

ヒャダイン復活の日は来るのだろうか?


関連項目



最終更新日: 11/08/24 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ