ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビグロ


ヨミ: ビグロ
掲示板をミル!
33カキコ!

ビグロとはTVアニメ機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍モビルアーマー(以下MA)である。
式番号MA-05。初登場は第31話『ザンジバル、追撃!』。


概要


ジオン軍MS-01(クラブマン)と競合し敗れたMIP-X1にAMBACを取り入れ、良を進めた機体。開発したのはビーム兵器の技術に長け陸両用モビルスーツズゴック」を開発したことでも知られるMIP社。
宇宙用のMAで高い機動を有し、大口径のメガ粒子砲クローアームで攻撃し戦線から急速離脱するヒット&アウェイ戦法を得意とする。

機体色はを基調とし、幅広の宇宙艇に巨大なクローアームを付けたカニのような外観が特徴的である。中央部分に大口メガ粒子砲を1門備えているが、通常はカバー(通称クチバシ)で覆われており攻撃時にカバーが左右に開いて発射口が露出する。他にも4連装ミサイルランチャーを本体部分の左右前面に有している。劇中及び当時の設定画などでは、モノアイの色はい。しかし近年では他のMS・MAのもと同様のピンク色で表現される事が多い。
ジオンモビルアーマーは試作だけで終わる事が多かったが、ビグロは少数ながら量産まで漕ぎ着けている。しかし生産コストは決して安くなかったようである。初期は14機生産され、後述のトクワン大尉機はこの初期とされた。後期生産も存在し、武装とジェネレーター出の強化が図られている他、クローが多マニピュレーターに換装されている。ビグ・ラングの制御ユニットに使われたのは後期ビグロの6号機。

劇中ではトクワン大尉が搭乗。ビグロの高い機動を生かして(偶然ではあるものの)アームでガンダムを捕らえる(捕まった際にアムロは失してしまう)。メガ粒子砲ガンダムを撃ち抜こうとするも、直前にアムロが気を取り戻し間一で回避、ビームライフルメガ粒子砲発射口から本体を撃ち抜かれ撃破された。
ちなみにこのビグロ以外にも劇場版機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』では終盤のア・バオア・クー攻防戦で別の機体が登場する。設定上量産されたと記されたMAはいくつか存在するが、劇中に複数の同一機体が登場するMAはビグロのみである。機動戦士ガンダムMS IGLOO6話の冒頭でもビグロの編隊が確認できる。

PS3ソフト機動戦士ガンダム戦記アバンタイトルにも登場。ア・バオア・クー戦の最中、連邦軍の補給部隊を3機編成で襲撃。自慢の機動を活かし、満足に動けないコロンブス級やサラミス級を膚なきにまで叩きのめした。ユーグのジム・コマンドによって1機が撃墜されるも補給部隊を補給中の艦隊ごと全滅させる戦果を挙げた。ちなみにアニメーション制作を担当した松尾監督によると、ビグロ部隊には学徒兵が乗っているイメージで描写したとの事。その割には強すぎだと思うんですがそれは・・・。

高い機動を誇るが、パイロットには気絶しかねないほどの高いGがかかる。そのためビグロのパイロットは高Gに耐えられる者しかなれない(トクワンは耐性があった)。巨大なクローを持つ事から連邦軍はビグロの事をビッグクローと呼んでいたらしい。ただしこれは非公式設定である。


派生機体


MA-06 ヴァル・ヴァロ(機動戦士ガンダム0083に登場)
ビグロの発展機。機体色はを基調とする。メガ粒子砲を備える機体先端はビグロにべて鋭く、グラブロのように機体下面に収納しているハサミ状のクローアームを展開した姿はロブスターを彷彿とさせる。武装はビグロと同じメガ粒子砲ミサイルポッドクローに加え、110mmバルカン砲アッザムのものを発展させたプラズマリーダーと様々。
劇中では元ジオン軍兵士ケリィ・レズナーが搭乗。彼は一年戦争時に左腕を失ったため、右腕のみでも操縦できるよう操縦系統を改造している。
MA-05Ad ビグ・ラング(機動戦士ガンダムMS IGLOOに登場)
ビグロの機体下部に開発途中だった別の巨大MAの胴体を据え付けた急造品。詳細は当該記事参照。
MA-05R ビグ・ルフ(MSV-Rに登場)
ビグロの下部に100mの大ミサイルを装備した強行MA。詳細は当該記事参照。

関連動画



■sm8531887[ニコ動]

■sm12097409[ニコ動]


関連商品


■azB0016EJCZ8
■azB003AVC49G
■azB002BEISC0
■azB0009HA05Y


関連コミュニティ


■co223


関連項目



最終更新日: 18/09/25 15:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ