ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビッグコア


ヨミ: ビッグコア
掲示板をミル!
52カキコ!

ビッグコアとは、横スクロールシューティングゲームグラディウスシリーズに登場する敵である。
↓こんなの(初代のもの。たぶんこれが一番有名だと思われる)

|ヽ∧_
ゝ __\
| (○|||〓
ゝ  ̄ ̄/
|ノ∨ ̄

本項ではこの「ビッグコア」と、直系および生機体(原則「○○コア」という名前のもの)のうち、代表的なもの、および編集者書けるものについて扱う。


概要


[画像を見る]

初代グラディウスの一面から登場し、以降のシリーズのほぼ全てに登場するボスキャラプレイヤー操る「ビックバイパー」と並びシリーズ徴的キャラクターである。同じくコナミの製品である「遊戯王 デュエルモンスターズ」にも「巨大戦艦 ビッグコア」として登場している。

ビッグコア(Big Core)である。ビッ”ク”バイパーVic Viper)は存在するがビッ”ク”コアVic Core)は存在しない。

この機体の特徴は、中央に設置された玉にも見える巨大なコアである。コアの周囲は堅固な装甲で守られており、通常火器による攻撃の一切をシャットアウトする。しかし構造上の欠陥か、それともバクテリアンのフェアプレーによるものか分からないが正面にコアへ通じる数枚の隔状の、破壊可な装甲が設置されており、通常そこを破壊し、コアを狙うことで攻略する。

攻撃手段は作品にもよるが基本的にビームのみで、動きも単調なため撃破は容易である。

余談だが側面には装甲はないらしく、PS2の「グラディウスV」ではムービーシーンにて側面からのレーザーを受けて一撃で破壊されていた。それでいいのかバクテリアン。それでいいのかコナミ。まあ、Vでは普通雑魚敵としてわらわら出てくるのでそういうもんなのかもしれない。

さらに余談だが「ソーラーアサルト」では正四錐のような形状になっており、どこから見ても同じような形状にみえるようになっている。どっちが正しいビッグコアなんだコナミ

携帯電話ゲームソフトグラディウスNEO IMPERIAL」において、遂に主人公機への昇格を果たす。ショットレーザーミサイルエリア攻撃を自由に切り替えることが出来、かつ遮蔽以外の部分は無敵(但し、地形扱いのものや耐久のある敵が直接コアに触れるとミス)という、グラディウスシリーズにあるまじき高性を誇る機体であった。

この作品のストーリーは、軍事国家マーズに反旗を翻した人間が、開発中の新ビッグコアを奪って脱走を図ったというものである。
脱走の末については関連動画、もしくは自分でプレイして参照されたし。


派生機体



直系


ビッグコアMk-II

[画像を見る]

初登場はグラディウスⅡAC版)。コアが2つに増え、さらに上下にスライドするカバーを搭載。レーザーの発射数も増加し、初代よりもかなり手ごわくなった。しかし、初代同様動きが単調で、さほど素くないためさしたる強敵ではない。

なお、通常は大回りする感じでレーザーを回避するが、やや上級者向けの回避方法ではあるものの、実はレーザーが当たらないラインが存在しており、そこで回避することができた。しかしで再登場した際はこの「」はなくなっているためセオリー通り、大回りする感じでレーザーを回避する必要がある。

グラディウスⅤで再登場した際には回転しながらの突撃を行うなど、機動は大幅に善された模様。

ちなみにFCの「がんばれゴエモン2」になぜかボスとして登場した過去もある。

ビッグコアMk-Ⅲ

[画像を見る]

グラディウスⅢAC版)から登場。コアがさらに増え3つになった。基本的な構造はMk-に近いが、カバーに設置された2つの門から極太のレーザーを発射して自機を間に閉じ込め、そこに二本の細いレーザーを発射し、極太レーザーに反射させて狙ってくるという鬼畜な攻撃を行ってくる。特にACでは反射レーザーの弾速が発射を見てから回避できないほど速く、プレイヤーを恐怖のズンドコに陥れた。

3つのコアのうち2つを破壊した後には二連装のレーザーを乱射してくるようになるが、こちらもまた弾速が速く避けるのが困難である。実は、反射レーザー全にパターンで回避可なため、その回避パターン確立されてからは自爆まで逃げ切るのが一般的な攻略方法となったようだ。

その回避パターンは「ううまま うままう うまう うままう」と呪文のような文言でよく表される。「う」は後ろ(ハイスコア表示の「H」の左側下)、「ま」は前(Mk-ん中の棒の先端)、と自機の位置取りをしており、この順番でタイミングよく避けるという意味である。


■sm2317347[ニコ動]

そのあまりの理不尽さからか、SFC版以降のシリーズでは特に反射レーザー速度が発射を見てからでも回避できる程度にまで弱体化している。しかし、Vで再登場した際はオリジナルにはい多な攻撃を仕掛けてくるようになった。

ビッグコア Mk-Ⅲ改

[画像を見る]

グラディウスIVに登場、Mk-良版。

やや小化し、一見今までのと何が違うの?といった外見だが反射レーザーnot位置)を変化させてくる、反射レーザー発射中&直後に通常のレーザーをぶっ放してくる、カバー斜めに展開して同時に3本の反射レーザーを発射するなど攻撃面では更に強化された…が、耐久が最論外レベルまで弱体化(後ろのコアの遮蔽がなんと消滅した)、さらに前方2つのコア破壊後の発狂が削除など一部では弱体化している。

安地もなく、の時のようにパターンにハメるのも厳しいのでこちらは逆にオプションを重ねて殺が常套手段。

ビッグコアmk-Ⅰ Rev.2

[画像を見る]

グラディウスⅤ 1面ボス、別名視コア。初代ビッグコアのバージョンアップ機体。

多少大化し、大きな輪状のイオンリング発生台を増設している。2周以降はビッグコアが両側につくため隙間がなくなり、登場シーン初見殺しを食らうので注意。

内部にいる小さい標的以外には全く役に立たない兵装を見るに、全に対ビックバイパーのみを考えて作られた様子。ゲーム中ではプレイヤー機も騎士からっ向勝負してくれるため問題なかったが、オープニング映像では前述のとおり横から撃ち抜かれて即死。哀れ。

ビッグコアmk-Ⅳ

[画像を見る]

グラディウスⅤ 2面ボス。第1のボスラッシュのトリを務める。コアは4つ。

横向きの波状レーザーで自機を閉じ込めそこから縦に短レーザーを撃つ攻撃、波状レーザーに沿って動き放置すると巨大化する電磁球、自機座標狙いのレーザー等、多な攻撃パターンを持つ。さらには機体を分離して攻撃方向に変化をつけることもできる。

所詮2面ボスであるため通常難度ではそれなり程度の強さだが、高難度や高次周では攻撃手段が大幅に強化され、装備によっては時間切れ待ちが常套手段になるあたりは流石mkの後継機と言うべきであろうか。

ネオビッグコア

[画像を見る]

グラディウス外伝8面、ボスラッシュのトリを勤める。製作者(スタッフ的な意味で)く、97年当時の最新だとか。(グラポ公式ガイドより)

初代ビッグコアに範をとった機体だが、やや射出が仰になった4WAY弾に加え、巨大スプレッドボムワイドレーザー等攻撃は多。上下移動も格段に俊敏になっており、最終ステージ前の門番にふさわしい強さを持つ。

高次周ではレーザーを撃つビットまで射出し、発狂時の攻撃はもう手に負えない。 2周以降は後に追加ボスのヘブンズゲートが控えるためステージボスの役は譲ることになるが、ヘブンズゲートと異なりネオビッグコアには安全地帯がないため、どちらが手強いかは一概には言いづらい。


派生


クリスタルコア

[画像を見る]

その名が示すとおり、艦全体が水晶状の何かでつくられている。初出はACグラディウスⅡ。その見たと、遮蔽の二本の長い触手が特徴。

触手の先端から弾をばら撒き、さらに本体からイオンレーザーを発射し攻撃してくる。触手には当たり判定があり、破壊も不可能なため、コアを狙うには触手が開いている時を狙う必要がある。で再登場した際は、画面右下から登場するものの、全般的に強化されて結構手強いボスになっている。しかも、触手からの弾が見たと実際の判定の位置が違う詐欺判定であることも強さに拍をかけている。

また、当時としてはパターン破りである画面左端から登場する初見殺しボスだったりする。

カバードコア

[画像を見る]

その名が(ry、円状の艦体にカバーが装着されている。初出はACグラディウスIIボスラッシュのトリを務める。

カバーは3枚、配置は6枚に切ったピザを一枚飛ばしで抜いたような形をしており、それがコアを中心として回転することでコアを防御する。攻撃手段は破壊不可能ミサイル

AC版のグラディウスⅢでは、何故かカバー部分に当たり判定が設定されていないため、遮蔽版を破壊しそこに潜り込めばただの的と化す。「オープンコア」とまで呼ばれる始末。

カバードコア Mk-II

[画像を見る]

グラディウスVの6面に登場。第二ボスラッシュのトリを務める。二重構造になっており、隙間のある外殻と内殻の間を5個のコアが回っている。コアの数は周回数が増えるごとに増加し、最大14個。今までとは違い、右側だけでなく画面全体を移動し、ミサイルの発射度も多に。また通常弾を撃つようになった。普通に戦えばかなり強い。

…だが、 コアコアの間にもぐりこむという荒業で通常弾以外はすべて完封することができてしまう。コア14個バージョンでも通用する(アホみたいに狭いが)。ただし、自機の判定が小さいとはいえ決してスペースは広くないため細かい操作が要される上、特にコアが多い場合は出現位置を前もって覚える必要がある。

デザートコア

[画像を見る]

PCEグラディウスIIの6面(オリジナル面)に登場。上下に移動しながらビームで攻撃してくるほか、上下の砂漠に腕を突き立て、腕の先から弾を自機に向けて撃ってくる。コアは最初に2個しか開いていないが、破壊すると最後のコアが1つ現れ、2本の長いビームと誘導弾で攻撃してくるようになる。画面左端から登場するため注意。

リザードコア

[画像を見る]

ACグラディウスIIIの9面に登場。コア数は一つ。本体からのビーム攻撃のほか、2本の腕の先に台を接続し、移動させながら攻撃してくる。腕を収納し、台を装甲としてコアを守ることがある。

デリンジャーコア

[画像を見る]

グラディウスIIIの10面でボスラッシュのトリを務める。ビームを備えた腕から大量のビームでこちらへ攻撃してくるほか、腕を本体を包み隠すように閉じ、体当たり攻撃を仕掛けてくる。

シャイニングコア

[画像を見る]

グラディウス外伝3面に登場。七色に遷移する四本の極太レーザーを照射しながら、中心の発射口からレーザーとばら撒き弾を放つ。ん中に居つつ落ちついて中心からの攻撃さえ避けていれば、四本の極太レーザーは怖くない。照射装置からばら撒かれる弾で、極太レーザーの当たる上下へ追い込まれないよう注意したい。

パラサイトコア

[画像を見る]

グラディウス外伝8面のボスラッシュにて2番手として登場。2機のデスデスダブル)を引き連れて登場し、上下3本ずつの腕でデスを操りながら攻撃してくる。本体中央から大きな誘導弾を、上下のデスを撃破した後は腕の先から自機狙いレーザーを撃ってくる。プレイヤーからは「デスが居ないほうが強い」と評されており、本体を先に倒しデスを残すパターンセオリーとされる。

トリプルコア

[画像を見る]

グラディウス外伝8面のボスラッシュにて3番手として登場。同機3体がフォーメーションを組み、様々なパターンで攻撃してくる。3体のときは電磁線で自機を囲み、3方から弾を撃ってくる。2体のときは電磁線をりながら画面内をなぎ払い、1体になると自機を狙ってレーザーを照射、と機体を破壊するごとにパターンが変化する。均等にダメージを与え、一気に破壊するようにしたい。

実はこのボスキャラには元ネタが存在するらしく、グラ外から先駆けること数年前に彩京から発売された縦スクロールSTG戦国エース」及び「ガンバード」の後半戦で登場する「とあるボス」と特徴や対策がほぼ一致していたりする。

ジャグラーコア

グラディウス外伝8面のボスラッシュにて5番手として登場。4つのレーザーを備えた2機の円盤を操って攻撃してくる。中央からのレーザーに加え、後方からはミサイル円盤を分離させての攻撃と、攻撃パターンは多である。

ブーストコア

[画像を見る]

グラディウス外伝9面の高速スクロール地帯で中ボスとして登場。本体の持つ武装はレーザーと破壊後のばら撒き弾程度だが、上下のブースター噴射による体当りで、後ろのを破壊するのが特徴。に当たると左側に跳ね返ってくるため逃げ場が少なくなるのに加え、に当たった後ろの装甲がこちらへ剥がれて混んでくることがある。ブースターい炎は2周以降にく変わり、当たり判定が追加されるためこちらも注意。

バブルコア

[画像を見る]

グラディウスIV3面に登場。本家ビッグコア譲りのレーザー4門に加え、上下の筒から泡を放出して攻撃してくる。また、前方に突進してくることがある。登場時に自機を右側へ持っていくと筒が垂直に向くため、泡が前方へ向かいにくい状態で戦い始められる。

ローリングコア

[画像を見る]

グラディウスIV7面に登場。丸い本体とそれを囲むようなCパーツで構成されており、それぞれ独立して度を変えることが可コアは一つで前後に装甲があるため、本体を回転させて後ろの装甲に切り替えて防御することがある。台は攻撃で破壊することができるが、あまり壊し続けていると発狂モードに突入するため注意。そのほか、回転しながらの突進、本体をひっくり返してコアからの極太レーザーなど多な攻撃パターンを持つ。

グラディウスV6面のボスラッシュでは先鋒を務めている他、オトメディウスにも登場する等、なにかと冷遇されがちなボスキャラの中では較的優遇されている部類に当たる。

バニシングコア

[画像を見る]

グラディウスIV8面のボスラッシュの先鋒として登場。サーチライトで自機を照らしながら大量の誘導ミサイルで攻撃してくるほか、本体からレーザーを飛ばしてくる。また、前に接近してミサイルを乱射する。

バーサクコア


次へ»
最終更新日: 18/10/16 16:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ