ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビデ


ヨミ: ビデ
掲示板をミル!
37カキコ!

ビデ(仏語: bidet)は局部洗浄のためのトイレタリー設備である。

南欧で一般的だったが、現在では洗浄機付き便座の普及により各地に広まりつつある。


ビデ文化が無い国・人の意見


ビデとは、キンタマの裏にウォッシュレットが噴するボタンである。

特にコレといって有効な活用法はい。

・・・・そんなわけありません。


正式な用途と説明


南欧スイスで浴槽やシャワーが普及する前に発達した、身体を清潔に保つための洗浄用具の一つ。たる用途は、

  1. 性行後の性器および性器周辺の洗浄のため(特に女性
  2. 排便時の肛門及び周囲の洗浄のため(男女問わず)

17世紀末フランス人向けの高級具商(なのかは諸説ある)によって発明され、四脚が付いていて跨って使用するため、仏語フランス中部原産の労働用ポニーを意味するビデ(bidet[外部])と呼ばれた。ポ・ド・シャンブル(pot de chambre[外部], 人のおまる)と共に寝室に置かれ、19世紀初頭にはが整備された影便器へと進化したポ・ド・シャンブルと共にバスルームに移動した(ちなみにとなった労働用ポニーは、この時期に産業革命のあおりを受けて用済みとなり、やがて消滅する)。

上部が洗面台のようになった蓋のい便座のような外観で、通常の便器とは反対にに向いて跨り、つまみを捻ってビデ内に/湯をためて性器/肛門を洗ったりする。また物によっては底から/湯が噴出するようになっており、ウォシュレットのように流を当てたり内部を直接洗浄したりする。

南欧庭のバスルームには普通便器の横に併設されているが、使用する文化がないの人からすると結構不可解な設備に写るため、下部からが出るタイプのビデをウォータファウンテンと勘違いして顔を洗ったりを飲んだりするという深刻な事案も発生している模様。

最近はウォシュレットなど洗浄機付き便座(ただし高級機)にもビデ機が機が付いており、口がある位置に流が放射されるようになっているために、間違えて使用した男性会陰(いわゆるの門渡り)に想わぬ刺を受けてウットリビックリすることもしばしばである。

また、内を洗浄するので「避妊・性病予防具として使えるのでは?」と思うかもしれないが、残念ながら身体ののおかげでそれはい(同様にいわゆるコーラ洗浄も効果は期待できない)。避妊をするならコンドームなどの避妊具を使って、きちんとコントロールされた性交をすべきであるし、オーラル/アナルセックスなどのオーソドックスでない性交を行わないにしても、ビデでは殺菌・消毒を行えるわけではないので、性病などの感染症の予防にもならない、ということを理解すべきである。


関連商品


■azB000PKHSWI
■azB0000C99CU
 


関連動画



■sm4017755[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/03/26 19:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ