ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビビッドアーミー


ヨミ: ビビッドアーミー
掲示板をミル!
1239カキコ!

ビビッドアーミーとはゲームポータルサイトG123」から配信されているブラウザゲームである。略称は「ビビアミ」。

運営自ら「広告話題のビビッドアーミー」と広告でPRしているように、一般的にはインターネット上の広告でよく見かけることでお染みのゲームとして知られている。


概要


元々は韓国の「Top War」というゲームゲームジャンルリアルタイムストラテジー)を日本向けにローカライズ・カルチャライズされたもので、登場キャラクターTop Warの厳つい軍人キャラから日本人男性が好みそうな美少女キャラへと差し替えられている。

このゲームジャンルTop War同様リアルタイムストラテジーと思われるが、一部の広告には「下半身に戦略バトル」とPRされているものや、幼女キャラを並べて「ロリ総選挙」とPRされているものがあるため、男性向けアダルトを想起する内容からジャンルは成人向けゲームではないかと思ってしまいかねない。

この広告の内容上、一般の人間にはビビッドアーミーのゲームジャンルはわからないと思われる。

なぜゲーム内容がどわからないような広告でPRをしようという考えに至ったのはか不明である。


登場英雄


このゲーム広告に登場しているキャラクターで、本ゲームガチャシステムで購入することが出来る。

このゲームでは英雄を自身の部隊に編成することで、兵士ステータスを上昇させるといったスキルを発揮することができる。

広告では本ゲームメインキャラのように扱われているが、実際ではゲーム画面の左端に英雄アイコンが小さく表示されているのみで、ストーリーなどに大きく関わる事はない。

また、英雄キャラそれぞれに性格などの設定がされているが、広告ごとに口調が違うキャラも多数おり、特に細かい設定などはされていない可性がある。

なお、YouTube開されているCMでは英雄キャラが「指揮官く来て…」と喋っているが、実際に待っているのは「イエッサー」と野太いで喋る男の兵士キャラである。(ただし、その兵士キャラ男性と見せかけて女性の可性もある。)


キャロル


な、なんですか…しまってください…」「あっ…ごめん…」「屈しない屈しない屈しない屈しない」などの広告でお染みのキャラゲームが始まった際のチュートリアルを担当しているのはこのキャラである。

ビビッドアーミーで英雄が立ち並ぶイラストではセンターを飾ったりと、このゲーム運営にとっては彼女メインキャラクターであるということが伺える。

当初は胸の谷間を露出しているデザインだったが現在は修正され、胸の谷間を布で隠しているデザインとなっている(なぜデザイン修正がされたのかは不明)。

チュートリアルを担当する際、なぜか彼女は異様にクネクネ動いてる。このキャラクターに限らず、英雄キャラが動く際は胸が自然な動きで揺れるのが特徴的である。


ティナ


下半身に戦略バトル」「すいません、許してください!なんでもしますから!」「胸にがいく、そんなあなたにやって欲しい」などの広告でお染みのキャラ

アリアスコット伍長)とセットで扱われることが多く、近年では本ゲーム広告アリア百合を連想させるような絡みを行っている(ただし、ゲーム中にそのようなシーンはない)。


アリア


(ンーッ、ンーッ)敗北から10時間…無様だねw」「少女バズーカ撃ちまくる!?」などの広告でお染みのキャラ

当初はこのキャラが本ゲームチュートリアルを担当していたが、現在ではキャロルに変わられている。

なお、当初はスコット伍長という名称で扱われており、このキャラクターの正式名称はアリアスコットのどちらかは不明である。


ルカ


官の命に背いた兵が受ける過酷な処罰…その名もおトイレ慢の刑」などの広告でお染みのキャラ(このキャラ兵士ではなく英雄である)。近年では後述のフーカとセットで扱われている。

エコーロケーションでイルカを導き、背中に積んである強化弾で中の味方をサポートする」という設定があるが、このイルカたちの背中を見る限り強化弾の射出機はなく、彼女は「強化弾を背負ったイルカたちを操り敵に特攻させる」だと思われる

イルカを特攻の具として扱う面から、彼女がどのような人間なのかが伺える(なお、このイルカたちの戦法は広告によると「ウェーブストリームアタック」らしい)。


フーカ


やりたくて、うずいて、仕方ないのぉこれってフーカだけぇひっぱって、くっつけてドキドキしたいよぉマンできないから今すぐ始めよぉ?」や、後述の「クソ広告撲滅!!!キャンペーン」などの広告でお染みのキャラルカライバルキャラとして設定されている可性がある。

サメ魚雷を括りつけてはに放流することを楽しんでいる」という設定があり、このキャラクタールカ同様どのような人間なのかが伺える。


様々な謎



記事削除の謎


ビビッドアーミーの記事がニコニコ大百科で作成された際、約1か後にこの記事がニコニコ運営によって削除されるという事態が発生した(全リビジョン削除により、過去編集履歴は閲覧不可となっている)。

このような事態になったのかは、ニコニコ大百科:記事削除依頼に「事実根の記事」という理由でこの記事のリビジョン削除が依頼されていたためだと思われる(事実、以前の記事には「ビビッドアーミーの広告を非表示にするにはどのようにすればよいか」といった明らか批判的な文章があった)。

しかし、リビジョン削除から何故記事そのものの削除に至ったのかは未だに不明である。

また、記事削除が起こったため「あれだけ広告していて、未だニコニコ大百科に記事が立てられてないのか」といったコメントが一部の動画投稿されていた。


「クソ広告撲滅キャンペーン」の謎


広告ゲーム内容と違う」「広告が成人向けゲームを想起させて不快」といったニコニコ大百科及び各SNSで上がっていたためか、G123は一般ユーザーから広告案を募集する「クソ広告撲滅キャンペーン」を行った。

ビビッドアーミーのよさを伝える広告を作ってほしいとの事で開始したキャンペーンであるが、キャンペーン終了後もネット上にはおなじみの「な、なんですか…しまってください…」「(エビゾリ)これ…キツキツすぎっ…!!」などいったアダルト要素を想起させる広告は相も変わらず使われている(どちらも内容が胸を強調していたりと、他人と一緒に見た際に気まずくなるような内容である)。

「ビビッドアーミーといえばアダルト要素のある広告」というイメージを払拭する企画かと思われたが、以前の広告普通に使われている以上、ビビッドアーミーの定義する「クソ広告」とは一体何だったのかは不明である。


コラボレーションの謎


ビビッドアーミーは様々な作品とコラボレーションを行っているのも大きな特徴である。

しかし、コラボレーションした作品にはどれも共通点がなく、なぜこれらの作品とコラボをしようという発想に至ったのかは不明。

最近ではコラボが終わった後は即別作品とコラボを行うなど、コラボ企画の頻度は高くなりつつある。

毎回のようにコラボを行うとコラボのありがたみが減ってしまうと思われるが、それについての運営の思惑は不明である。

コラボは基本的には1~3人程度のキャラクターと数種類のスキンなどが追加され、期間中は時間限定ボスNPC(所謂雑魚敵)が変化したりする。それらの追加や変化がなく、ネームプレートやアイコンなどの追加に止まる場合もある

コラボ一覧

デート・ア・ライブ
2019年8月8日21
WebMoneyキャンペーンも開催
この素晴らしい世界に祝福を!伝説
2019年10月17日30
かつて神だった獣たちへ
2019年11月18日12月2日
進撃の巨人
2019年12月26日2019年1月2日
ゴジラ
2020年2月13日~26日
七つの大罪
2020年3月12日25
ニコニコテレビちゃん
2020年4月16日~22日
限定アイコンの入手イベントのみ
とある科学の超電磁砲T
2020年4月30日5月13日
期間中はチュートリアルの一部が変化していた
テラフォーマーズ リベンジ
2020年6月11日~24日
マリア大魔王への
2020年6月25日7月1日
システムボイスのみ
烏屋茶房
VOCALOID楽曲「ビビッドビビッドバレット」を提供
シフィール・エシラー
2020年7月2日~8日
システムボイスのみ
攻殻機動隊 SAC_2045 × ULTRAMAN
2020年7月9日~22日
江頭2:50
2020年7月24日8月31日
ネームプレートやアイコンスタンプの追加のみ
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
2020年8月6日~19日
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
ゆにクリエイト赤月ゆにひまり
2020年8月20日~26日
クリチャームプレゼントキャンペーンも開催
にじさんじアンジュ・カトリーナニュイ・ソシエール
2020年8月27日9月9日
サインプレゼントキャンペーンも開催
銀河英雄伝説
2020年9月17日30
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
魔法少女まどか☆マギカ
2020年10月15日~29日
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
進撃の巨人(復刻)
2020年10月29日11月4日
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
約束のネバーランド
2020年11月12日~26日
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
こちら葛飾区亀有公園前派出所
2020年12月10日~23日
Twitterでのプレゼントキャンペーンも開催
ウルトラマンシリーズ
2021年1月7日21日(予定)
この素晴らしい世界に祝福を!伝説(復刻)
2021年1月21日28日(予定)

関連動画



G123チャンネルによる公式PV。



■1583921163[ニコ動]

このPVでは男キャラ合体して兵器と化しているが、ビビッドアーミーの広告には少女キャラたちが「合体ってなんか恥ずかしい」と発言している広告がある。

他にも少女たちを合体させることを想起させる広告が多数を占めており、広告通りならPV合体している兵士たちは男と見せかけて、実は少女と思われる。


G123チャンネルによるビビッドアーミー1周年記念動画。


■1585127704[ニコ動]
■so36568396[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 21/01/04 21:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ