ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビリー・カーン


ヨミ: ビリーカーン
掲示板をミル!
4カキコ!

ビリー・カーンBilly Kane)とは、SNK格闘ゲーム餓狼伝説シリーズに登場するキャラクターである。

CV : 生瀬勝久山西惇せいじろう など


概要


初代『餓狼伝説』でラスボス戦前で初登場し、以降のシリーズおよび『THE KING OF FIGHTERSシリーズに度々出演している。年齢は『餓狼伝説2』の時点で26歳。イギリス出身(『餓狼伝説SP』以降の後付け設定)。戦闘スタイル棒術で、格闘ゲーム明期ではしかった武器使いの格闘

元々はギース・ハワードの経営する工場で働いていた下っ端労働者で、そこで大喧を起こして大人数をパイプでボコボコにしている。この喧強さをギースに買われ、それ以降用心棒として取り立てられた。以後、それをえた従関係・信頼関係となり、ハワード・コネクションの実質ナンバー2にまで登りつめた。

棒術はサウスタウンにいた東洋人を師匠として学んだものであるが、その技をすべて習得したのちに、ギースの命で自ら師匠を葬っている。この師匠殺しは、かつてギース自身もやったものである。

これだけ暴力的なキャラクターながら、趣味洗濯というほほえましい一面もあったりする。

リリィカーンというがおり、ビリーにとても大切にされている。一部作品ではプレイヤーキャラとなってビリーばりの棒術を使ったりする。リリィはよりにもよってパンツジョー東といい関係にあるらしく、ビリーエンディングなどではその進展を阻止しようと奮闘するビリーの姿が出たりもする。

声優は複数いるが、どのビリー戦闘中はほとんど「イヤーッ!」とか「ヒェーッヘッヘッヘッ!」などと奇しか上げていないので区別がつけにくい。『KOF2003』からせいじろう声優となり、「上からくるぞ」とか「せっかくだから選んだい棒」とかネタにされていたが、やっぱりビリービリーだった。

餓狼伝説2』のロンドンステージで使われていた「ロンドンマーチ」はビリーテーマ曲としても有名。のちの作品でビリーが出てきたときには、アレンジされた同曲がよく使われる。


服装


毎回つけている紅白縞のバンダナトレードマーク。登場以来ずっとバンダナを取らないキャラだったが、『KOF97』あたりからバンダナを取る勝ちポーズも見せるようになった。ちなみに、バンダナの下は短く刈った金髪だが、一部作品では黒髪だったりする。かつては「バンダナを取らない=実はハゲ」というひどい二次ネタもあった。さらに中国製CGアニメKOF Destiny』では黒髪でなんとも言えない妙な髪型に……。

初代『餓狼伝説』『KOF95』では上半身裸でオーバーオール、『餓狼伝説2』『餓狼伝説SP』ではユニオンジャックのシャツにジーパンという衣装であった。『リアルバウ餓狼伝説』以降は禁煙マークの描かれた革ジャンを着用(なお当人はヘビスモーカー)、登場シーンギターを持ってたりとパンクイメージが強くなった。

スターステージ間の演出で、ギースのそばに立って護衛しているときにはスーツを着用している姿が見て取れる。それでもバンダナは外さないところにこだわりがある模様。

初代『餓狼伝説』時点では特にギミックのない六角棍であったが、『餓狼伝説2』以降は分離機・発火装置を備えた三節棍を使用している。撃されても折れないくらいには頑丈なようだが、時間切れ負けするとビリー自身が叩き折っていたりするなど強度が安定しない。ほかにも一部必殺技で分裂したりもするなど突っ込みどころが多い。


人間関係



おもな必殺技


棒をグルグルと回す。パンチ連打というコマンドからとっさには出しづらいが、出てしまえば判定の強い技である。ガードさせて削る技としても有用。
初代『餓狼伝説』の頃は「旋飛翔棍」という技名で、グルグル回してから投げ飛ばす飛び道具であった。ただ、棒を飛ばすと怯えながらガードし続ける状態になり、仲間の投げてくれる棒を受け取るまでその情けない姿をさらしていた。
棒を受け取るときジャンピングキャッチするのだが、その着地を投げるとまた棒を落とすので、延々とハメられる。
三節棍中段打ち
三節棍を伸ばして突く技。連続技・牽制技として使われ、シリーズによっては飛び道具相殺する。後の作品ではヒット後に「火炎三節棍中段打ち」に生する。
落とし
三節棍中段打ちの対版。斜め前に三節棍を伸ばす。先読み技。
攻撃判定が小さく、無敵もないなど性はいまいちで、技リストから除外されていることもしばしばある。
強襲飛翔
棒高跳びの要領(?)で画面外へとハイジャンプし、相手の頭上から降りかかる技。
シリーズごとに仕様が少しずつ異なるが、多くは上昇するときにも攻撃判定があり、対技としても機することもある。落ちてくる前にレバーの前後で着地地点を変えられ、これによってガードの表裏を惑わすこともできる。下降時のヒット状況によっては追撃も可
追撃棍・火龍追撃棍
リアルバウ餓狼伝説』の頃から使い始めた当て身技。が上段当て身(対)、火龍が中段当て身(地上)に相当する。
KOFシリーズだとが対地に、火龍が対にと性が逆になっているが、理由は不明。
火炎旋
炎をまとった旋棍を繰り出し、最後に炎の輪を投げつける。『餓SP』の頃からの伝統の超必殺技。攻撃判定が強く、対や連続技にも使われる切り札。
KOF97』の時は、技の出かかりでビリーが投げられると、出した炎がずっと付いたままになる(攻撃判定付き)バグ技があった。

性能


初登場時はCOM専用で、使用可になったのは3作の『餓狼伝説SP』となる。

どの作品でも棒術により通常技・必殺技リーチが長く、飛び道具をかき消す技もあり、中~遠距離で近寄らせず戦うのが強いキャラクター。ただしバランス調整のためか、棒にもの喰らい判定があり、意外と相打ちになったり打ち負けたりすることもある。もちろん、当て身投げでも取られてしまう。

シリーズ通して上位に入る性だが、対技の性が作品ごとにまちまちで、ここに泣かされることも多い。また、無敵のある技に恵まれないことも多く、ノーゲージでの起き上がり・切り返しなどは苦手な傾向にある。


関連動画



■nm13091152[ニコ動]

■sm20409249[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/02/16 02:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ