ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビーストウォーズ


ヨミ: ビーストウォーズ
掲示板をミル!
302カキコ!

ビーストウォーズとは、トランスフォーマーシリーズのうちの1シリーズである。

1997年10月2000年3月にかけて「ビーストウォーズ」~「メタルス」までが地上波で放送され、2004年には衛星放送で「リターンズ」が放送された。


よいこのみんな!私達の概要だ!


有機金属を含んだ新たなトランスフォーマー達が戦う、世界初のフルCGロボットアニメーション
カナダで作ってんだよカナダで!! 

彼らの特徴として、有機金属を生かして動植物変身することができ、動物変身したトランスフォーマービースト戦士と呼ばれる。それを強調するためか、タイトルロボット生命体ではなく生命体トランスフォーマーになっている。この作品以降、仕官職としてコンボイの名を持つ戦士コンボイ顔の戦士が登場するようになった。

……というのは日本語版のみの設定。
本作のビースト戦士達は、原版だとオートボットディセプティコンとは別の軍団であるマキシマルスとプレダコンの争いである。戦士達の名前はほとんど異なり、当然有名なアドリブもほとんど挟まれていないストーリーである。「変身!」で統一された変形コードも、マキシマルスが「マキシマイズ!」プレダコンが「テラライズ!」となっていて、日本語版からは想像の付かない設定がたくさん存在する。しかしこうした設定はトランスフォーマーファンの心を掴み、玩具の出来の良さもあって英語圏では大人気を博した。

一方で日本では、固有名詞の過去シリーズとの関連付けをタカラトミーの方でしたこと以外、ストーリー面での脚色役として責任者に任命された岩浪美和が、「これじゃ日本子供には受け入れられない」と大幅なアレンジを敢行した。当然のようにかつてのトランスフォーマーファンからは憎しみや殺意にも近い感情を向けられていたが、一方で子供には大きくこの設定が受けた。 日本における人気は周知の通りで、停滞していたトランスフォーマー人気の大復活の大部分を担っている。

放送20周年となる2017年にはYouTubeタカラトミー公式チャンネルにて配信開始。歴史的大暴走アニメネットで観られる時代の到来である。


ストーリー


惑星エネルゴアに調へと向かっていたコンボイ(オプティマス・プライマル)達は、ゴールデンディスクを持ち出しセイバートロン星から逃げ出したメガトロンの一団の捕縛の任務を預かる。
抗争の末、二隻の戦艦惑星エネルゴアへと不時着し、サイバトロンは多くの救命ポッドを手放すことになった。
宇宙船が故障し双方帰還のわない中、豊富なエネルゴンを発見したメガトロンはこれを利用した宇宙支配を模索するようになった。

これを阻止するため、コンボイサイバトロンは、メガトロン率いる悪の軍団デストロンとの戦いを決意することになる。
惑星で活動するため、彼等は動物などをスキャンして地形に適応することを覚え、ビースト戦士として生まれ変わった。

かくして、この戦いは後に「ビーストウォーズ」としてり継がれる、大きな戦いへと発展していく。 


海外アニメーションシリーズ


海外版G-2やマーブルコミックスの流れを組む作品で、日本語製作のときに日本版設定に設定変更するのが苦労したと「リターンズ」のオーディオコメンタリーられている。

ビーストウォーズ~メタルスは、実は初代TFが休眠中に起こっていた太古の戦争だということがやがて明らかになる。


ビーストウォーズ&ビーストウォーズメタルス


正式なタイトルは「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」及び「ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー」。

メガトロンの後継者」を名乗るビーストメガトロンが重要な情報の入ったゴールデンディスクを奪って惑星エネルゴアに逃走。調船アクサロンクルービーストメガトロン率いるデストロンと戦う。

カナダ製作3DCGアニメーションで、日本語版は子供達に親しみやすいようユーモラスな翻訳や、アドリブを行った。アドリブについては賛否両論あるが、「この作品を繰り返す見ることで元気を取り戻していたというOLさんがいた」「有名芸人も見ていた」など、一般受けは良かったようである。メタルス26話リミックス2にて「夕方六時半に小難しい話をしていられるか」といった旨の台詞まで登場し、この日本版ビーストウォーズの方針を明確に言葉にしたといえる。

海外での放送の関係上シーズン1とシーズン2・3の間がいてしまい、日本ではシーズン2・3は「メタルス」として放送された。シリーズの繋がりを示唆する為かスタースクリームジャガーなど、G1期のトランスフォーマーゲスト出演し、特にゴールデンディスクが解明される辺りではアーク内で休眠中のサイバトロンデストロン両軍の姿が描かれている。


ビーストウォーズリターンズ


超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ

ビーストメガトロンを捕まえ、セイバートロン星に帰還する途中、ビーストメガトロンが脱走してしまう。

サイバトロンは何とかセイバートロン星に帰還するも、そこは先回りしたビーストメガトロンにより機物ドローン軍団「ヴィーコン」が支配するになっていた。オラクルでより有機的なボディにリフォーマットされたサイバトロンセイバートロン星を取り戻すため戦う。

海外では「ビーストマシーンズ」の名で放送されたが、かなり陰ストーリービースト戦士達の有機的なボディのデザインアニメ玩具での外見の不一致などの様々な原因により、海外トランスフォーマー市場は崩壊寸前にまで追い込まれた。

日本語版では放送形態が特殊だったこともあってか、さらに過アドリブ下ネタが取り入れられた。

リミックス

メタルス」「リターンズ」日本語版の特徴としてリミックス話が挙げられる。リミックス日本スタッフが各話のシーンを編集し、一本の話にしたいわゆる公式MADである。

メタルス」では本来の8話と17話が劇場開(8話は本放送に先駆けた開)されたため、14話と26話がリミックスとなった。また、「リターンズ」ではDVDBOXの特典として収録されたが、もはやオリジナル話でも何でも出演者座談会に映像をつけたも同然な状態であった。


シリーズレギュラー&無印のみの登場キャラクター


サイバトロン(マキシマルス)

元々は惑星を探するために送られた科学者であるトランスフォーマー達。しかしデストロンとの戦いをきっかけに戦闘へと適応していくようになる。

アニメ未登場

デストロン(プレダコン)

アニメ未登場

次へ»
最終更新日: 18/04/17 12:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ