ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビール純粋令


ヨミ: ビールジュンスイレイ
掲示板をミル!
1カキコ!

ビール純粋令とは、1516年にバイエルンヴィルヘルム4世が制定した法である。


概要


ビール純粋令が制定される前のバイエルン領のビールには、麦芽・・ホップの他に、香・香辛料・果実も用いられていた。時にはが入れられたものや、そもそもビールとすら呼べないものでさえ横行していた。しかし、当時のビールは「腐りにくく、安全な分・カロリー」の役割としての期待も高かったため、内のビール需要に対し質の高い北ドイツビールを輸入していたが、当然のように割高になり、さらに、産業規模が北ドイツに劣るので、税収が限られるということになった。

しかし、1516年4月23日ヴィルヘルム4世がこの法令を制定するとバイエルンビールの質はたちまち向上し、遂には輸出するまでになった。とされている

さて、ドイツではヴァイツェン(ヴァイスビールという小麦を使ったビールが有名であるが、当時は「原料は、大麦・ホップ・のみを原料とすべし」とある。要な食糧であったパンの原料となるためビールへの使用を禁止することで食料を確保する狙いがあった。しかし、小麦ビール歴史市民らにされていることを踏まえ「一部の」醸造所・修院に小麦ビールを醸造する権利を与えた。大公は恩を売りたい修院などにこの権利を与えるようになる。このため、宮廷醸造所や一部修院でのみ作られ、貴族や富裕層が独占するようになり、その利益は大となった。ヴァイツェンビールが「貴族ビール」と呼ばれる一因となっている。特に、17世紀はじめにバイエルンを継承したマキシミリアン一世は、三十年戦争の戦費を小麦ビールの利潤でまかなったりした


関連動画



■sm13367414[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 13/02/19 22:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ