ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピクシブ百科事典


ヨミ: ピクシブヒャッカジテン
掲示板をミル!
674カキコ!

ピクシブ百科事典ピクシブひゃっかじてん、旧名:pixpedia(ピクペディア))とは、ピクシブ百科事典製作委員会提供するオンライン百科事典である。


概要


絵に付けられたタグについての詳細や情報を解説したり、行われる企画の詳細などが記載された百科事典である。Wiki文法が使え、よくあるWikiサイトと同じように記述して書いていくことができる。編集するにはpixiv会員である必要があるが、pixivプレミアム会員でなくても編集可

イラスト投稿コミュニティの関連サービスということで、構図やポーズシチュエーション等の記事が充実している。全体的に簡潔に説明する傾向にあり、短いものでは1行のみというのも少なくない。記事の内容は、あくまでpixivにおけるその単タグ)の扱いというもので、用とは言えない一般的な単において傾向が強い。一方で、ニコニコ大百科の記事より長い文章で書かれていたり、事細かに解説されている記事もいくつか見受けられる。

pixiv本体がR18コンテンツを許容している関係上、性的な意味で含蓄な記事が多い。そもそも論で言うと体のpixiv自体イラストタグ性的な意味で充実しすぎている訳であるが。

2011年6月30日リニューアルによりサイトデザインが一新され運営元が「ピクシブ百科事典製作委員会」となった。委員会の構成や所属メンバー等の詳細は不明。デザイン一新に付随する不具合以外に記事アイコン動画貼り付け等止された機が多数あり、以前から活動していた編集者側からは苦情が寄せられている。

余談だが、グニャラくん★過去デニーズpixivタグにニコニコ大百科へのリンク設置を依頼したが、スルーされていた[外部]という。その当時から独自の百科事典サイト制作する考えがあったのだろうか。


仕様・機能


タグから記事を作成し、タグアイコン表示で記事の有がわかるという仕組みは同じであり、ニコニコ大百科単語記事と似た所がある。記事本文やメイン画像にはpixiv内のイラストを設置する機がある。またYouTubeIDを入することで動画(外部プレイヤー)を設置出来る。

記事毎に「コメント」という掲示板に相当する機もある。pixivの登録ハンドルが記録されるため、匿名掲示板ではない。編集履歴があるが、履歴をもとにして編集することは現段階ではできない。また、編集者名のリンク先はpixivユーザページになっているのみで、その編集者がこれまでにどんな記事を編集したかを確認するのは困難を極める。

検索では記事名と本文の区別がく、検索句がどちらかに含まれていると検索ヒットする。検索結果の表示順は最近記事更新のあった順となっている。また、検索で複数の句をスペースで区切って同時に検索した場合、すべてが含まれていれば検索ヒットする。いわゆるAND検索である(以前はOR検索だった)。


過去の仕様・機能



沿革



ニコニコ大百科と大きく異なる点


ピクシブ百科事典は特定UCCサービスと強く関連したネット百科事典という性格上、類似サービスとして先発ニコニコ大百科としばしば較される。これにはpixivニコニコユーザー層はある程度重なっているという事情もある(後述するようにグニャラくん ★はかつてpixivニコニコ大百科リンクを提案している)が、両者にはいくつかの大きな違いも存在する。


サイトの指針と運営対応


ニコニコ大百科は禁止行為等をまとめている利用規約以外に「ニコニコ大百科:Wikipediaとの相違点」「ニコニコ大百科:楽しく過ごすために」のような記事を運営者自らが作成しており、これが全体の針として強く影を与えている。また要望に寄せられる要望や意見にはっきりとした回答が付くことが多いため、方向性の安となっている。

ニコニコ大百科は記事の荒らし行為や記事掲示版の荒らしにはかなり積極的に運営介入による差し戻しや書込み削除が行われる。また編集合戦しい論争状態となった場合は、当事者のクールダウン的で一時的に記事編集や掲示版書き込みを規制することがある。

一方ピクシブ百科事典では、利用規約以外に運営から提示されている針となるような情報がなく、記事に関してはほぼ全てがユーザーに委ねられている。…と書けば聞こえはいいが、これが後述するような荒らし立て逃げといった問題を助長していることは否定できない。


機能上の違い



サービス開始当初はニコニコ大百科パクリエピゴーネン扱いされていたピクシブ百科事典も独自の文化圏を形成しつつある。


問題点


記事が存在しないのに検索エンジンに引っ掛かる
Google等の外部の検索サービス検索結果の上位に来るが、いざ開いてみると未制作なことがある。記事ページ上のmetaタグ検索ロボットに記事しを伝える情報(noindex)を設定していないことが直接の原因である。ニコニコ大百科Wikipediaの場合、noindexを設定しているので外部の検索サービスにかかることはない。
これは検索サービス側がサイト自体のページランクだけで判断して、実際の記事状態を確認せずに検索上位としてしまう情報収集側の不手際でもある。
編集の敷居が低いせいで問題行動を起こすユーザーが多い
pixiv会員ならでも投稿できるという点から、荒らしや問題行動を起こしている編集者も少なからず存在していて、2010年7月16日には、pixiv運営を挑発・中傷する内容の記事を投稿をしたユーザーが退会処分をされた。当該人物は2ちゃんねるのピクシブ百科事典スレでも前々から問題視されていたユーザーである。
同じ理由で、推敲等が十分でない記事や、もともと記事にするほどの特筆性がないのに作られてしまった記事も見受けられる。前者は気づいた人が編集すればいいが、後者ニコニコ大百科と同じくユーザーの手で削除できないためどうしようもない。
当然、フリー百科事典お決まりの「独善的な文章や独自解釈」はここでもはびこっている。
Wikipediaニコニコ大百科公式サイトからの丸写し
コピペによって作成された記事が多数見られる。コピペ元によっては正規の掲載形式ならばコピペ掲載が認められているのだが、ほとんど従っていない。もっとも、近年では逆にピクシブ科の文章をコピペしたうえ、関連商品欄などに手をつけないまま記事が作成された事例もあるため、ややこしい。
運営の不可解な対応
pixiv運営にとって都合の悪い内容が書かれている記事は運営介入によって記事削除され、以降は同名の記事を作成不能にされることがある。例→「現代アート[外部]」「現代あーと[外部]」「アート犬[外部]
同様に、特定句による記事検索エラーとなるように設定されている。
例→「現代[外部]」経緯についてはpixiv問題カオス*ラウンジの記事を参照のこと。
この件について、ピクシブ百科事典内では「nopage[外部]」の記事でまとめられているが、前述した記事削除に対するユーザーからの皮と苦言がみられる。
この対応についてはpixivに関連するインターネット上のご意見について[外部]にて「特定タグに対するピクシブ百科事典のページを一時的措置として閉鎖させていただいております」としているが、説明不足であると言わざるをえない。

ニコニコ大百科の記事からの転載を見付けた場合の対応


ニコニコ大百科で作成・編集された記事は一切の著作権運営会社である大百科ニュース社に譲渡されるため(当然編集者が他者の権利侵をしたものは除く)、記事内容は大百科ニュース社権利者となる。(詳細は利用規約(リンク)を参照)

このため、ピクシブ百科事典にニコニコ大百科の記事からの転載を見付けた場合は、 大百科削除依頼板[外部]の「ニコニコ大百科からの転載摘するスレッド」に必要事項と共に摘を書き込むことで、必要な対応は運営会社である大百科ニュース社(あるいは同社から委託されて大百科削除依頼板運営している未来検索ブラジル)が、ピクシブ百科事典に対して行なってくれると思われる。
※対記事の編集履歴から該当箇所と作成・更新日付を参照してニコニコ大百科側で先に作成されたことの確認も忘れずに。

以下は当記事掲示板の>>79引用。これはニコニコ大百科運営会社が未来検索ブラジルであった頃の書き込みである。

79グニャラくんe5sgKA2q7. :2010/09/18(土) 13:15:23 ID: Bit9ewwraB
ニコニコ大百科投稿したあなたの記事がpixpediaへ無断転載された場合は、
削除依頼掲示板スレッドまでご連絡ください。未来検索ブラジルより削除申請します。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/10/22 04:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社