ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピルサドスキー


ヨミ: ピルサドスキー
掲示板をミル!
20カキコ!

ピルサドスキーとは、1992年まれの競走馬1997年ジャパンカップなどに優勝した名である。お茶の間に堂々と自らのアレを映し出させた剛の者として有名。


概要


注意この記事には下品な表現が含まれています。苦手な人はお戻り下さい。

 


欧州時代


Polish PrecedentCocotteToryという血統。のPolish Precedentは一流のマイラーであったが、種としてはピルサドスキーが活躍するまでは立った産駒はく、系も地味な血統であった。

デビューしてしばらくは、下級ハンデ戦でも惨敗するなど全く立ったところがく、同厩・同年齢のシングスピールが中々勝てないながらも、くから重賞戦線で活躍しているのとは対照的であったが、そんな僚友の活躍に刺を受けたか、3歳になってようやく初勝利を上げると、続くハンデ戦も制して2連勝を挙げる。

になると充実の時を迎え、重賞初挑戦となったゴードンリチャーズステークス(GⅢ)では僚友シングスピールの2着。続くプリンスオブウェールズステークス(GⅡ)こそ8着と惨敗してしまうが、ロイヤルウィップステークス(GⅢ)で重賞初制覇を飾ると、その勢いのままにドイツバーデン大賞(GⅠ)も制してGⅠホースに登り詰める。

続く凱旋門賞(GⅠ)では7番人気の低評価であったが、後のGⅠ4勝・Swainや、96年英ダービーShaamit、翌年ジャパンカップにも出走する名ステイヤー・Oscar Schindler、「キングジョージ(GⅠ)」を制したペンタイアらを抑えて2着に入る。勝ったエリシオのパフォーマンスが凄すぎて立たなかったが。

更にシングスピールと共にブリーズカップ・ターフ(GⅠ)に出走。凱旋門賞で2着したとは言え、この時点での評価はシングスピール>ピルサドスキーであり、人気も6番人気であったが、前走下しているSwainよりも人気が下回ったことに怒ったか走し、シングスピールを2着に下して優勝する。

翌年も現役を続行するが、初戦のガネー賞(GⅠ)はまたしてもエリシオに大きく差をつけられる3着。続くハードウィックステークス(GⅡ)も格下相手に2着で、前年のジャパンカップを制して以降3連勝中ですっかり詰めの甘さが解消されたシングスピールとは逆に、今度はピルサドスキーが詰め甘になってしまったのでは?と心配されたが、続くエクリプスステークスを貫勝ちすると、「キングジョージ」に駒を進めた。

この年の「キングジョージ」は、3歳勢の出走こそ寂しかったものの、古勢はエリシオを筆頭に、シングスピール、ピルサドスキー、Swain、噛みそうな名前に定評のあるトラテジックチョイス等、稀に見る好メンバーっていた。ピルサドスキーはここで、3度の対戦にして初めてエリシオに先着するが、Swainに敗れて2着。しかし続くチャンピオンステークス(GⅠ)は圧勝し、今度は3番人気凱旋門賞に出走するが、パントレセレブル圧倒的なパフォーマンスの前に、前年同様5身差の2着に敗れてしまった。

凱旋門賞こそ勝てなかったものの、続く英チャンピオンステークス(GⅠ)はキッチリ勝利し、これでGⅠ5勝。
レーティングでも134ポンドの高評価が与えられる、一流の域に登り詰めたのである。


堂々たるジャパンカップ


そんで、彼は最後のレースジャパンカップを選んだのであった。なんとなればJRAが買って、日本で種になることが決まっていたからである。この年のJCは種としての彼のお披露会をかねていたと言っても良い。

で、彼はり切った。パドックで「みんな、見て見て!」とばかりに、

思い切りっ気を出したのである。ちなみにっ気とは要するに勃起のことである。

いや~、それはそれはな持ち物で。へぇ、アレって、あんなに長いのね。とか。あの状態で歩けるんだね。とかみんななんかニヤニヤしながら話していたものである。

悪いことに、この時の彼は外の一番手で、確か前日売りでは一番人気だった。なので、TVもその姿を詳細に映さないわけには行かなかった。つまり、そのなあれをブラブラさせた姿を全ネットで放映されてしまったのである。GⅠでっ気を出すなんてほとんどおらず、しかも人気がそんなアレになってしまうなど前代未聞の事であった。

しかし、馬券常識では「っ気を出したは消し」というのがあり(レースに集中出来ていないのだから当たり前だ)、ピルサドスキーは一気に3番人気にまで人気を落としてしまう。かわりにウホッと思った方々の支持を集めたかは定かではない。

ところがである。ピルサドスキーは直線、恐るべき切れ脚を繰り出してエアグルーヴを差し切ってしまうのである。エアグルーヴ武豊騎手は「璧なレースをしたエアグルーヴをまさか差し切るがいるとは」と愕然としていた。

まぁ、強さどころかアレの見事さまで披露して晴れて種入りしたピルサドスキー。当然、産駒に期待が集まったのであったが。

初年度に勝ち上がったが0頭という惨憺たる有様に終わり、今ではアイルランドで障用の種をやっているらしい。なんというか。頑れ。

パドックっ気を出していても消せるばかりではないという教訓を与えてくれたピルサドスキー。もっとも、その後GⅠのパドックっ気を出している人気を私は見た事がい。


ピウスツキ?


ところでこのの名前はピルサドスキーとされているが、正確にはPilsudskiという名前である。これはの名前であるPolish precedent(ポーランドの先例)からイメージしたユゼフ・ピウスツキ(ポーランドの初代元首)から取られたものであるとされている。このことはちょっとした騒動を引き起こした。

ジャパンカップにPilsudskiが出走する際、JRA側に「これなんて読むの?」と聞いた結果、「ピルサドスキー」として登録してしまった。モデルの名前からすると「ピウスツキ(あるいはピルスツキ)」と発音するのが正確であるが、単純に英語読みしてしまったせいでピルサドスキーとしてしまったのである。

例えるならこれはアメリカレースに「イトウヒロブミ」というを出走させたら、名が「Itto Hiraubumi」になっていたというレベルのことであり、下手したら国際問題になるんじゃね? という議論が巻き起こった。

でも初代元首の名前を付けたっ気出して話題になる方が国際問題になってた気もするんできっとこれでよかったんだよ


関連動画



■sm12820411[ニコ動]

 ■sm1001769[ニコ動]


関連商品


ピルサドスキーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ピルサドスキーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/07/30 17:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ