ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピンクスゥイーツ


ヨミ: ピンクスゥイーツ
掲示板をミル!
13カキコ!

『ピンクスゥイーツ』とは、株式会社CAVE2006年に発売したアーケードシューティングゲームである。

サブタイトルを含めた正式名称は、『ピンクスゥイーツ ~鋳薔薇それから~』。
キャッチコピーは、「今度の鋳薔薇エロワイイの」


概要


前作『鋳薔薇』でボスキャラとして登場したローズシスターズ役に携えた、同作の世界観を引き継ぐ続編。今作では母親テレサビッグ=バーン率いるロージー・フューチャーに狙われた事から、強制結婚阻止奪還のために戦うことになる。

矢川忍(以後、YGW)が、CAVEに移籍して2作STG。前述通り本作は2005年に発売されたSTG鋳薔薇』の続編であるが、ストーリーが後日譚であるだけでシステムや雰囲気は大きく異なる。特に世界観は重厚なスチームパンクを意識した前作に対し、本作ではパステルカラーを基調としたステージや、懐かしいブリキおもちゃを思わせるボスキャラなど、明るいムードで統一されている。前作とのギャップから、ファンの間では「YGWが壊れた!」、「いや、むしろCAVEに順応した」などと囁かれることもあった。

全7面の1周エンド。ただしプレイ開始時に特殊な操作をすることにより、難易度が上がった「HARDERモード」、2周エンドになる「EXTENDEDモード」、通常モードの6面のみで5分間のスコアを競う「SCORE ATTACKモード」を遊べる。

2011年2月24日xbox360むちむちポーク!抱き合わせカップリングで初移植された。


システム


前作が『バトルガレッガ』を踏襲していたのに対し、本作は『サマーカーニバル'92 烈火』が基になっている。いずれも、YGWがかつて携わったSTGである。

自機

自機は4種類の中から選択。決定時に押すボタンによってショットの性若干変化。さらにショットは各機体に「ワイド」と、いわゆる直線の「ラピッド」があり、プレイ中にアイテムを取ることで切り替え可。その他、移動速度も任意に変化させることができる。

各機体に搭乗するキャラクターは、『鋳薔薇』でボスキャラを務めた「ローズシスターズ」の面々(メイディとミディは二人で一組)。自機のデザインも、前作のボス機をミニチュアライズしたデザインとなっている。

特殊攻撃

ローズクラッカー
本作におけるボム。ただし回数制ではなく、チャージすることによって何回でも撃つ事が可
チャージは一定時ショットを撃たないことで行う。なお、この間は自機前方にシールドが発生し、一部の敵弾を防ぐことができる。
また自機が被弾した時は、ローズクラッカーのチャージが了した状態での再出撃となる。
本作では避けることがまず不可能弾幕が多々発生するため、このシールドおよびローズクラッカーを如何に使いこなすかが重要となる。
ローズヒップ
いわゆるオプションアイテムを取ることで自機の左右に装備される。
専用ボタンを押すことで、フォーメーションを変えることができる。

ランク

このゲームも前作同様、バトルガレッガに代表されるいわゆるランクゲーとなっているが、上記のローズクラッカーで一度に大量の弾を消した場合、それと同時にランクが著しく向上する。そのためクリアランクを抑えてプレイするには、システムであるはずのローズクラッカーを最小限に抑えなくてはいけないというシステム矛盾したプレイが要されてしまう。

また後半面に突入すると、上記の通り避けることがまず不可能ローズクラッカーを使用せざるを得ない弾幕が増えてくるため、そもそも低ランクを維持することすらわなくなってくる。このゲームは被弾時に全ての装備を失ってしまうため、後半面高ランク時に被弾してしまうとそのままずるずるとゲームオーバーになるといったがよく見られる。

余談だが、ロケテスト時は被弾して再び現れた自機のローズクラッカーのチャージが最初からという仕様だった。そのためただでさえ辛い被弾からの立て直しが、今よりもかに困難な極悪調整だったと言えよう。


ストーリー


ローズ・ガーデンの行(前作『鋳薔薇』のストーリー)」の後、特殊部隊によって捕縛されたテレサローズ彼女の身は、大西洋上に浮かぶ小島「ヘレニエム」への流刑となるのだった。

そんな彼女の姿を新聞で知り、叫ぶ男が一人。
「惚れた! この女、テレサローズが妻にする! 決めた!」
で、彼女の刑はどこまで緩く出来ると思う?
男の名は「ビッグバーン」。人々からは「アンタッチャブルモンスター」と呼ばれる、セントーレの影の実者だった。

暴な男との望まぬ結婚を迫られ、ますます失意に陥るテレサ。そんな“母親”を救うべく、彼女の“”たち「ローズシスターズ」は奪還計画を開始するのであった。


登場キャラクター


ローズガーデンの姉妹たち

メイディ=ローズミディローズグロワール・ドゥ・ミディアンド・メイディ)
 今回は二人一組での参戦。ボイスがとてもにぎやかで可らしい。
 ショットボム共にこれといった特徴がく、均的な性
 ただし、ショット火力不足が深刻であるため、破壊可弾の脅威に怯えながらゲームを進めていくハメに。

カスミローズハナカスミ
 プレイヤーキャラ化にあたり、性格が若干攻撃的になった。他メカ興味々の模様。
 高威ナパームと優秀なホーミングを備える、死い機体。
 ボムはメミディとほぼ同じ、自機の正面で炸裂するタイプ(ただしチャージがメミディよりわずかに遅い)。

シャスタ=ローズチャイルド オブ マウント・シャスタ)
 前作に輪をかけてはっちゃけている。ブォンブァ~!
 画面の端から端まで届くボムな特徴。
 ショットレーザー体のため、火力も申し分ない。
 パイロットの性格を現している機体だと言える。

レースローズフレンチレースエス
 ママ大好きな姉妹リーダー白衣眼鏡コンボを引っさげて参戦。
 貫通性のあるサンダーレーザーと、自機を中心に広範囲に広がるボムを持つ。
 4機中で最も火力が優れている機体。
 ただし、性若干クセがあるので使いこなすには慣れが必要。

 

ロージ・フューチャーの皆様

ピンクスゥイーツキャラメルピンクメープルピンク。1面ボス
 バーン様のテレサに頼み事があったらしいがその伏線が作中で消化されることは特にかった。
 ストーリーで体の不調を訴えていたので、テレサの持つ義肢技術が関係あると思われる。

ソシエ=ソア(2面ボス
 「優しいお姉さん」。
 フューチャーズ女たちの総称)のまとめ役であり、甘えてくるノヴァのお世話も務める。
 野望を胸に秘めてるとかいないとか。
 開きすぎな装が、見える見えないの議論を巻き起こした。

ハーモニー=ハミング(3面ボス
 「引っ込み思案いじめられッ子」。
 大人しく、協調性を重視するタイプ
 普段からユニと一緒にいて、彼女いじめられているがまんざらでもない模様。
 性格の割に強な攻撃が多く、初見殺しの代表格。
 彼女ボンバー攻撃は多くのプレイヤーの度肝を抜いた。

ユニ=ユリシー(4面ボス
 「自信過剰いじめッ子」。
 物事を器用にこなす、強気でイケイケな人。
 ハーモニーいじめているが、彼女おとなしさ・しおらしさに憧れを抱いている。
 4面ボスにしてはそれほど強くなく、”地味”の烙印を押されがち。
 破壊数を稼ぐときは第2形態のランダムっぷりに悩まされる。

フリージアフリーダム(5面ボス
 「爛漫お祭り」。
 歌定評のある女の子ラッタッタン・ラッタッタン♪
 好戦的な性格で、今回の戦いをとても楽しんでいるようだ。
 矢シューによくある”悪な5ボス”。
 危険な攻撃に対していつでもボムを撃てるよう備えておこう。

スーパーノヴァ(6面ボス
 「ビッグバーンの実の息子」。
 こんなかわいい子がryな男の子であり、お父さん大好きっ子。
 フューチャーズ破天荒父親をまとめあげる聡明さを持つ。
 スク水代表として同時期に稼動した某エグゼリカと覇を競っていた…かも。
 形態変化時のサンダーレーザーをどれだけ撃ち続けてくれるかでスコアに差が付く。

ビッグバーン(7面ボス
 「アンタッチャブルモンスター」。
 無敵の暴れん坊お父さん。セントーレア有数の実業で、やりたい事を何でも実現するを持つ。
 テレサと強引に結婚したものの、たちが襲来してきたため自ら相手をすることに決めた。
 ラスボスの名にふさわしく、正正銘ボムしでは回避不可能の攻撃を仕掛けてくる。
 「鋳薔薇ファンは波動ガンにニヤリとさせられた。
 運も絡むため一概には言えないものの、スクランブルエッグ中ボス、通称「7面」)の方が強いとされる。
 別にバーン様が弱いわけじゃないよ!が狂ってるんだよ!


楽曲


本作のBGMは、CAVE社内のサウンドチームが担当。いずれの曲もファンからの評価は高いが、中でも内藤那津子女史によるイメージソング「Canzone Di Amore Di Ross」(通称:IBALOVE SONG)は、聴いた人間の度肝を抜いた。
この曲により、女史ファンからの人気を確固たるものとし、以降のCAVE作品には同女史によるイメージソングがつけられるのが恒例となった。


余談


余談だがこのゲームにはとんでもないバグがあった。

1つに残機制限になるバグがある。残機が5以上になると残機が制限になる、アルカディアでも大々的に報じられた。エクステンドは厳しいものの、業務用ゲームにとってはとってはとんでもない事。店の善意で残機を増やしていたりしたら・・・しかもアルカディアスコア集計の時にこのバグを使っても良いという・・・・

2つめにチュートリアルバグる。これはまだ許せる。

3つめに6面でフリーズするバグがある。シューティングにおけるフリーズはとんでもない心の傷をシューターに負わせてしまう。

しかし2006年4月21日以降のバージョンだとバグは修正されている。


Xbox360版


移植となるXbox360版においてはオリジナルアーケードver1.0(上記の残機バグは修正されている)と微調整が行われたver1.01、そしてアレンジモードを収録している。
オプションランクスコアエクステンドに関する設定が可なので、かなり遊びやすくなっている。

アレンジモードでは、当たり判定を表示、ショットが連射と長押しで変化するお染みのシステムに変更。
ローズヒップフォーメーション変更ができなくなった代わりにローズクラッカーショットとは別のボタンに割り振られている。このため、ショット中もシールドれるようになった。
さらにローズヒップを消費して発射する波動ガンを搭載。
敵弾がローズクラッカー、波動ガンに当たると得点アイテムに変換される(そのうえ、どちらかで敵を倒すと得点倍率が上がる)ため稼ぎの方針も大きく変化している。


関連動画



■sm433111[ニコ動]

■sm497248[ニコ動]
■sm822403[ニコ動]
■sm2200751[ニコ動]
■sm6764131[ニコ動]
■sm497447[ニコ動]


関連コミュニティ


■co12117


関連項目



最終更新日: 19/04/09 09:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ