ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピンク・フロイド


ヨミ: ピンクフロイド
掲示板をミル!
46カキコ!

ピンク・フロイド(PINK FLOYD)とは、プログレッシヴ・ロックなり!

ジョジョの奇妙な冒険にて東方仗助が持つスタンドの名前になった「クレイジー・ダイヤモンド」、今から40年も昔にニートを歌った俺らのうた「TIME」、アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場テーマ曲「吹けよ、呼べよ」などが有名。


概要


1965年に結成された、英国ロックバンドメンバーは、シドバレットロジャーウォーターズ、リチャードライトニックメイスン、デヴィッドギルモアシドが病みだしてからの加入。)
初期はシドバレットを中心としたサイケデリックロックバンドで、圧倒的なカリスマ性と音楽センスを持つシドワンマンバンドのような状態であった。
今なおサイケとして知られるアルバム明けの口笛吹き」で々しくデビューを飾るも、2ndアルバム製作中にシドバレットが過度の物使用によりバンドの活動に支障をきたし始める。代役としてデヴィッドギルモアが加入するも、作曲すらままならなくなったシドバンドを脱退してしまう。

その後バンドはそれまでのいかにも即的な演奏をやめ、ハーモニーや構成を重視する方向性やオーケストラを導入したクラシックとの融合などスタイルに転向。次第にプログレッシブ・ロックバンドと認識されるようになる。アルバム「狂気」の歴史的大ヒットにより商業的にも成功をおさめ英国を代表するロックバンドとなった。
 
バンドの中でシド格化され、シドの喪失感を歌った作品が多数製作される。アルバム「炎~あなたがここにいてほしい(WISH YOU WERE HERE)」は、全編が「不在」をコンセプトとした作品となっている。

シド脱退後は2枚のソロアルバムを出すも、もはや彼は人前に出られる精状態ではなく、1972年以降全に隠遁してしまう。因みに「炎~あなたがここにいてほしい(WISH YOU WERE HERE)」のレコーディング中に突然姿を現した時はあまりの変貌ぶりにメンバーですらシドと気付かなかったほどで、気付いたロジャーショックで立ち去ってしまったらしい。 
その後のシドわるエピソードは哀れをとどめないので割愛する。

「炎~あなたがここにいてほしい」以降はロジャーの思想が強く出るようになり、バンド内の不和によりリックライト解雇されるなど混乱。各々がソロ活動をするなど、1979年の「The Wall」をに売り上げ・人気も低迷した。
1985年にはロジャーウォーターズが脱退するという形でバンド自体の瓦解を狙うも、反対したデヴィッドギルモアリーダーとして、残るメンバーはピンク・フロイドとして活動、ロジャーとは訴訟合戦にまで発展し、結局的に「The Wallの権利の一部を譲る」、「ライブでのオブジェの使用禁止」、「楽曲収入の20を支払う」という条件で和解した。

残ったギルモアメイスン、ライト(「」のレコーディングツアーのみ契約の関係上サポートメンバー)は「」、「対(TSUI)」の2枚のアルバムを発表し、1994年までピンク・フロイドとしての活動を続けた。 

ロイド脱退後ロジャーと3人はしく対立し険悪な関係は続いていたが、2002年ロジャーソロライブメイスンが飛び入り参加して和解を表するなど徐々に関係は修復されていった。 

そして2005年、遂にアフリカ貧困撲滅チャリティーライブイベントLIVE 8」で一夜限りの再結成を果たした。 この裏には「LIVE 8」の発起人であるボブゲルドフ(映画「ザ・ウォール」で主人公"ピンク"を演じた)が関わっていたと思われる。
同じ年にイギリスの「ロック殿堂」入りを果たすが、授賞式にはライトが欠席、ロジャー衛星中継で参加の為、再び4人が同じステージう事がかった。 

2006年7月7日 糖尿病の合併症により、シドバレット死去。翌年の5月10日にはシド追悼コンサートが行われ、4人全員が参加。2度の再結成になるか‥と思いきや、ロジャーショウ前半に出演したあと、翌日の演の為に帰ってしまい3人が出演した後半に登場する事く、再結成は幻となった。

2008年9月15日 リックライト死去。これにより「LIVE 8」でのライブが最初で最後の再結成となった。2011年ロジャーソロライブギルモアメイスンがゲスト参加し、2005年以来となる生存するメンバー全員が一堂に会した。

2012年ロンドン五輪では開幕式で「TIME」、「ANIMALS」をイメージした映像が使われ、火台点火のクライマックスに「ECLIPSE」が流された。同閉会式ではエド・シーランが「WISH YOU WERE HERE」をカバーし、会場上アルバムジャケの燃える男が再現された。(メンバーニックメイスンのみ参加)

■sm18479308[ニコ動]

■sm18470266[ニコ動]

■sm18608096[ニコ動]


2014年7月5日デヴィッドギルモアの妻ポリー・サムソンTwitterに新作アルバム「The Endless River」が10月リリースされることをく。その後このツイート削除されたが、7月7日公式サイト(pinkfloyd.com)で 正式に告知された。

「対(TSUI)」製作時のセッションベースとし、リックライトをフィーチャーしたインストルメンタルメインの作品である。(ヴォーカルがあるのは18曲中3曲だけ)ロジャーウォーターズは参加していない。 日本では11月12日に、ソニーミュージックより邦題「永遠(TOWA)」としてリリースされた。
本作がバンド名義としては、年齢的にも最期のアルバムになるはずである。


 セールス


1973年発表の「狂気(The Dark Side Of The Moon)」はアルバム売り上げ枚数が5000万枚えるヒットとなり(ただし集計方によりかなり数値に誤差がある)、 1973年から1988年にかけてビルボード誌チャート200に741週連続チャートインするという記録を打ちたてた。2015年4月11日週で134位に入り、通算のチャートイン週が900週を越えた。日本でもオリコンチャート2位を獲得している。

リリースアルバムの全世界における売り上げは2億枚を突破している。 


ライブ 


壮大なライブパフォーマンスも有名で、円形のスクリーンに映し出されるコンセプトムービーはひとつ定番となっている。その集大成が1994年「対(The Division Bell)」のツアーで行われたP.U.L.S.Eライブ(邦題「驚異」としてソフト化されている) である。このツアーに掛けられた費用は2億ドルといわれている。
■sm18691304[ニコ動]


アルバムジャケット


ヒプノシス(中心人物のストーム・ソーガソンはシド同級生ロジャーとも親友)によるアルバムジャケットが有名である。(関連商品参照)
ジャケットにはにアーティスト名、作品タイトルすら書かれていないが、ひとでそれと判る定番のデザインとなっている。


主な受賞暦


2011年に 『け!第14回みうらじゅん賞 』 を受賞。「狂気」と「炎」のコレクターズボックスを評価されての受賞である。

lv74937322  


ジョジョの奇妙な冒険 


ジョジョの奇妙な冒険 第4部 『ダイヤモンドは砕けない』において、主人公 東方仗助が使用するスタンドクレイジー・ダイヤモンド」は、アルバム「炎~あなたがここにいてほしい(WISH YOU WERE HERE)」に収められた、シドバレットへの想いを歌った「Shine On You Crazy Diamond」に由来する。

同じく広瀬康一スタンドエコーズ」はアルバム「おせっかい(Meddle)」に収められた2330の大作「Echoes」に由来する。


輪るピングドラム


アニメ輪るピングドラム22話の背景ビルに『PINK FLOYD「狂気」リマスター発売 』 の垂れ幕が描写されている。但し垂れ幕の上半分は見切れている。

同作中には「こどもブロイラー」と呼ばれる施設の描写があり、「ベルトコンベアーの上を"いらない子供"が運ばれてゆきその先に"透明な存在"となって消えてしまう機械がある。」という設定があるが、これは、ピンク・フロイドの映画「The Wall(ザ・ウォール)」の中で、管理教育により個性化された子供たちを表現した曲「Another Brick In The Wall(Part 2)」が流れる中、生徒達がミートチョッパー挽肉機)に飲み込まれてゆくシーンに着想を見て取れる。(関連動画参照)


関連動画



狂い輝く ダイヤモンド: その名はバレット


■sm5935747[ニコ動]
■sm5975011[ニコ動]

■sm5933773[ニコ動]
  


音源


■sm8513569[ニコ動]
■sm8513659[ニコ動]
■sm13536293[ニコ動]
■sm5031115[ニコ動]
■sm6483589[ニコ動]
■sm8351740[ニコ動]
■sm7821347[ニコ動]
■nm3389885[ニコ動]
が痒い・・・


ライブ


■sm184516[ニコ動]
■sm10347359[ニコ動]

■sm10873250[ニコ動]
■sm25543950[ニコ動]
■sm25544054[ニコ動]
■sm16782039[ニコ動]
■sm17300198[ニコ動]
■sm839788[ニコ動]
 


映画


■sm2810123[ニコ動]
2001年宇宙の旅」と「Echoes」のシンクロ
■sm18344659[ニコ動]
映画「ザ・ウォール」から「こどもブロイラー」の元ネタ
■sm1403105[ニコ動]
これをベルリン再現しちゃうロジャー


MAD/AMV


■sm844205[ニコ動]
■sm14145087[ニコ動]
■sm16820042[ニコ動]
■sm19528339[ニコ動]

■sm18034063[ニコ動]
■sm16033005[ニコ動]
■sm23790405[ニコ動]
■sm19581483[ニコ動]

■sm19334676[ニコ動]
■sm12391599[ニコ動]

■sm21818667[ニコ動]
■sm24841291[ニコ動]
■sm1619736[ニコ動]


ボカロ


■sm16008850[ニコ動]
■sm23046762[ニコ動]


関連商品



ライブ映像作品 / 映画 / ドキュメンタリー


■azB0000DJ29Q
■azB000GLKN1E
■azB00005HQBM
■azB002H16W7U
■azB017DY3R2I


オリジナル・スタジオアルバム


■azB0051C5CRI
■azB0051C5CZU
■azB0051C5CU0
■azB0051C5CXC
■azB0051C5C82
■azB00008CHEX
■azB0065MJ7RO
■azB0051C5CSC
■azB0051C5CPK
■azB0051C5CO6
■azB0056MBUZ6
■azB0051C5CL4
■azB00O2BP1RA


関連コミュニティ


■co624
■co2521611


次へ»
最終更新日: 19/07/20 00:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ