ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイト・クラブ


ヨミ: ファイトクラブ
掲示板をミル!
33カキコ!

「それまでのハリウッド映画にはらの世代が共感できるものが全くなかったと思う。ベビーブーム世代がらに貼ったレッテル、即ち無気力的・怠惰な世代という見方にはを含めにとっても違和感があった。その拠にそういうに描かれた映画も観に行こうとしなかった。」

ファイト・クラブFight Club)とは、チャック・パラニューク(“お前人生駄にしているという考えにいつも悩まされている”という言葉が有名)による小説、およびそれを原作として作られた1999年開の映画である。この記事では映画版について記載する。


僕はジャックの簡潔なあらすじです。


」は全を飛び回りながらリコール調に従事する不眠症に悩む大手自動車会社のサラリーマンである。医者睡眠薬をくれず頼みの綱の互助セミナーもマーラシンガーという厄介者の登場により効きが薄くなってしまったなか出張中の飛行機であった石鹸の行商人、タイラー・ダーデンとふとしたことで殴り合いをしてしまう。痛みの中に生きている実感を見出した二人はそれからも駐車場で定期的に殴り合いを決行する。そんなに見物人も徐々に一対一のファイトに参加し始めるようになっていく。場所を地下室に移しタイラーはこれをファイト・クラブと名付け全員に参加できるようにルールをつくり揮し始める。

ルールその1、ファイトクラブのことは決して口外するな。


僕はジャックの無駄に充実した概要です。


Cacophony Society(不協和音協会)[外部]」の元メンバーである原作者が欲しいものに囲まれていれば幸せなんだろうか?というアンチ物質義を描いた作品(監督したデヴィッド・フィンチャー自身は別にアンチ物質義者ではないと表明している)。

最初はピータージャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』など)を監督に予定していたが『さまよう魂たち』の撮中であったためNG。その次のダニー・ボイル(『トレインスポッティング』など)は途中で関心が別のプロジェクトに移り断念。3番に打診されたブライアンシンガー(『X-MEN』など)は脚本にを通しもしなかった。そして紆余曲折ありフィンチャー白羽の矢が立てられた。

当時すでに『セブン(映画)』や『ゲーム』などで高い評価を得ていたとはいえ処女作『エイリアン3』が自身の意向を視した20世紀フォックス導で作られた屈辱をフィンチャーは忘れていなかった。そのため今作は製作が始まる前にプレゼンしまくり、底的に権と予算をめた。その結果、70億円近い予算を引き出す。行き過ぎた物質世界コケにする映画のために、行き過ぎた消費社会資本主義の権化であるハリウッドの巨大スタジオから行き過ぎた予算をせしめることに成功したのだ。

タイラーを演じたブラッド・ピット映画開後しばらくは場でよくケンカを売られて大変だったらしい。

エドワードノートンは自身の出演作を見返すのが嫌いだが『ファイト・クラブ』は何度も見ているという。また嫌煙のため『ラウンダーズ』ではタバコを拒否したがこの映画では吸うなどお気に入りの様子。

北欧具でえられたマンションの部屋フィンチャーがLAに移って初めに住んだ部屋。いつも爆破したいと思っていたとか。

開当時は当初の予定ほどの行収入を得られず制作会社の重役が複数人解雇される事態となってしまったがレンタルで徐々に評判を広め世界各地で実際にファイト・クラブが結成されるほどとなった(しかしほとんどがすぐに警察沙汰となり処分されてしまった。現実世界ルールその1を守るのは難しかったようだ)。現在はインターネット・ムービー・データベースで長いこと映画史上10位に位置付けられているなど高い評価を得ている。[外部]

虐殺器官』や『ハーモニー』、『MGS4』のノベライズなどで知られる伊藤計劃氏も本作をオールタイムベストの一本にあげて絶賛している。[外部]

にはフィルムを通常の2時映画の3倍の1500缶以上使用した。そのため単位時間当たりのカットシーンが非常に多い。伊藤計劃く「史上最速の映画」。

イギリス映画雑誌エンパイアが行った最高の映画キャラクターランキングで見事タイラー一位いた。

音楽ダストブラザーズPIXIESなどが楽曲を提供この他にレディオヘッドも参加する予定だった。結局流れたのだがトム・ヨークはこの映画を観返すたびに参加すればよかったという思いになるらしい。[外部]『Where Is My Mind』はカナダのエンタメサイトで映画史上ナンバーワンのエンディング曲と認定された。[外部]

サブリミナルを20世紀FOXロゴの後ろにいれたいというフィンチャーの要流石に会社の法曹部から却下された。

小説原作とするが差違はあり結末も若干異なる。原作者はこの映画原作良版と認めている。具体的には映画では一つしか詠まれなかったが原作では所々に俳句表現が挟まれる・医を人間白人タイラーとの出会いの場・クライマックスでの互助グループメンバーなど。

フィンチャーく「全てのショットのどこかにスタバカップが映りこんでいる」。スターバックス社からは「店を滅にするのはいいがロゴは汚さないでくれ」と言われたという。2009年5月ニューヨークではこの映画に触発されたと供述している少年が現地のスターバックスと近くのベンチを破壊する事件が発生。

評論家からは内容があまりに暴力的だと批判を受けることも多くアメリカでは生放送中にネタバレを交えつつ酷評した会者もいた。ただしとある理由からこの映画はそこまで暴力的でもないという意見もある。ノートン暴力の根検証していない映画に関わったことはない」と述べている。

続編小説とそれを元にしたコミックも刊行された。

余談だが本作が公開された1999年は他にも名作・話題作が多く映画史上最高の当たり年と言われることが多い。[外部]


コーネリアス?


演:エドワードノートン
物語り手(ナレーター)。IKEAに夢中な不眠症を患うなで肩のヤッピー。虚弱。
互助グループに偽名で参加する。名前は不明。原作小説でも映画内でも本名が確定できるシーンはないが20世紀FOX公式サイトの記載名や音響監督の呼び名はジャックであり便宜上なのかただの勘違いなのか不明だがそう呼ばれることが多い。
タイラー・ダーデン
演:ブラッド・ピット
子供向けアニメポルノワンカットを挿入したりホテルポタージュに自分の排物を混入させたりする悪趣味な男。喧セックスも強い。
名前セクハラ解雇された原作者の元同僚からとっている。
マーラシンガー
演:ヘレナ・ボナム・カーター
老人への食事をくすんで食欲を満たしコインランドリーを売って生活の足しにするゴシックメイクヘビースモーカー。「」と最悪なときに出会った。
幼少期に原作者のいじめていた同級生から名前をとっている。またアメリカ内に同名の人物が一人おりこの人物とは関係であることを20世紀FOX弁護士を雇って明した。
ボブポールセン
演:ミート・ローフ
筋肉を鍛えるため競馬用のステロイドを使い、それが原因で睾丸ガンになり男性を失った元ボディビルチャンピオンの巨ホルモンバランスが狂い一部が女体化してしまっている。離婚者。消費社会に踊らされた80年代マッチョの残骸。小説での名称はビッグボブであり支部を任せてもいいと判断されるまでになっている。
エンジェルフェイス
演:ジャレッド・レト
ファキンブロンド。個を捨てたテロリスト軍団「スペースモンキー」にい段階で志願している。とある人物に一時やきもちを妬かれた。小説での名称は天使の君。
リチャードチェスラ―
演:ザックグルニエ
」の上
自社製品の欠陥を知りながら見て見ぬふりをつづけた結果多くの人が命を落とした。
原作小説においては映画よりも手に退場する。
メカニック
演:ホルト・マッキャラニー
背の高い痩せた男。原作では重用人物なのだが映画では特別な描写はされない。

前の住人はニコ厨だったらしい。



■sm17471474[ニコ動]

■sm9986696?ref=search_key_video[ニコ動]
■sm16190557[ニコ動]
■so26363596[ニコ動]
■sm2538867[ニコ動]
■sm24753343[ニコ動]


静画こそ最良の薬


■im6842316(静画)
■im5190865(静画)
■im8328487(静画)
■im7045272(静画)


我々は消費者だ。


■azB00HD05KAA
■azB00B4O3P4E


関連項目を見てみろ。それが本当の地獄だ。


(※以下は、2016年7月14日現在ではニコニコ大百科に存在しない項


最終更新日: 20/10/23 06:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ