ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジー(第1作)


ヨミ: ファイナルファンタジー
掲示板をミル!
159カキコ!

ファイナルファンタジーとは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がファミリーコンピュータ向けに1987年12月18日に発売したゲームソフトである。当初はファイファンと呼ばれたが、現在略称FF(FF1)とされている。

最後のファンタジー


概要


ファイナルファンタジーシリーズの中で、最も移植リメイクが多い。

当時、経営不振だったスクウェアが「これが最後の夢」と売り出したゲームとされているが、生みの親の一人である坂口博信氏によると「背水の陣だったのは事実だが、略称FF(エフエフ)になるなら何でも良かった。当初はファイティグファンタジーにするつもりだった。」とのこと(国際日本ゲーム研究カンファレンスの基調講演での発言[外部])。

坂口氏は元々AppleIIで「ウルティマ」や「ウィザードリィ」などのRPGを遊んでいたが、ファミリーコンピュータの性では作れないと考えていた。そんな思い込みを「ドラゴンクエスト」が打破したことに刺を受け、ファイナルファンタジーの開発がスタートした。

戦闘はドラゴンクエストシリーズと同じターン制であるが、攻撃回数と魔法の使用回数の概念が導入されたことが最大の違いである。また、4人パーティによるキャラクターメイキングを実現した(パーティ制は「ドラゴンクエストII」が先に導入)。クラスチェンジ導入も画期的であった。
また、バッテリーパックの採用によりパスワードを使わずともセーブが可となった(ちなみに、初採用はタイトーの「未来神話ジャーヴァス」であり、ドラクエシリーズが採用するのは翌年発売の「ドラゴンクエストIII」以降である)。

この第一作で、「FINAL FANTASY(メインテーマ)」、「プレリュード」、「ファンファーレ」、「戦闘」といった名曲が生み出された。

ニコニコでは、FF1[動]タグで関連動画を探すとよい。


特徴


FF1の戦闘システムドラゴンクエストよりもTRPGや『ウィザードリィ』の影が強く見られる。なお本作はファミコン版のウィザードリィと同時期に発売している。


キャラクター


ジョブクラスチェンジ前→クラスチェンジ後)
GBA版以降とFC版で別物になっているジョブがいることに注意。またFC版はクラスチェンジすると頭身が上がる。

戦士→ナイト
ほとんどの武器・防具を装備でき、が伸びやすく、攻撃回数も全ジョブナンバー1の最強の前衛。戦士を入れないと難易度が跳ね上がるし、二人以上入れると簡単になる。
クラスチェンジすると、一部を除いたレベル3までの魔法を覚えられる。
リメイク版でも特にに変動はないため、普通に使い勝手のいいジョブとなっている。

シーフ→忍者
幸運が高く、敵から逃げやすい(気がする)。だがそれ以外の利点は皆無。装備は魔術師より弱く、魔法も使えない。
クラスチェンジするとレベル4までの黒魔法を覚えられ、装備もナイトほどではないが赤魔導士より強いものが持てるようになり、何とか(慢すれば)使えるレベルになる。
リメイク版(GBA以降)では、多段ヒットにより戦士に劣らないほどのダメージ叩き出すなど、オリジナル版とは較にならないほど強化されている。

モンク→スーパーモンク
武器はごく一部のみ、防具も魔法使い系と同じで弱いなどかなり特殊なジョブであるが、その特性を掴むと大化けする。素手の攻撃レベルに対応しており、高レベルモンクの素手の攻撃最強装備のナイトも上回るため、オリジナル版では必須のキャラとされた。
オリジナル版ではクラスチェンジをすると魔法防御の成長値が低下してパワーダウンするという致命的な設定ミスがあったが、リメイク版では修正されている。ただ、リメイク版は他ジョブが大幅アップしているため、必須というほどのジョブではなくなった。

魔術士→白魔導士
おなじみ魔法の使い手。クラスチェンジをすることでレベル8までの全ての魔法を使えるようになる。

黒魔術士→黒魔導士
黒魔法の使い手。クラスチェンジをすることでレベル8までの全ての黒魔法を習得できる。
FC版のクラスチェンジ後は歴代黒魔ではしく素顔をしている。

魔術士→赤魔導士
戦士ほどではないがかなり強な武器、防具を装備でき、多くの有用な黒魔法を覚えられる万ジョブ
3以降と違い、FF1の魔は非常に強い。


移植・リメイク版


遊べるハード2000年以降増しているが、一度整理してみるとそこまでバージョンは多くないことが分かる。

どれをやればいいの?

プレイの人に選べというのも理な話である。
FF1は大きく分けて3(ないしは4)種類のバージョンが存在する
詳しい違いは他のサイトも参照してほしいが(と言ってもPSP版以降の正確な情報を載せたサイトがあまりないのだが…)、ここでも多少針を示す。

最初に発売された、ファミリーコンピュータ版のことをす。ファミコン市場末期に、IIカップリングされた「ファイナルファンタジーI・II」も発売されている。内容が(原則)同一のバーチャルコンソールでも、WiiWiiU3DS対応版が配信されている。ちなみに、「ビホルダー」の版権問題による若干の差異はあるが、それ以外はほぼ同一である。
また、マイクロキャビン移植したMSX2版も存在する。処理が全体的に重く、ディスクアクセスが多くてあまり快適に遊べるものではないが、グラフィックがやや綺麗になっており、BGMFM音源対応となっている。

2000年12月9日に発売された初のリメイク作品が、ワンダースワンカラー版である。本体同梱版も発売された。グラフィックサウンドが強化されたが、ゲームシステムそのものはオリジナル版をほぼ踏襲している。プレイステーション版はWSC版の移植ではあるが、グラフィックサウンドが更に強化されている。OPムービーも追加されたが、最大の変更編はイージーモード追加であり、後のバージョンバランス調整の元にもなっている。現在ではゲームアーカイブスPS3PSPPSV)でも遊ぶことが出来る。
また、PS版を元にしたケータイアプリ版も配信されていた。

ゲームボーイアドバンスで発売されたカップリング作品「ファイナルファンタジーI・II アドバンス」のことをす。本作品から魔法が回数制からMP制に変更され、エーテルなどのアイテムが追加されるなどゲームシステムに抜本的な変更がもたらされた。難易度が大幅に低下しているが、ラスボスなどはむしろ強化されている。また何故かザコ敵エンカウント率が非常に高くなっている。「Soul of Chaos」という追加ダンジョンも導入された。
シナリオも少し変更があり、シドの名前が出るのはこのGBA以降となる。つまりディシディアファイナルファンタジー元ネタを探したい場合、このバージョンも知る必要がある。

2007年4月19日に「ファイナルファンタジー生誕20周年企画」のひとつとしてPSP対応ソフトとして発売された。基本的にGBA版のグラフィックリファイン+さらなる追加ダンジョン「時の迷宮」導入であり、GBA系とPSP系を分けるべきかは見解が分かれるところだろうが、スマートフォン版PSP版をベースにしているため、別項とすることにした。
スマートフォン版iOS版、Android版、Windows Phone版がそれぞれ買切りソフトとして配信されている他、iOSAndroidで配信されているファイナルファンタジーポータルアプリでも遊ぶことが出来る(ただし有料)。

正直なところGBA以降は移植とは言い難いほどゲーム内容が変化している。現行ハードでもVC版やPS版が遊べることもあり、新規プレイヤーに手離しにお勧めできない状況が続いている。

3DS版はPSP版とほぼ同様の内容だが、3DSということで二画面に対応しており、たとえば戦闘画面では下画面に全てのコマンドウィンドウが集中してスッキリとしている。タッチペンによるコマンド操作にも対応している。
そして何より立体視に対応した。そのためかマップはほぼ全て3Dポリゴンとなっている。

ここで挙げた以外にも機種によってギャラリーモードがあったり計算が微妙に変わったりしている。


ピコカキコ


FINAL FANTSY
プレリュード
勝利のファンファーレ
マトーヤの洞窟
海底神殿
中ボスバトル
FF1エンディング

次へ»
最終更新日: 16/12/05 15:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ