ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジータクティクス


ヨミ: ファイナルファンタジータクティクス
掲示板をミル!
393カキコ!

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年6月20日プレイステーションソフトとして発売されたシミュレーションRPGである。略称FFTなど。 

ミレニアムコレクション、PS one Books、アルティメットヒッツとして廉価版が再発売されており、ゲームアーカイブスでの配信も行われている。

2007年にはリメイク移植版である〝ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争〟が発売されている。詳細は後述。 


概要


ファイナルファンタジーシリーズとしては雰囲気が独特であり、異色作と呼べる作りになっている。

続編としてファイナルファンタジータクティクスアドバンスファイナルファンタジータクティクスA2がある。また、同一の世界観を持つ作品としてファイナルファンタジーXIIベイグラントストーリーがある。但し、これらの作品とのストーリー上での繋がりはほとんどいと言って良い。

五十戦争と呼ばれる長い対外戦争が終結した後のイヴァリースで、獅子戦争と呼ばれる内戦とその裏で活躍した主人公ラムザの挫折と成長と活躍、及びその親友であるディリータの栄を描いた作品である。


雑記



ゲーム全般


シミュレーションRPGとしては較的易しい部類の難易度だが、ゲームシステム把握していない初心者が「FFだから」とプレイするには少々難易度が高い。計画的に自軍を育成をしないと敵を倒せず、初心者救済キャラが登場する場面までストーリーを進めるのが困難だからである。

特定ポイントで詰み易いシーンがある。特に三章終盤で主人公が一人で敵ボスと戦わなければならない場面は、主人公が敵ボスを倒せない状態で戦闘前にセーブをしてしまうと、予備のデータい場合はレベル上げが不可能となり、ほぼ確実に詰んでしまう。

ストーリー分岐などがく、最終的に悲劇的な結末を迎えてしまう後味の悪さ等、ストーリー面では賛否両論ある作品である。

本作のEDについては発売以来解釈をめぐり長らく論争が続いていたが、2014年3月に発売17年の時を経て松野氏のツイッターにより相が明かされた→https://twitter.com/YasumiMatsuno/status/446091811052724224[外部]/


ストーリー


Chapter1 持たざる者 THE MEAGER
過去回想。士官学校時代のラムザディリータは、戦争後に野盗と化した元騎士団の者たちと戦いに参加するが、様々な事件から身分の違いが浮き彫りになり、ついには決別に至る。
Chapter2 利用する者される者 THE MANIPULATOR & THE SUBSERVIENT
Chapter1から一年後、名門ベオルブの名を捨て傭兵として活動していたラムザは、オヴェリア王女を誘拐するディリータの姿を撃。様々な思惑が絡み合う中、オヴェリアの保護をドラクロワ枢機卿を頼るラムザ達であったが、その影では伝説石〝ゾディアックストーン〟を狙う者達の陰謀が進行していた。
Chapter3 偽らざる者 THE VALIANT
ついに勃発した大規模な王位継承戦争〝獅子戦争〟。その裏で暗躍する何者かと、伝説上のおとぎ話でしかなかった石の真実明らかになる。そんな中、石とルカヴィの真実を知ったラムザは、ドラクロワ枢機卿の暗殺犯として教会から〝異端者〟の烙印を押されてしまい、社会的に殺されてしまう。
Chapter4 愛にすべてを SOMEBODY TO LOVE
獅子戦争が決着の様相を見せる中、石を巡る戦いといよいよ姿を現した黒幕達との決戦が始まろうとしていた。敵に攫われたアルマを救う為、ラムザは戦い続ける。
反して、王女オヴェリア婚姻し下級身分からついに王にまで上り詰めたディリータであったが……。

ユニット



ジョブとアビリティ



戦闘



おまけ要素



主な登場人物


ラムザ・ベオルブ
主人公。名門貴族ベオルブの末。後に異端者の烙印を押され、歴史から抹消される。
ディリータ・ハイラル
ラムザ幼馴染。下層身分の出身だったが、ラムザバルバネスの計らいで共に士官学校に通う。後に英雄王として歴史に名を残す。
ダイスダーグ・ベオルブ
ラムザ違いの長ザルバッグにその地位を譲るまでは北騎士団長を勤め、それ以後はラーの軍師となっている。
ザルバッグ・ベオルブ
ラムザ違いの次現在の北騎士団長騎士称号を持つ、厳格な武人。
アルマ・ベオルブ
ラムザラムザアルマは他の達とは違いであり、特に年の近いラムザと仲が良い。献身的な性格。
バルバネス・ベオルブ
ベオルブ四兄妹父親五十戦争英雄騎士称号を持つ。物語開始前に病死している。
オヴェリア・アトカーシャ
王女として獅子戦争で本人の意思とは別に重要な役割を担い、後にディリータと結ばれる。過去に修院に居た頃はアルマと仲が良かった。
アグリアス・オークス
オヴェリア護衛の任を務める騎士聖剣技を使う事が出来る。一部のファンからはヒロインの呼びが高い。
アルガス・サダルファス
没落貴族の出身。自の再を志しており、己のんだ願望やを隠そうとしない性格。
ウィーグラフ・フォルズ
貴族組織〝骸団〟のリーダー。夢に破れた後はと権威に魅入られ殿騎士団に入る。彼とラムザ一騎打ちシーンは様々な意味で印深い。
ミルウーダ・フォルズ
ウィーグラフ実妹民出身ゆえに貴族に対する憎悪を己の言動に強く出す。
ムスタディオ・ブナンザ
機工都市出身の青年で、発掘されたを使った狙撃を得意とする。
サブイベントでは変したラムザに(間接的ではあるが)うっかりやっつけられたと言うしょーもないシーンもある。
ガフ・ガフガリオン
ダークナイト。暗を扱う。元は騎士団に所属していたが、現在傭兵団を率いる。傭兵時代はラムザの上に当たる。「○○なンだよ!」と言った独特な語尾が特徴。
シドルファス・オルランドゥ
雷神シドと恐れられるラムザバルバネスとは友人だった。聖剣エクスカリバーを振り回し、聖剣技・暗・剛全てを扱う〝全技〟のアビリティを持つ、本作のバランスブレイカーFFシリーズ最強シドとしても名高い。
オーラン・デュライ
術士でシドの養子。後に〝デュライ書〟として戦いの真実を記すが……
実は養に負けず劣らず隠れたバランスブレイカーだが、戦闘ではゲストユニットとして一度登場するのみである。
ヴォルマルフ・ティンジェル
ミュロンド・グレバドス教会殿騎士団長。教皇フューネラルによって結成された〝新生ゾディアックブレイブ〟のリーダーである。
メリアドール・ティンジェル
ミュロンド・グレバドス教会殿騎士であり、ヴォルマルフ。剛を使いこなすが、パーティーへ加入する時期、剛の性の問題等で若干影が薄い
メスドラーマ・エルムドア
五十戦争英雄の一人であり、〝子〟〝銀髪〟と称された侯爵プレイヤー達を別の意味で翻弄することになる。
歴史学者アラズラム・J・D
プレイヤーと共に、イヴァリースの隠された歴史書〝デュライ書〟を読み解いていく歴史学者。イヴァリースの現代に生きる人物であり、本作のストーリーは彼と共にプレイヤー読み解いた歴史真実である。ベイグラントストーリーにも名前が登場する。

等多数。


次へ»
最終更新日: 19/07/15 02:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ