ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジーIX


ヨミ: ファイナルファンタジーナイン
掲示板をミル!
771カキコ!

『ファイナルファンタジーIX』(FINAL FANTASY IX)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が2000年7月7日に発売したプレイステーションゲームソフトである。略称はFF9、FFIX等。

ファイナルファンタジーシリーズ本編第9作である。


概要


ファイナルファンタジーIX
ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション
発売元 スクウェア
開発元 スクウェア
(ホノルルスタジオ)
発売日 2000年7月7日
プレイ人数 1人
メディア CD4枚組
希望小売価格 7,800円(税抜)
予約特典 ビビぬいぐるみ
(コンビニ予約)
CERO A (全年齢対)
その他 <移植版>
2010年5月20日から
ゲームアーカイブスで配信
<リマスター版>
2016年2月10日から
iOS/Android版配信
2016年4月14日から
Windows版配信
2017年9月19日から
PS4版配信
2019年2月14日から
Nintendo Switch/
Xbox One版配信

シリーズ最後のプレイステーションタイトルであり、次回作のFF10以降はPS2にプラットフォームを移す。

パラサイト・イヴ』を手掛けた美術の高い海外スタッフを多く集めるためハワイホノルルスタジオを拠点とし、映画版『ファイナルファンタジー』と同時進行で開発が行われた。そちらと同様に「生と死」が物語の中心に置かれた作品であるが、こちらは王道ファンタジー世界観を採用し、鮮やかな色彩デザインを多く取り入れている。

物語テーマは「生命讃歌」。巨悪の陰謀に巻き込まれながら、その刹那で命あればいつかは抱くであろう普遍的な「生きる意味」をキャラクターが見つけ出していく物語は非常に情緒的、哲学的で今なお根強いファンが支持している。
特にその物語性を強く反映したキャラクタービビ・オルニティアは本作における裏の主人公と謳われるほど人気が高い。


制作コンセプトには「原点回帰」が掲げられており、初期ナンバリングFFハードの制約の関係上で多用できなかった3D表現を用いて再び"ハイファンタジー"路線のFF世界の実現に挑戦した作品である。
PS1の持てる表現の限界を出し切ることもし、次世代機のPS2に引けを取らない映像美を実現した。

高頭身では不自然になってしまうため非現実的でアニメ的な動き(モーション)の面さを優先しディズニー映画のように頭身が3,4頭身に引き下げられたことに加え、物語面においても随所に見られる叙情性に富んだ台詞回しが「演劇」を思わせる作りになっており、FFシリーズを連ねていく毎に離れて行った"古典演劇"への回帰が見受けられる。


また、最後の一桁代のナンバリングということでFFシリーズが備える世界観を再構築する的で身内向けすぎず退化の要因にならない程度に過去オマージュ要素が盛り込まれている。同じく、知っている人をニヤリとさせられるようにクリスタルも復活している。
・・・が、コンセプトが「原点回帰」の上に発売前の宣伝コピーが「クリスタル、再び」だったがために、そのクリスタルの登場が終盤であることや、それ故にクリスタルの存在が前提の冒険ではいこと、ジョブチェンジシステムい等の理由で、本作でのクリスタルが予想と違う扱い方をしている点について不満を持つ古参ファンが一定数現れることとなったという。(本作のクリスタル自体は設定上重要な位置付けをされており、雑ではなく寧ろプレミアムな扱いをされているのは変わりない)

発売から10周年を記念する2010年にはPlayStation Storeゲームアーカイブスにて配信が開始。
2016年2月10日からはiOS版とAndroid版、4月14日からWindows版の配信が開始された。
2017年9月19日にはPS4版が登場。2019年2月14日にはNintendo Switch版とXbox One版も登場。
2016年以降の同タイトルリマスター版となっている。

各リマスター版の特徴

いずれも定価2500円。新要素としてトロフィームービーシアター(※要クリア)が実装
ロード時間が大幅に短縮され、戦闘開始時のカメラ旋回をカットすることが可。下記の高速モードを併用するとで更に素戦闘ができる。

ブースト機が新たに加えられ、「オート戦闘モード」の他に「トランスゲージMAX」「ダメージ9999固定」「高速モード(移動速度イベント&ムービーシーンの高速化)」「エンカウントし」をポーズ画面(PAUSE)から選択できる。こちらは後で取り消しが可
また、コンフォグ画面から「アビリティマスター」「レベル魔石MAX」「ギルMAX」を選ぶことができるが、こっちは一度選ぶと取り消しができないので注意。


以下、各ハードの違い。


販売状況


しかしCM広告まで打ったにも関わらず、内・海外共に前作8よりも売り上げを落としてしまった。これは

などが原因とされている。


アルティマニアについて


上記の通り、当時本作は攻略本アルティマニア)の発売をする予定がなかったという現代においては異例の処置が下されていた。これはプロデューサー坂口氏の意向によるものである。
攻略サイト版・書籍版アルティマニアの序文に坂口氏は「攻略記事や攻略本を見ながらプレイするのではなく、自分自身でゲームを進めた時に感じる驚きや、友だちとそのゲームについて情報交換し合う楽しみを味わってほしい」という意図があったことが書かれている。
その為か、本作の内容も随所にプレイヤーの各々の想像に委ねる展開、メタファー(暗喩)がさりげなく盛り込まれており、作品を通して絵本のようなコミカルで可らしく癒される世界観とは裏に、プレイすればするほど「答え」を探し出せる作りになっている。

あのラスボス、あのキャラの消息、終盤に出てくるクリスタル・・・それぞれのものの配置、キャラクターたちの台詞意味深な役割を持っていて、プレイヤーに想像を掻き立たせている。
本作のテーマである「原点回帰」にすら多様な捉え方がある。物語クリアした後、どんなものや人が【原点】に【回帰】したのか考えるもの面いだろう。
一方、未開だった情報ゲーム攻略における隠し要素も然りで、手持ちに何も用意していままクリの人にはあまり良い印は持たれていないが・・・

また、IX以降再び初期シリーズ(の世界観)を意識したナンバリング作品は現れなかったが、DSFF3FF4を経て外伝ではあるが光の4戦士とその後継作品のブレイブリーデフォルトが初期FFにおける王道ファンタジーの復古かつ遺伝子を受け継いでいる。

何にせよ、FF9のCM中に現れる見つからないものを、見つけるために。という題は、それを丸々意味していたのかもしれない。


イントロダクション


何気ない流れの中で人は生きる。
不安を抱き、疑問を抱き、悲しみを抱きながら。

そして、人はなにかをめようとする。

彼等がそうであったように。

ジタンは自分の守るべきものを。
ビビは自分の存在を。
ガーネットは自分らしさを。

がすべてを覆い尽くすこの世界で、彼等は自分なりの「答え」を探しめた。
ある時は戦い、ある時は手をとりあうことで。

その「答え」は何だったのか。
彼等はそこに何かを見いだすことができたのか。

それは、この物語を紐解けばわかるかもしれない…

パッケージ裏面より


スタッフ



次へ»
最終更新日: 19/02/14 14:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ