ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファウンテン(ヨーヨー)


ヨミ: ファウンテン

ヨーヨーヨーヨーのトリック一覧ルーピングプレイパンチング・バッグ(ヨーヨー) > ファウンテン(ヨーヨー)
ヨーヨーヨーヨーのトリック一覧ストリングプレイトラピーズイーライ・ホップ > ファウンテン(ヨーヨー)

ファウンテン(Fountain)とは、ヨーヨートリックまたはトリックジャンルの名である。


概要


ホップ・ザ・フェンス」の形からヨーヨーの軌を上げていき、「ヴァーティカル・パンチ」につなぐトリック
または、その逆の手順で軌を下げていくトリック
転じて、ある動きを上げたり下げたりするトリック全般を「ファウンテン」と呼ぶ。

第1期ハイパーヨーヨー末期では、ダブルハンドトリックの最高峰とされ、ファウンテンが上げ下げ両方できること、さらにそれをリストクロスでできることが、上級者の標であった。
第1期終了後も一つの山場であり、3分通しでフリースタイルをしたいならば、この系統の習得は必須である。

ストリングプレイでは、に「イーライ・ホップ」に対して行われる。


バリエーション



ルーピング


スティアケース

スティアケース(Staircase)とは「階段」の意。
ホップ・ザ・フェンス」から、らせん階段を描くように後ろ向きに回って「ヴァーティカル・パンチ」へとつなぐ。

ハイパーヨーヨー時代は「スクリュー」「バリアブル」と呼ばれていた。
とても見栄えのよい技なので末期には多用され、ジャパンチャンピオンシップスクリューユーロビートばかりでつまらないと嘆かれるほどであったという。

クリオネ

アウトサイドホップ・ザ・フェンス」をそのまま後ろに上げていき、「アウトサイドヴァーティカル・パンチ」へつなぐ。

後ろ向きの「ループ・ザ・ループ」を行う必要があるというかなり難易度の高いトリック
上から下の「リバースクリオネ」もある。

サブマリン

ホップ・ザ・フェンス」を脚の間でやりながら前転し、「レイオン・ザ・バックヴァーティカル・パンチ」につなぐ。

これまた第1期ハイパーヨーヨーでは形のトリックであった。

ウーキー・ファウンテン

ラップ(ヨーヨー)

「ウーキーミルク」を上げていき、「ウーキーヴァーティカル」につなぐ。


ストリング


イーライ・ホップ・ファウンテン

考案者が石黒友也であることから、「ブラックファウンテン」とも呼ばれる。

イーライ・ホップを上げ下げするトリック第3期ハイパーヨーヨーでは、マスターレベルにこれの簡略版である「スピア・ホップ」がある。

そのまま一周すると「サーキュラー・イーライ・ホップ」。

ベルベット・イーライ・ホップ・ファウンテン

AAA技。「ベルベット・ロール」からのイーライ・ホップを上げ下げする。


オフストリング


ライジング・ボヨンボヨン

ホリゾンタルボヨンボヨン」を上に上げていき、「ヴァーティカル・ボヨンボヨン」につなぐ。


関連動画



関連商品



関連項目



最終更新日: 17/04/18 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ