ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファミリーコンピュータ


ヨミ: ファミリーコンピュータ
掲示板をミル!
275カキコ!

ファミリーコンピュータとは、1983年任天堂が発売した家庭用ゲーム機。略称FCファミコン

マリオブラザーズ(ゼビウスと差し替えました)

概要

[画像を見る]

1983年7月15日発売。当時は低性だが安価カセットビジョンエポック社)が最も普及しており、他には海外製のゲーム機をローカライズした高級機(当時は1ドル230円くらいである)が流通していた。それらにべて高スペックでありながら、14800円という低価格で人気を集めた。

その結果、“ファミコンブーム”と呼ばれるような爆発的な大ヒットを飛ばした。その人気日本のみならず、85~86年に発売された海外ファミコンNESNintendo Entertainment System)」により、世界規模の社会にまで発展した。

このように1980年代に一時代を築き、任天堂世界玩具メーカーに押し上げた伝説家庭用ゲーム機である。世界ビデオゲーム歴史る上で、絶対に欠かすことのできない存在となっている。

本体にカセットを差し込むことにより、遊ぶゲームを入れ替えることができる。接触が悪いときはカセットに息をフーッと吹きかけたりするのがお約束だった(この行為について任天堂は「錆びるからやめて!」と呼びかけている)。

CPUには6502(正確にはリコー社開発の互換CPU)が採用された。Z80流だった日本ではマイナーだが、米国ではAppleコモドール64に採用されたメジャーCPUである。
同時期に発売されたセガSC-3000/SG-1000Z80)の半分のクロック数だが、6502の方が同一クロック数では高速なため、ファミコンの方が低性というわけではない。

コントローラーが標準で2つ付いており、最初から2人同時対戦することができる。コントローラー2にはマイクが付属している代わりに、スタートボタンセレクトボタンく、これらの機を使うことはできない。
コントローラは本体と直結しており、故障したときは任天堂に送って修理してもらわなければならなかった。
ただ、ボタンの下のゴムが切れた程度なら自分で直すことも出来た。このゴムは、修理部品としてゲームショップの多くで取り扱われていた。

本体前面に拡端子があり、ここにキーボードジョイスティックを接続することが出来た。連射機を付け、本体のコントローラとほぼ同(やや大きい)のジョイカードハドソン)は大ヒット商品となった。

本体の色は製造コスト削減のため、一番安かったプラスチックを選んだ結果こうなった」とられることが多いが、ファミコンの開発に携わった任天堂の上村雅之氏によると「社長が好きな色にしたかっただけで、単純に社長命令だった」[外部]そうである。プラスチックの本体にしたのは「コストが安いスチール製の試作品が脆かったため」ともられており、ファミコンの特徴的な本体を単純にコスト削減の賜物だと言い切るのは不正確かもしれない。

なおその知名度から時折勘違いされることもあるが、ファミリーコンピュータが任天堂初のゲーム機というわけではなく、これ以前にも複数機種が発売されている(本記事下部の「関連項目」を参照)。

世代交代後の展開

1990年11月21日任天堂からファミコンの次世代機「スーパーファミコン」が発売された。だがその後も、さすがに年間発売タイトル数を減らしてはいったものの、ファミコンソフト1994年まで供給され続けた。最後の新作ソフト946月24日発売の「高橋名人の冒険IV」だった。

[画像を見る]

1993年にはAV(オーディオビジュアル仕様ファミコンが発売された。正式な名称は「AV仕様ファミリーコンピュータ」だが、一般には「AVファミコン」「ニューファミコン」と呼ばれることが多い。

ディスクシステムなどの周辺機器も従来通り可だが、名前の通りAVケーブルへの接続が可になっている(ただし、S端子ケーブル等には対応しておらず、それらの端子からは信号が出ない。また、RF端子への接続には専用のプラグが必要)。

さらに、イジェクトバーがなくなったり、カバーの蓋がバネ式になったり、コントローラーが接続になっている(これによって1コン2コンのコントローラーの区別がなくなり、刺す場所で判断されるようになった)。

コントローラーの形状もSFCのように丸みを帯びたつくりに変わっている。2コンマイクは削除されたが、セレクトボタンや2コンの十字キー↓とAボタン同時押しでマイクに音を入したのと同じ判定になるソフトはせいぜい「マイクに音が入っているか否か」くらいしか判定していないので、マイクを利用した裏技なども再現である。

世代がスーパーファミコンに移って以降もファミコン本体は長く生産されていたが、半導体の性の向上、技術の進歩などからファミコンの生産継続が難しくなり、任天堂2003年スーパーファミコンと共に生産を終了。ファンに惜しまれつつ20年の歴史に幕を下ろした。晩年は受注生産ながら少量を製造していたようである。

生産終了後もユーザーからは実機でファミコンプレイしたいという需要があり、非ライセンス商品ではあるが様々なメーカーからファミコンの互換機が出されている。 → 詳しくはファミコン互換機へ。

なお、21世紀に入り、個人用のパソコンが向上し、プログラミング環境較的容易に構築できるようになってくると、かつてのユーザーや元開発者などが新作のファミコンソフトを開発し、いくつかは実際に販売やフリーソフトとして配布されているものもある。

2007年の「Mr.SPLASH」はその嚆矢となった作品で、これは二人用のため一人ではプレイ出来ないが、13年ぶりの新作ソフトとして大いに話題となった。本作は漫画家ピョコタンドットを変更したピョコタンUNKOバージョンなる非売品も存在する。少数ながらカートリッジ版も限定発売された。

2010年にはHigh Level Challenge ![外部]というホームページシューティングゲームBLADE BUSTER」を無料開。こちらもファミコン実機で実際に動く事を想定して制作されている。なお、同ページは「ソーサリアン」「ダライアス」のファミコン移植も試みていたようだが、続報は今のところい。

2012年には Little Limit[外部] というサークルが「河童ニットリちゃん」というソフト無料開。ファミコン全盛期を思わせる裏技付きのソフトである。なお同サイトは翌年に フランソワさんのよもぎ畑[外部]製作した「MegaAri」の移植版も開している。

2013年には、漫画家RIKIによる「キラキラスターナイト」が発表。ファミコンの性フルに使ったその完成度は話題となり、3年後の2016年にはアッパーバージョンのDXが発売された。このキラキラスターナイトDXは久々カートリッジでも発売され、漫画家真島ヒロなども実際に購入したほど話題になった。後にふじみ野市ふるさと納税の返礼品の特別版も制作された。RIKIは、スターナイトに続く新作として、「アストロ忍者マン」を2020年に頒布予定としているが、新型コロナウイルスによる各種イベントの中止で先行きは不明。

2017年には、意外にもそれまで一度も移植版が発売されていなかった平安京エイリアンパワーアップ版である「NEO 平安京エイリアン」がコロンバスサークルより発売。コロンバスサークルはさらに2018年海外の新作NESゲームのローカライズ版にあたる「バトルキッド 危険な」を、2019年ファミコン初のリズムゲームである「8ビット リズムランド」というソフトリリースしている。コロンバスサークルの新作は全てROMカートリッジとして発売されており、現時点でデータ形式での発売予定はい。

これとは別に2019年2月9日には漫画家むっくが「ぽるんちゃんのおにぎり大好き」というアクションゲームを発表。先行してROMカートリッジ版が発売され、約半年後にパソコンエミュレーターで動作可ダウンロード版が発売された。むっくはさらに新作ソフトの開発を表明しており、「もじゃりんピッコ2020」「ちょうみりょうぱーてぃー」の2本が2020年発売を標に開発中と予告されている。

2019年11月29日にはIMPACT SOFTの「HARADIUS ZERO」が発売。元々同作はMSX向けに作者が発売していたもので、ファミコン向けのリメイク作品となる。カートリッジのみの発売で、実機ないし互換機での動作のみの対応となっており、レトロフリークパソコンでの動作は不可となっている。

2016年には30タイトルを内蔵した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売されることになった(後述)。

また一部のソフトバーチャルコンソールとして任天堂の現行機種でダウンロード購入できる。

なお、地上デジタル化に伴い現行販売のほぼ全てのテレビではアナログチャンネル削除されており、RF接続のみの初代ファミコン地デジ化前発売のテレビでないと使用不可能な状態である。更にRCA端子削除されているテレビも出てきてるため、AV仕様ファミコンHDMI変換するなどの工夫が必要になってきている。

ファミコンのロット

ファミコンコントローラーにあるABボタンは通常プラスチック製の丸いボタンだが、『スーパーマリオブラザーズ』が出る前の初期は四ゴムボタンコントローラーを同梱した本体が流通していた。さらに前のロットはそれに加え、コントローラの線が灰色だった。

この四ボタンは連打に弱く、ボタンが取れたり埋もれてしまったりと、壊れやすかった。このファミコン修理に出せば、丸ボタンコントローラになって戻ってきていた。

このように、ファミコンでも製造ロットによって微妙に違いがある。その違いは以下の表のとおり。

ロット
※0

※1
製造番号
※2
ボタン 底面
音量
前面
シール
FF
マーク
ガード
※3
遭遇率
初期の初期 つる 中? なし なし なし 奇跡
初期 ?~06 H300万台 /丸
※5
つる
※5
なし なし なし 低い
中期 07 H********
※4
ざら 小/中
※7
あり なし/あり
※8
なし 高い
後期 GPM-01・02 HV*******
HC*******
ざら あり あり あり 高い
※6

※0 適当につけた区別です。あしからず。
※1 HVC-CPU-以降の番号のみ記載。
※2 コントローラと本体を結ぶ線の事。
※3 カセット差込口の周りをガードしている金属の事。
※4 製造番号がカンストしているものもある(H0002203等)。それ以降は8桁になっている。
※5 HVC-CPU-06では、H3000000辺りから丸ボタン・底面ざらざらしているロットもある。
※6 HV*******の遭遇率は低い。
※7 H7000000辺りから拡若干大きめになっている。基の色も、深黄緑からになっている。
※8 H15000000辺りのけっこう新しいロットではFFマークが付いている。

※色が濃くなっている項は、修理に出すと変化する可性が高い項

ロットHVC-CPU-GPM-*のものは、底面から見える基面積が広い。また、AV改造の際に部品が抵抗のみで済む(それ以外は信号増幅のためにトランジスタが必要)。

店によっては、複数のファミコンから部品を組み合わせて売っているところもあり、その場合は製造番号と基などがかみ合わないことがある。たとえば、とあるレゲーショップでは、製造番号が300万台で基が後期HVC-CPU-GPM-02)だったり、FFマーク付きなのに基が初期HVC-CPU-05)だったりと、けっこうバラバラになっている。

よくあること


次へ»
最終更新日: 20/03/29 22:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ