ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファンタジア


ヨミ: ファンタジア
掲示板をミル!
16カキコ!

ファンタジア(fantasia)とは、

  1. ファンタジーfantasy)のイタリア語
  2. 幻想曲 - クラシック音楽ジャンル
  3. ファンタジア - ディズニー映画。詳細は下述参照。
  4. テイルズオブファンタジア - テイルズオブシリーズの第1作
  5. 富士見ファンタジア文庫 - KADOKAWA(富士見書房)のライトノベルレーベル
  6. ネクロファンタジア - 東方Projectの楽曲
  7. ゆかりんファンタジア - 6のアレンジ
  8. pop'n musicの楽曲 - Fantasia(BEMANI)
  9. pop'n music20サブタイトル
  10. スタジオ・ファンタジア - かつて存在した日本アニメ制作会社
  11. きららファンタジア - まんがタイムきらら系列のキャラクターを使用したスマートフォン向けRPG

本項では、3.に該当するディズニー映画「ファンタジア」と、その続編「ファンタジア2000」について解説する。


ファンタジア


1940年に開された、ディズニー3作の長編アニメーション映画クラシック音楽演奏アニメーション融合させた、ディズニー歴史名作の一つに数えられる。製作ウォルト・ディズニー演奏フィラルフィ管弦楽団揮:レオポルド・ストコフスキー

当初は、ミッキーマウス主人公の「魔法使いの弟子」だけを短編映画として製作する予定だったが、制作中に構想が広がり、最終的に全8曲・上映時間2時間にも及ぶ超大作となった。あまりにも新すぎる発想が観客から受け入れにくかったことや、当時映画館で上映できるだけの環境が十分に整っていなかったことから、行的には芳しくなかった。しかし、後年になって再評価されるようになり、日本でもVHSが普及するまでは何度も開されている。現在では映像音楽コラボレーションした作品は当たり前のように作られているが、今から70年以上前(しかも第二次世界大戦中)にこのような作品を生み出した、ディズニーの本気が伺い知れる。

現在日本で発売されているDVDは、ウォルト・ディズニー・カンパニー公式版やシャフトパブリックドメイン版などがあるが、曲の解説や後述の休憩カットされている。2011年4月には、ファンタジアとファンタジア2000の二枚組として、初のブルーレイが発売予定。

ちなみに、上記のカットされた部分は今後何らかのソフトに収録される可性もあるが、恐らく今後一切映像ソフト化されないであろうカットシーンもある。それは「田園」の楽曲の一部で、「人のカリカチュアのような見たの小さなケンタウロスが、他のケンタウロスの小間使いとして働いている」というシーン映画上映時には存在したが、人種差別的であるため後に削除されている。


ファンタジアの楽曲一覧


トッカータとフーガニ短調ヨハン・ゼバスティアン・バッハ管弦楽編曲レオポルド・ストコフスキー
前半のトッカータでは、揮者のストコフスキー演奏者の影絵が、後半のフーガでは楽器演奏イメージしたさらに抽的な絵となって、様々な色彩に変化する。曲の重厚さと相まって、や暗めの色が多く使われている。ストコフスキー映画製作される前から、この曲をオーケストラ編曲していたが、映画ではさらに細かなアレンジを加えており、他の曲でも大胆な変更が多数なされている。
バレエ組曲くるみ割り人形ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
一部の曲を削除・変更しており、「金平糖の踊り」「中国の踊り」「の踊り」「アラビアの踊り」「トレパーク」「花のワルツ」の曲順で演奏される。ティンカー・ベルの原とも言える妖精や、セクシーエロティックな金魚が踊り出す。特に、中国の踊りをコミカルに踊るマッシュルーム人気
魔法使いの弟子ポール・デュカス
該当記事を参照。演奏後は、ミッキーマウスストコフスキー夢の共演を果たす。
バレエ音楽春の祭典イーゴリ・ストラヴィンスキー
当時の学術に基づき、地球誕生から恐竜絶滅までを描く(そのため、ジャイアント・インパクトがなかったり、恐竜は高温による植物の枯渇で絶滅したと解釈している)。作品自体、初演当時賛否両論を巻き起こした難解かつ恐怖や不安を煽るような曲調であるため、後述の「禿山の一夜」などと共にディズニートラウマとして挙げられる。ファンタジア2000と合わせて、作曲者が健在だった一の曲でもあり、全く違う解釈や曲順の大幅な変更をストラヴィンスキー本人は不満だったらしい。東京ディズニーランドアトラクションウエスタンリバー鉄道」終盤に見られる太古の世界モデルでもある。
交響曲第6番「田園ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ギリシャ神話々やペガサスケンタウロスらが登場する、オリンポス山の一日を描く。「春の祭典」とは打って変わり、曲も穏やかでいかにもディズニーらしい柔らかみのある作画が特徴。時間の関係上大きくカットされているが、第1楽章から第5楽章まで通して演奏される。
オペラ「ラ・ジョコンダ」より「時の踊り」(アミルカレ・ポンキエッリ)
ダチョウカバゾウのバレリーナや、ワニダンサー達がコミカルな踊りを繰り広げる、ギャグ満載だがよく考えればかなりシュールな作品。特に後半、ワニリーダーカバのバレリーナに惚れてしまった辺りからは腹筋崩壊の連続である。ダチョウカバのバレリーナは、時々東京ディズニーランドショーやパレードに登場する。
禿山の一夜モデスト・ムソルグスキー編曲レオポルド・ストコフスキー
原曲イメージにとても忠実だが、魔王チェルノボグと彼の闇の冥界から呼び集められた死霊や魔物が見せるおぞましい饗宴は、スティーブン・スピルバーグ監督が幼少期に見た時に恐ろしさで泣き出したという程、ディズニートラウマとして名高い。チェルノボグは、ディズニーヴィランズとして東京ディズニーランドショーにもよく登場する他、「キングダムハーツ」でもファンタジアの魔人として、ソラ達の前に立ちはだかる。なお、編曲リムスキー=コルサコフ版が有名であるが、本作品はストコフスキー版を用いている。
歌曲「アヴェ・マリアフランツ・ペーター・シューベルト管弦楽編曲レオポルド・ストコフスキー
禿山の一夜から、演奏が続いたままこの曲に繋がっていく。陽の教会の鐘で弱ったチェルノボグ達が眠りに就き、の中を進みながら巡礼する修士の行列が耐えることなく続き、木々をくぐり抜けた彼らの先に待っていたのは、々しいまでに美しい明けと日の出であった。恐らく子供の観客にとっては退屈かもしれないが、大人になって初めて描写の素らしさがわかると思われる感動的なフィナーレで、ファンタジアは幕を閉じる。

この他にも、映像演奏ともに完成されていながら、時間の関係でカットされた楽曲として、クロード・アシル・ドビュッシー想曲「月の光」(ベルガマスク組曲より)がある。こちらは、別の曲を入れ直して1946年の長編アニメーション映画メイクマインミュージック」に挿入されたが、後にオリジナルを入れたバージョンが、一部のDVDではファンタジアの特典映像として収録されている。

また、日本で発売されているDVDではカットされた映像として、春の祭典田園交響曲の間にサウンドトラックの紹介映像がある。この映像化されたサウンドトラックは、縦に細長い棒のような形をしているが、楽器演奏されるとそれぞれの楽器に応じて様々な形や色に変幻自在の活躍を見せる。東京ディズニーランドでも、かつてファンタジーランドにあったアトラクションミッキーマウス・レビュー」(現在は「ミッキーのフィルハーマジック」にリニューアル)のプレビューに登場しており、そちらの記憶が強い人も多いのではないだろうか?


ファンタジア2000


2000年開された、60年ぶりになるファンタジアの続編(正確には1999年12月ニューヨークプレミアで先行上映)。製作揮:ロイエドワードディズニー演奏シカゴ交響楽団揮:ジェームズ・レヴァイン(魔法使いの弟子のみ、「ファンタジア」と同じ)。

ウォルト・ディズニーは生前、十数年ごとに曲を少しずつ入れ替えて新しいファンタジアを作る構想を練っていたが、実現には至らなかった。それから半世紀以上経ち、ウォルトの甥、ロイエドワードディズニーウォルトアニメーション製作マネジメント面で支えたロイオリヴァーディズニー息子)が中心となり、新たなるファンタジアを創りだした。

通常のスクリーンの10倍近いIMAXシアター(建物に直すと約4階建て分)限定の上映だったため、日本でも実際に映画館で鑑賞した人は少なかったと思われる。テレビ画面ではなく、IMAXの桁外れに巨大な映像で見ないと本作の価はわからないというもあり、一般的な知名度の低さも合わせて、まさにもっと評価されるべき隠れたディズニー名作である。前作にべて上映時間は75分と大幅に短くなっている。


ファンタジア2000の楽曲一覧



次へ»
最終更新日: 19/06/18 12:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ