ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フェストゥム


ヨミ: フェストゥム
掲示板をミル!
352カキコ!

「あなたは、そこにいますか・・・?」

 フェストゥムとは、オリジナルアニメーション作品『蒼穹のファフナーシリーズに登場する、知性をもつケイ素生命体群の総称である。

※以下、ネタバレ含むため未見は閲覧注意
(配慮の必要大な部分は反転済)

概要

 フェストゥムは、外宇宙からやってきた光子結晶体「ミール」から生み出される知的生命体である。大部分がケイ素(Si)で構成されており、シリコン生命体とも称される。その色の姿は、の当たりにした者を魅入らせる美しいきを放つ。

 個の概念をもたない群体であり、全体でひとつの存在である。人類に対して同化か消滅を迫り、宇宙のすべてをに帰す事で最終的により高い次元へ移行させようとしている。 ミールと共有する情報や意思に従って命を実行しているが、征虐殺などの悪意はなく、彼らにとってこれらの行動のすべては「祝福」である。(「フェストゥム」という名称は、ラテン語で「祝祭」を意味する)

 人間の思考を読む読心を有するほか、曲であらゆる攻撃を効化し、レーダー類も通用しないため、通常兵器はほとんど効果がい。さらにダメージを受けても再生し、「コアペルソナ、結晶核)」と呼ばれる中核を(複数もつ場合すべてを)破壊しなければ倒す事が出来ない。

 そのため人類は、核兵器などによる飽和攻撃を除けば有視界攻撃で対抗せざるを得なくなり、接近戦用兵器の開発が余儀なくされた。(→ファフナー

 人類との長きに渡る戦争の中、人間の思考と概念の数々を学び影を受けてきたことで、「いなくなる」ことだけを的として個を持たなかった彼らの内部にも様々な変化が生まれている。

あなたはそこにいますか?

 フェストゥムが人類への問いかけに用いる言葉。この問いを発する種は基本的に「スフィンクス」に分類される。

 これに肯定を示すと、理解して取り込むために「同化」を行い、否定すれば存在をに帰すために「殲滅」せんと攻撃を仕掛けてくるが、人類にとってはどちらもほぼ変わりない敵対行為である。(言わば、「あなたを消していいですか?」という質問 に、<はい>か<YES>でお答えください、と言われているようなもの)

 彼らがこの言葉を使うのは、かつて人類の外宇宙機からこのメッセージ読み取ったことで地球人の存在を知ったから。遠く離れた宇宙から地球へ投げかけられたこの質問に人類が返答したことで、それまでの世界は終わり、全てが始まった。

同化

 フェストゥムが他のすべての存在を理解する手段であり、より高次な宇宙への移行という的を達成するための行動。文字通り、対を同一化してしまう行為であり、 取り込んだ存在の情報を吸収する事が出来る。

 同化された人間の存在は消滅し「いなくなる」が、不全に中枢神経等のみを同化された場合、人の姿を保ちつつも自が失われた脳死に近い状態に陥る(「半同化」)。

 また、同化によって得た情報は「ミール」に集積され管理される。地球に飛来したミールの中には、以前に彼らと接触した異生命の情報なども蓄えられている。なお、作中では明確な描写はないが、フェストゥムの中には一定以上同化すると飽和・崩壊してしまう個体がいる。

ワーム・スフィアー現象

 作中でフェストゥムの攻撃手段として多々使用される、黒色の球体を生む現

 曲回転体(間の球状のねじれ)の発生で起こり、これに触れた物質はゼロ次元へ向かって捩じ切られる。威には使用する個体や状況でばらつきがあり、対全消滅させてしまうものもあれば、捻じ曲げる、損傷を与える程度のものなど様々。撃破されたフェストゥムは、消滅時に反撃としてこれを発生することが多い。自身に発生させ移動手段とする場合もある。

 ノートゥング・モデルなどのファフナーは、ストーリーシリーズの進展に伴って対フェストゥム機構の良が進み、この攻撃への耐性も大幅に向上した。

 フェストゥムのタイプや個体によって、楔(ワームウェッジ)、、丸カッター等、攻撃を強化した変を攻撃に用いることが確認されている。

ミール

 ミールとは、個の概念を持たない群体であるフェストゥムの思考中枢であり、各個体から送られる情報を集積し管理しているサーバーのようなものである。フェストゥムのコアはミールから生み出される。ミールという存在自体はフェストゥムではなく、彼らと共生関係にある。

 本来、光子結晶体であるミールは、知識を限に吸収して記憶し続けるだけの高密度情報集積体だが、稀に収集した情報に反応して行動を起こし、周囲の環境・生態系に影を与える。また、その在り方を万物に変化させることも可

 TVシリーズ第一期『蒼穹のファフナー』の開始時点では、地球上に3つ存在するミールのうち、2つが活動している。

北極ミール〈ポラリス〉の欠片たち

 「EXODUS本編開始時点(2151年)に至るまで、人類とフェストゥムとの戦いは複雑に化しながら続いている。それぞれのミールに連なる群れは人間への敵対に限らない独自のを選択しており、 フェストゥムやミールと交信・対話する突然変異的に獲得した新人類エスペラントの出現もあって、単純な対立図式でなくなりつつある。(※以下は暫定的に大別したまとめ)

  • 敵対のミール
     人類軍の差別コロニー掃討戦を受けたこともあり、人類に憎しみを抱いて戦い続けている群れ。依然として大部分を占めていると思われるが、その内情は様々。同化せずに殺戮を繰り広げる群れもあれば、エスペラントを通じた対話で敵意きことを示せば衝突を回避できるケースもある。だが北極圏に近いほど憎しみが強く、争いの避けられない群れが多くなる傾向がある様子。
    • アザゼルフェストゥム
      人類への強い敵意をもって変化を遂げたミールの欠片。数メートル級のフェストゥムとして自ら行動し、それぞれの群れを率いている。人類軍は地球上で全6体の活動を確認しており、互い同士でも敵対しているとされる。
  • 共生のミール
     様々な理由により、竜宮ミールのように人類との共生、ないし争いを避けるを選択した存在たち。これらの成長した欠片たちの中には、土着し植物と似通った生態に変化しているものも見られる。
  • 空母ボレアリオスのミール
     劇場版「HAE」に登場。来主操が所属するミール。人類軍の航空母艦を同化しており、アルヴィスを模倣した防衛機構や擬装を有する。生命を理解する途中で人類軍による核攻撃を受け、痛みと苦しみの恐怖が拡大するのを止めるため、竜宮へ使者を送るが……。[その拡大を止める方法は、竜宮関係な他の群れを取り込み、人類軍や攻撃的なフェストゥムなどを武で排除しようと言う物。だが第二次蒼穹作戦における日野美羽(を介した竜宮ミール)との対話を経て、新しく「誕生」することを受け入れ去っていった。]

その他のミール

タイプ分類


次へ»
最終更新日: 18/04/11 19:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ