ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フォムト・バーガー


ヨミ: フォムトバーガー
掲示板をミル!
24カキコ!

フォムト・バーガーとは、宇宙戦艦ヤマト2199におけるガミラス軍人で、初代ヤマトバーガーのリメイクキャラである。
担当声優は初代は阪脩2199では諏訪部順一である。 


初代における概要


サファイア戦線に配備されていた第二空母(三段空母)の隊長で、急降下爆撃隊を揮する。ゲットー、クロイツにべると若干若い士官で左に傷がある。
間物質移送器による転送ヤマトに奇襲、多数の対艦ミサイルを命中させ上部構造物を廃墟に等しい有様に追い込む活躍をみせるが、ドリルミサイルの逆転による誘爆で、他の三段空母戦闘空母ともども、あっけない戦死を遂げる。


2199における概要


2199では最初からドメル直属の部下であり、第6間機甲師団第7駆逐戦隊指揮官、階級は少佐
初代と異なり艦上機指揮官が本職ではなく、宙戦隊指揮官が本業で、メルトリア巡洋戦艦を旗艦とした巡洋艦駆逐艦隊による高機動戦術のエキスパート

年齢は地球人相当で27歳と、ドメル直属の指揮官の中では最年少である。血気盛んで、度々ハイデルンに諌められてもいる。容貌は初代の特徴を継承しつつも、より若々しい顔立ちとなっており、言動も基本的に好戦的である。に不足はなく、今後はもう少し落ち着きのある成長が期待されるが…


劇中での活躍(TVシリーズ)


マゼラン外縁部でのガトランティス先遣艦隊との戦闘では、自らの駆逐戦隊による突撃で混乱する敵艦隊の7割を殲滅する活躍を見せている。その後第6間機甲師団は総統の命により銀河方面に派遣されヤマト討伐の任務に就く。

中性子カレル167域においてヤマトドメル直率の本隊とともに挟撃。撃沈寸前まで追い詰める。がデスラー総統の暗殺事件が発生し、ドメル総統暗殺の疑惑がかかりバーガーを含む幕僚たちも戦闘を中止し本召還される。

その後、本当の首謀者であったヘルム・ゼーリッククーデターの失敗により、一応はドメルの暗殺嫌疑が晴れバーガーもドメル幕僚団の一員に復帰する。
新たな任務はマゼランに到達したヤマトの撃沈であるが、旗艦「ドメラーズ」を除けば増援は寄せ集めの三段空母、老朽艦の戦闘空母計4隻のみであり、乗員も老兵と若年兵のみ惨憺たるものであった。
なお、艦隊の閲兵の際、総統の密命を実行する二等ガミラス人のザルツ人が率いる442特殊部隊に対し「信用できるものか」と愚痴り彼らと険悪な雰囲気になってしまう。

七色団での決戦では、バーガーは空母「ランベア」のスヌーカ艦上爆撃機隊の指揮官として出撃。ゲットー率いる戦闘機隊がヤマト航空隊を牽制する中、間物質移送器でヤマト直上に編隊57機ごと展開。
相当数が対火やコスモゼロにより撃墜されるが、多数の命中弾を与え、ヤマト第一や第一副コスモレーダー間測距儀などを使用不能に追い込む。この際、スツーカモチーフサイレンの音は必聴である。

この攻撃は総統の密命を帯びたザルツ人特殊部隊ヤマト潜入を成功させるため、ヤマトを削ぐ攻撃でもあった。加えて第三艦橋に付随する波動コンバーターも破壊、これにより波動防を機不全にさえ追い込んだ。

総統の密命、ならびに特殊削岩弾による波動砲封じ込めに成功したが、ヤマト側の抵抗もしくバーガーの戦友だったゲットー、クロイツェが戦死、特殊削岩弾も起爆装置がヤマト乗組員により解体されてしまった。

ドメルは「ドメラーズ」及び航宙戦闘母艦「ダロルド」による直接撃戦を決心し、帰還したバーガーが乗艦する「ランベア」を含む三段空母(多層航宙母艦)を率い、単縦ヤマトに接近する。これがドメルにとって最大の誤算であった。

ドメル艦隊とヤマトとの撃戦が始まる中、ヤマト側の工作により特殊削岩弾は波動砲口から排除されてしまう。そして排除された削岩弾は攻撃を仕掛けるドメル艦隊に向かっていく。すべては沖田艦長が仕掛けただったのだ。
生き残ったショックカノンを用いた精密射撃で、特殊削岩弾を戦闘空母「ダロルド」至近距離で起爆。この削岩弾の爆発で「ダロルド」と回避しきれなかった三段空母「シュデルグ」が沈した。バーガーの乗艦する「ランベア」は辛うじて回避に成功したがドメル艦隊は大混乱に陥った。

混乱の中、仲間を討つべバーガーは艦長に再出撃を示するも、そこへヤマト撃が殺到。ショックカノン2発の命中により「ランベア」は大破。バーガーは 「こんな結末、認められるかォ!と絶叫しつつ、どこぞの水没王子を彷彿とさせながら母艦とともに荒れ狂うイオン乱流のに沈んでいった。 


「星巡る方舟」


イスカンダルから地球への帰路を描く全新作映画星巡る方舟」にてまさかの登場。宣伝用ポスターにもガミラスキーパーソンキャラとして描かれている。

被弾しイオン乱流に沈んだ三段空母「ランベア」であったが辛くも脱出に成功し、また戦闘中盤にコスモゼロに撃墜されたガルント爆撃機を回収して7色団からの離脱に成功した。しかしながら艦長が戦死しバーガーが最上級の指揮官(艦長代理)となっていた。
地球ガミラスの休戦協定が結ばれバーガーの乗艦する「ランベア」にも帰還命が出されたが、ドメルや戦友たちのをうつために命視しヤマトへの復讐を果たそうとする。

映画では彼の過去が明かされることとなった。若いころのバーガーは現在のような粗暴さはない優秀な兵士であった。しかしガトランティスとの戦闘で同じ艦に乗っていたメリア・リッケをの前で失って以降、現在のような性格になってしまったと老兵ヴァンス・バーレンの口からられている。(左の傷もその時についたものである。)

(ここからネタバレ反転
しかし「ランベア」に停戦命をだしたガミラス軍の戦闘空母ミランガル」率いる第8警務艦隊はバーガーの戦友であり、かつての人の親だったネレディア・リッケ中佐揮する艦隊であった。バーガーは、疲弊しきった「ランベア」の状況を知りつつも戦死した戦友たちのを討ちたい心情をネレディアに訴え、あくまでも命視して抗戦する構えであった。しかしその途中でバーガーはある「歌」をにする・・・

合流した宙域で第8警務艦隊と「ランベア」はバーガーに聞こえた歌の直後、の異間と静謐の惑星に囚われてしまう。調のため惑星に降下したバーガー、部下のクリム・メルヒ、老兵ヴァンス・バーレン、そしてネレディアだったがそこにあったホテルに監禁されてしまった。そんな最中おなじく惑星に降下しおなじく囚われの身となったヤマトクルーと出くわす。幻覚によりお互いに素性が分からない中で、ヤマトクルーザルツ人と誤解したバーガー達はヤマトクル―達と共にホテルから脱出するための奇妙な共同生活を送ることになる。

すべてのが解決しホテルから脱出した直後、このヤマトを追ってきたガトランティスの艦隊による攻撃が開始される。ランベアに残された老兵と若年兵たち、そしてネレディアをガミラスに帰還させるためバーガーは戦闘空母ミランガル」と第8警務艦隊を率いてヤマトとの共同戦線をる・・・


余談


映画でのバーガーの起用はシリーズ中盤できまったことであり、そのため明確な戦死シーンは描かれなかった。七色団の戦いのアフレコ終了後、担当していた諏訪部順一バーガーが死んでないこととまた出番があることを出渕総監督から伝えられていたがTVシリーズとしての出演は最後だったため、再登場まで1年以上待たされる結果になった。

起用された理由はドメルの部下たちの中では一番キャラクターして立っていて物語を作りやすいとのことであり、オーディオコメンタリーではスタッフから「ガミラス側の古代進」としての立ち位置だとられている。そのせいもあってが映画では古代進との交流、信頼関係が深く描かれている。


関連動画



■sm21001807[ニコ動]

■sm21131440[ニコ動]
■sm21889733[ニコ動]
■1412928906[ニコ動]


関連商品


■azB00C6QIZ4Y
■azB00GNNG2OQ
■azB00J4G4M9G
■az4800001935


関連コミュニティ


フォムト・バーガーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/06/13 12:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ