ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フォークランド紛争


ヨミ: フォークランドフンソウ
掲示板をミル!
40カキコ!

フォークランド紛争とは、1982年に起きたイギリスアルゼンチン戦争である。

なお戦争ではなく紛争と称しているのは英語の「Falklands Conflict」を訳したため。

アルゼンチン側では「マルビナス戦争(Malvinas Islands War/Malvinas War/Guerra de las Malvinas)」と呼ばれている。

概要

詳しい事情や戦闘、戦線の推移などはWikipediaなど他の詳細に譲るとして概略を述べる。

もともとフォークランド諸島イギリスフランスの間で領有を争っていてフランススペインに売却、さらにアルゼンチンスペインから独立の際にスペインから継承したと称して領土争いがあったが1833年以降はイギリスの実効支配が続いていた。

そこに軍事クーデター後、経済難に陥り反政府運動化したアルゼンチン民の不満をそらすため領有権を持ちだしたのである。いちおう、戦争に至ってしまう前にはイギリス側からも条件付きの権委譲案は出されていた。しかし条件が「統治イギリスアルゼンチン」というあまり変わらない内容でイギリス入植民からも反対され、首相マーガレット・サッチャー民による選択を絶対条件にしたため委譲案はポシャる。加えてアルゼンチン条件の権委譲をしていたため行線にしかならなかった。

結果として、イギリス勝利してフォークランド諸島を奪還し、敗戦により面を失ったアルゼンチン軍事政権は崩壊した。

戦争

アルゼンチンは、フォークランド諸島とは別に領土争いがあったサウスジョージアを占領。続けてフォークランド諸島へ乗り込み、要である東フォークランド首都スタンレーを占領した。

しかし、イギリスを侮ったアルゼンチンイギリスに猛反撃を受けることになる。

アルゼンチンは期待していたアメリカ支援も断られ、反共政権なのにソ連にすがりつこうとするも失敗。

イギリスは軽空母インビンシブルやVTOL戦闘機ハリアー原子力潜水艦コンカラー特殊部隊SASなど陸軍を派遣

多大な犠牲を払いながらもサウスジョージアともども再占領し、戦争は終結となった。

戦後・現在

アルゼンチン軍事政権のトップだったレオポルド・ガルチェリが大統領を辞任。敗戦で反軍感情が高まったことで軍政から民政にあっさりと移管される。軍隊はその影を大幅に削がれ、80年代には15万人以上あった軍が20年の間に7万人に削られた(2007年には10万人以上に回復)。

戦勝となったイギリスでは、不人気扱いだったサッチャーの支持率が急回復し、二等民扱いだったフォークランド住民も本土からよりよい立場を与えられるようになった。加えて、領土防衛のためこれまでの防衛体制が刷新され、アメリカから買ったF-4戦闘機ファントムII)を中心とした軍が配備されるようになった。

ちなみにその後、両1990年交を回復させたものの、フォークランド諸島に関してはいまだに互いに自領有のを続けており、全に善したわけではない。フォークランド紛争の後に軍政から民政に移管したアルゼンチンだが、イギリスに対する反感は消えておらず、現在でも自に領有権があるとしてを続けている。

のちにフォークランド諸島海底油田の存在が確認されたが、2010年イギリスが油田開発を始めたことで、アルゼンチン側が反発し両関係は一気に冷え込んだ。また、2013年にはフォークランドでの住民投票が実施され、投票者の99.8%イギリスにとどまることを望んだとする結果が出た。アルゼンチンは反発している。今回の投票に参加したのは住民3000人のうち約1600人で『投票者のうちの99%』である(そもそも、イギリス民ばかりが入植していてアルゼンチン側の人間はいないのだから、イギリス寄りの結果しか出てこないのは当たり前なのだが)

2013年に債務不履行デフォルト)に陥ったアルゼンチンだが、近年は中国からの投資が増えている。また、中国側からアルゼンチンを支持する事が伝えられ、アルゼンチン感謝の意を伝えている。

ポイント

■西側同士による戦争
第二次大戦後、これまではロシアら東側諸(共産圏)との戦いに重を置いてきた西側諸だったが、今回の戦争は史上初の西側営の国家同士、しかも現代準の装備同士による戦いであった。これは政治的にも資料的にも価値が高いものとなっている。
アルゼンチンイギリスともに経済関係があり、どちらもアメリカフランスベルギーなど西側営の兵器を購入していた。両軍の購入した装備・兵器は実戦経験がないものばかりだったが、今回の戦争においてそれらが実際に使われたことにより有効性と問題点が確認され、その後の軍事技術に影を及ぼした。
フランスでは、アルゼンチン軍が使用した艦上機(シュペルエタンダール)や対艦ミサイル(エグゾセ)のもたらした戦果は、そのままフランス兵器産業の宣伝につながった。ただし、アルゼンチン軍のエグゾセはイギリス軍をことごとく苦しめる戦果をあげていたため、ブチ切れたサッチャーイギリス側がエグゾセを売った元フランスに対して断交もちらつかせていたことが、後に開された当時の外交電で明らかになった。 → 「英仏、断交寸前だった」でGoogle検索 ※記事が消えているため[外部]
大口径での狙撃
アルゼンチン側の戦闘方法の一つに、ブローニングM2重機関銃にスコープを載せて遠距離から狙撃するというものがあった。12.7mmの大口径弾による長距離射撃は非常に効果が大きく、射程が足りない武器しか持っていなかったイギリス軍はこれに苦しめられ、ブローニングM2の設置場所を陥落させるのに、非常に高価な対戦車ミサイルを使わなければならなかった。
この戦果を受けて、大口径弾による狙撃が見直されるようになり、「対戦車ライフル」のコンセプトは人や物を狙い撃つ「対物」へとシフトしていき、バレットM82をはじめとする携帯性の高い大口ライフルが開発されることとなった。
レーザー兵器
この戦争ではレーザー兵器が使われたことでも有名である。イギリス側の艦船の一部に搭載されており、アルゼンチン戦闘機に向けて照射することで、相手を失明させたり視覚障を起こさせ狙いをつけにくくさせるという効果をもたらした。
……が、このレーザー兵器、相手を失明させる危険性の部分が「非人的すぎる」ということで非人兵器として扱われ、『失明をもたらすレーザー兵器に関する議定書』(1995年)で禁止されてしまった。そのため、このフォークランド紛争レーザー兵器の最初にして最後の活躍場所となってしまった。
潜水艦
この紛争では、潜水艦に関する2つの記録が残された。
1つは論、イギリス海軍原子力潜水艦「コンカラー」の戦果である。5月2日アルゼンチン軍の巡洋艦「ヘネラル・ベルグラーノ」を撃沈し、原子力潜水艦初の(表向きの)実戦における戦果を挙げる。この戦果は現在までに原子力潜水艦が実戦で戦闘艦を撃沈した一の事例となっている。
もう一方の役はアルゼンチン軍が運用した潜水艦サン・ルイス」である。この「サン・ルイス」は1972年アルゼンチン西ドイツから購入した209潜水艦、すなわちUボートであり、第2次世界大戦後では一実戦投入されたUボートである。
戦果はかったものの、イギリス空母機動部隊をたびたび襲撃しており、その度に護衛艦は対潜行動を余儀なくされた他、空母の損失を恐れたイギリス海軍は機動部隊をフォークランド諸島から離れた位置に留め置いた。結局、イギリス海軍は「サン・ルイス」を撃沈する事ができず、大戦から40年近く経ってもUボートが強敵であることを思い知る事となる。
ブラックバック作戦
フォークランド諸島爆撃の為に実行された、英国面満載の作戦自重しろイギリス
フォークランド諸島周辺の制権を確保出来なかったイギリス軍は、大爆撃機でポート・スタンリー空港への爆撃を行う事になったが、当時、一保有していた大爆撃機アブロ・ヴァルカンを運用できる空港は、フォークランド諸島から6000km余りも離れていたアセンションしかなく、ヴァルカンの航続距離(約4500km)では到達すら出来なかった。
そこでヴィクター空中給油機で支援を行う事になったが、ヴィクターの航続距離ヴァルカンより更に短い為に、空中給油機で空中給油機に給油しながら支援させるという訳の解らない作戦となった。B-52なら、給油しで往復してもお釣りがくるんだがなぁ・・・
作戦は合計7回実行され、ヴァルカン2機の支援にヴィクターは11機も投入された。

空母の在り方への影響

この紛争においてインヴィンシブル級空母1番艦インヴィンシブルが投入されたが、これが後の空母業界に大きな影を与えている。

V/STOL艦載機の有用性を
インヴィンシブルの艦載機として投入されたのがハリアーである。その絶対数は少なく、万全な活躍をしたとは言い難いものの、艦隊防などに大きな役割を果たした。これにより、小な船体でも運用できるV/STOL機の運用にが開けたといえる。
スキージャンプの有効性を
インヴィンシブルの艦首に備えられたスキージャンプ坦な甲して積載量にして2030もの増加が見込め、さらに発艦作業がや波に影されづらくなるという利点を示して見せた。これによりカタパルトが技術的、あるいはコスト的に導入できないでもより効果的に艦載機を運用できるようになった。
■小艦(軽空母)での艦載機運用の有用性
これは上記2つの利点によるものとなる。それまではジェット戦闘機を艦載運用するとなると、巨大で技術もコストも必要な正規空母を運用するか、積載量の大幅減少にをつぶりV/STOL機の垂直離着陸に頼るかしかなかった。しかし、軽空母の利点が明らかになったことにより、正規空母よりも小な船体でありながら、ある程度の積載量を確保しつつ航空機が運用できるようになった。

関連動画


■sm4309805[ニコ動]

■sm4310513[ニコ動]

関連商品

■azB008J0OLLM

関連コミュニティ

■co1088

関連リンク

関連項目


最終更新日: 16/04/07 12:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社