ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フクシマ


ヨミ: フクシマ
掲示板をミル!
65カキコ!

フクシマとは、福島県、特に東京電力福島第一原発事故被害を受けた土地や地域をすが、「実在福島からかけ離れた、架の土地をしているようだ」と揶揄される意味で用いられる表現である。

※ 当記事では説明のためにこのカタカナ表記を使用するが、この表記を広め定着させることや、この表記を用いる人を糾弾することが、当記事の旨ではないことをご理解頂ければと思う。


概要


福島カタカナ書きで「フクシマ」と記述することは、原発事故放射線汚染による被害と結び付ける意味合いで使われるようになった。これは行政区分の「広島市」「長崎市」と、原子爆弾により何十万人もの市民が犠牲となった「ヒロシマ」「ナガサキ」の違いに類似する。このため、積極的に反原発を訴える人や健康被害を心配視する人によく使われ、政府文書にも使われたこともあった。

が、現在では放射脳と呼ばれるような過反原発論者による、科学的根拠に基づかない福島の姿を示す言葉となっている。


偏見とレッテルとしての「フクシマ」


だが震災後数年が経ち、この言葉はある種のレッテルとして機し始めている。最初は、チェルノブイリなどで見られた健康被害を念頭においた予想だったかもしれない。しかし、次々と奇形児が産まれている、原因不明病気が流行している、有名人が亡くなれば「フクシマ」産の食べ物を食べたからだ、観光したからだと結びつける……。笑い話で済めばいいかもしれないが、この「フクシマ」を信じ、日SNSしている人は存在する。たとえ善意正義感から来ていたとしても、死んでもいない子供の「葬式デモ」なんて起こされた日には、開いた口が塞がらない。

このようなを行う人達を一般的に放射脳と呼ぶ。詳細は放射脳の項で確認してほしい。たとえ正義感や善意のためとは言え、自らに不都合なデータは一切受け入れず、都合がいいデータは吟味せず拡散するのが彼らのやり方。学者や有名人でさえも、同様のを行う人達は後を絶たない。

つまりのところ、彼ら放射脳にとっての「理想的な福島の姿」が「フクシマ」。その理想像の中では、福島は最悪の土地であり、それを隠す安倍内閣東電は悪の枢軸である。原発に有利な意見を出す人間工作員だとして疑わない。フクシマに住む人達は騙されている、あるいは、汚染されているから避けるべき、だとも。

そもそも、「フクシマ」とは具体的にどこをすのかさえ曖昧だ。福島県全体か、浜通り福島市を含む較的線量の高い地域か、それとも帰宅困難区域か。福島県は広く、南関東1都3県に匹敵する面積を持つ。

曖昧な定義に恐れや理解、憶測やデマが重なって、「フクシマ」という言葉は穢れステレオタイプ徴として機し、現実福島を苦しませている。

批判するな、問題視するな、ということではない。ただ、レッテルの貼り合いや物事の単純化は、問題の本質を見失わさせ、小化させる。を引く言葉や過パフォーマンスをしなくても、に自信や正しさを感じているのなら、優しく丁寧に発信すべきではないだろうか?


福島を「フクシマ」にしないために


「『フクシマ』を使ってるやつは酷いだ、許せない」としたいのではない。しかし、この表記を使う人は、少なくとも現状に問題や不安を感じていて、自分や家族、友人やする人を放射能から守りたい、なんとかしたいと考えているはずだ。でも、あえて「フクシマ」と呼ばなくても、放射能の危険性を訴え、安全をめることはできるのだ。どこにもない「フクシマ」を拒むことなく、福島東北、そして日本の将来を考えることができるはずだ。

もちろん、この表記をなくしたところで放射能がなくなるわけじゃない。けれども、一度「フクシマ」ではなく、190万人の普通の人々が住む、現実福島のことを想像してみてほしい。見たり聞いたり、できたら訪れたり食べ物を食べたりしてみてほしい。そうしたならば、「フクシマは危険だ、も食べ物もベクれてる」なんて、軽々しく言えなくなるはずだから。あど、できたら酪王カフェオレ飲んでみなんしょ。コンビニアキバにも売ってっし、うんめぇから。

与えられた情報を正しく吟味することもとても大事です。ネットが言ったか分からないような情報を盲信するのはもってのほか。発言者が学者や政治家だったとしても、その人達がどんな根拠、とくに論文をベース議論してるかも重要です。科学世界で一番参考になるのは、結局のところ論文ですからね(論文の内容を恣意的解釈したり、書いてないことを捏造する人たちもいるので気をつけてほしいですが…)。


関連動画



■sm17345518[ニコ動]

■sm27639274[ニコ動]


関連商品


■az478161311X
■az426508110X


関連項目



最終更新日: 18/02/11 13:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ