ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フグ田マスオ


ヨミ: フグタマスオ
掲示板をミル!
37カキコ!

フグ田マスオとは、サザエさんの登場人物の一人。声優近石真介(~1978年9月)、増岡弘1978年10月~)。


概要


主人公サザエさん旦那さんである。
大阪府出身。だが関西弁は一切喋らない。早稲田大学卒業。物が柔らかく、滅多なことでは怒らない優しい性格である(「心配性」「気弱」「八方美人」「ヘタレ」などとも言える)。たまに婿養子の代名詞として言われることもあるが、同居しているだけで婿養子ではない(「フグ田」はマスオの苗字)。

妻と同様にわりと変わり者であり、献血ハシゴする変な趣味や、お中元の包みを開けずに音で中身を当てたり、ホットケーキをひっくり返すと同時にバク宙する特技を持つ。サザエのことを本気で「魅的な女性」だと思っており、夫婦仲は至って良好。

フグ磯野と一緒に住む事になったのは、
マスオがサザエと借時代、に訪れたカツオ達に焼きを作ろうとしたが、燃やす木の枝やが足りず、
断で借の敷地内のにしようとしてノコギリで切っているところをに見つかった上、
その後、サザエ手が付けられないほど大暴れした勢いでを殴ってしまい追い出されたからであり、
マスオもサザエ自業自得だと言える。
肝心のさんは優しい人なのだが、「『追い出す』ですって・・・」とサザエが泣きながら波平に相談し、大家の元へ訪れるが被害に遭っているのはさんだったと事情を知った波平は二人をに住まわせることとなった。

マスオさん名言集には「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!」等がある。
また、図らずも悲鳴や驚いたがマスオさんのに近い人も居たり居なかったりする。


各キャラクターとの関係



家族用語としての「マスオさん」


婿養子でもないのに、妻の実家で生活を営む男性マスオさんと表現することがある。は当然にフグ田マスオから。戦前までの環境では一般的ではなかったが、住宅事情の変遷(本作でのマスオも戦後の住宅事情が大きい)や価値観の変化により80年代以降はしい家族形態ではなくなっている。特に、バブル経済による地価高騰以降は急増したと言われ、マスオさん現と言う言葉も生まれた。

一般に不動産は妻側の親が握り、死後も妻が相続することになるため女性優位の庭となり、DV虐待などの家庭内暴力が起きにくいとされる。

いしいひさいち漫画「ののちゃん」(となりのやまだ君)でも、山田たかしがマスオさんである。ただし、屋自体はたかしが建てたものであり、土地についてもたびたび義山野しげに「そろそろ…(譲ってくれ)」と切り出すことがある。

また、高木ブーするあまり、結婚の条件として結婚相手にマスオさんとなることを挙げており、実際に夫婦と同居している。


関連動画


この回のサザエさんはぶっ飛んでいた!全自動タマゴ割機(zoome)[外部]


■sm3635852[ニコ動]

■sm4537918[ニコ動]
■sm2292159[ニコ動]


関連静画


■im1670647(静画)
■im1692420(静画)


関連項目



最終更新日: 17/01/20 01:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ