ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フランシスコ・ザビエル


ヨミ: フランシスコザビエル
掲示板をミル!
7カキコ!

フランシスコ・ザビエル1506 ~ 1552)とは、カトリックの宣教師である。


概要


日本に初めてキリスト教を伝えた人物として非常に有名であり、また本格的に名前の登場する初の西洋人。与えた影は多岐に渡り、日本歴史の上でも重要な人物といえるだろう。

と同時に特徴的すぎるあの髪型は全の小中学生に多大なるインパクトを与え続けている。


生涯


スペイン生まれ、と説明されることが多いが正確にはナバラ現在スペインバスク地方)に生まれた。ザビエル(ハビエル)を有する貴族の生まれだったが、1515年に南ナバラカスティーリャ王スペイン)に征されてしまう。

その後パリ大学へと進み、そこで同じナバラ出身のイグナチオ・デ・ロヨラと出会った。彼の影ザビエル職者を志すようになる。やがてロヨラを中心とした7人のメンバー(もちろんザビエルも含まれる)が1534年に『イエズス会』を結成した。1537年、祭に叙階される。

当時のヨーロッパ宗教改革が吹き荒れており、そんな中でイエズス会はカトリック教会を建て直し、プロテスタントに対抗していく役割がめられていた。彼らは高等教育の充実や、非キリスト教地域への布教などを行う事でそれを成そうとしていた。そうした世界戦略を担ったのがザビエルだった。

1541年にポルトガルを出発し、翌年にインドゴア(当時はポルトガル植民地)に到着した。その後はゴアを拠点としつつ、東のマラッカやモルッカにも渡って熱心に布教を行った。そんな中、1547年にマラッカで出会ったのが日本人ジローだった。

ジロー薩摩大隅の人だったが、人を殺してしまい、たまたま来ていたポルトガル船に匿ってもらい逃げてきたという人物だった。その罪を悔いめるためにザビエルが紹介され、ヤジロー日本人として(確認できている限りは)初のキリスト教徒になった。

ジローの話や人柄から日本興味をもったザビエルは、1549年に来日した。初めは薩摩の坊に上陸、その後島津貴久と面会し、薩摩での布教許可を得る。1550年には戸、続いて山口へと上陸。しかし山口ではガチホモ大内義隆の怒りを買ってしまった(キリスト教では男色は禁止)。

1551年、ついに京都へと到着したが、長き戦乱の世で疲弊しきっていた朝廷や幕府に未知の宗教を相手にする余裕はなかったようで、全く成果を上げられなかった。仕方なく山口へと戻り、再び大内義隆と面会する。この時は様々なしい献上品(特に眼鏡はこの時初めて日本に持ち込まれたといわれる)に義は大喜びし、布教許可した。(なお大寧寺の変で義死亡するのは約半年後の話)

山口での熱心な布教活動は成功し、ここで後のレンソ了斎と出会っている。ロレンソは盲目で、法師として生計を立てていたが、キリスト教の教えに感化されて洗礼を受け、後に多くの宣教師切支丹を助ける事になる。

続いて豊後に渡り、大友義鎮(宗)の下で布教を行った(が、これがきっかけで大友中は揉める)。この後、いったん拠点であるゴアへと戻る事となり、その際に日本人学生4人を同行させることにした。この中の一人・鹿児島のベルナルド日本人として初めてヨーロッパへと渡り、教皇との謁見も果たした。

1552年、東洋文化圏への安定的な布教のためには中国(明)での布教が必要だと考えたザビエルは再び立った。だが明への入はなかなか許されず、やがてザビエルは病に倒れ、中国布教の夢をえられないまま死去した。享年46。

1619年、列福。1622年、列

なおザビエルと共に来日したコスメ・デ・トーレス神父は、ザビエルの離日後も日本に留まり、ロレンソ了斎らと共に布教活動を続け、1570年に天草で死去した。


人物


で熱意にあふれ、かつ柔軟な思考を持った人物といえる。日本の雰囲気は非常に気に入っており、著書の中で高く評価している。

ザビエル布教姿勢は較的穏健なもので、ルイス・フロイスグネッキ・ソルディ・オルガンティノといった後の宣教師たちもそれに続いた。特にトーレス神父は「適応義」を掲げて、ヨーロッパ流にとらわれず、自分たちが現地(日本)のやり方に合わせ、受け入れられることをした。

だが後にフランシスコ・カブラルが日本人を見下した行動をとったり、イエズス会以外の宣教師立ちすぎる活動や益重視の行動を取るようになると、豊臣政権や江戸幕府からキリスト教は危険視され、弾圧が進むようになっていく。

ちなみにあの特徴的なヘアスタイルは「トンスラ」と呼ばれる。剃っているのであって、ハゲではない。


関連項目



最終更新日: 17/09/30 18:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社