ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フランス語


ヨミ: フランスゴ
掲示板をミル!
123カキコ!

フランス語とは、西欧のひとつである。

概要

フランス語

総話者数 4億1000万人(第二公用語含む)
話者数の順位 5-6(第二公用語含む)
系統 インド・ヨーロッパ語族
 イタリック
 ロマンス
通用地域 ヨーロッパカナダ(ケベック州)、アフリカ西部太平洋インド洋の一部地域など
欧州における公用語採用 フランス共和国
[画像を見る] スイス連邦
[画像を見る] ベルギー王国
[画像を見る] ルクセンブルク大公国
[画像を見る]モナコ公国
[画像を見る]欧州連合
コード
ISO 639-1 fr

ラテン語から分化したロマンス群の言で、フランスを中心に、西ヨーロッパカナダのケベック州、アフリカアジア嶼の一部などで話されている。

初めてのフランス語


発音 prononciation


語尾の子音字は(大部分は)読まれない」など、慣れるまでは一見した字面から発音が想像しにくい。しかし例外は英語よりも少なく、規則をなんとなく覚えてしまえば、それが当たり前になる。

アルファベ alphabet

A a
B b
C c
D d
E e
F f
エフ
G g
ジェ
H h
アシ
I i
J j
ジィ
K k
L l
エル
M m
エム
N n
エヌ
O o
P p
Q q
キュ
R r
エール
S s
エス
T t
U u
V v
ヴェ
W w
ドゥブルヴェ
X x
イクス
Y y
イグレック
Z z
ゼッドゥ

英語べ、GとJの読み方が逆なので注意。

ドゥブルヴェの「ヴェ」とはvのこと。ドゥブルは英語で言うダブルの意。よって解釈は「vふたつ」となる。
ちなみに英語ダブリューはダブルユー。uふたつである。 

イグレックは「イ・グレック("i" grec)」で、「ギリシャ語のi(アイ)」の意。ギリシャ語由来の単でのΥ(ユプシロン)に対応する。

発音の法則 loi

音字
発音
a, à, â [a]/[ɑ] pas(パ), là(ラ), pâte(パート)
e [-] samedi(サムディ)
[ə] petit(プティ)
[ɛ]/[e] avec(アヴェク), merci(メルスィ)
è, é, ê [ɛ]/[e] très(トレ), été(エテ), être(エートル)
i, î, y ※1 [i] ici(イスィ), île(イル), stylo(スティロ)
o, ô [ɔ]/[o] homme(オム), tôt(トー)
u, û [y] début(デビュ), sûr(スュール)
ai, ei [ɛ] maison(メゾン), neige(ネージュ)
œu, eu [œ]※2/[ø] fleur(フルール), bleu(ブルー)
au, eau [o] sauce(ソース), beau(ボ)
ou [u] nous(ヌ), vous(ヴ)
oi [wa] toi(トワ), trois(トロワ)

※1…iは音の前では半音の[j]の発音になる
※2…カタカナで表現するなら「ウ」と「ア」の中間くらいの音である


子音字
発音
※1 [b] beau(ボ), bleu(ブルー)
[p] absent(アプサン)
c ※2 [k] café(カフェ), copie(コピ), cuisine(キュイズィーヌ)
[s] merci(メルスィ), concert(コンセール), cycle(スィクル)
ç ça(サ), français(フランセ)
d [d] deux(ドゥ), début(デビュ)
f [f] fleur(フルール), buffet(ビュフェ)
g ※3 [ɡ] garçon(ガルソン), guide(ギッド)
[ʒ] manger(マンジェ), gilet(ジレ), gymnase(ジムナーズ)
h [-] homme(オム), hôtel(オテル)
j [ʒ] Japon(ジャポン)
l ※4 [l] il(イル), elle(エル)
m [m] moi(モワ), musique(ミュズィク)
n [n] non(ノン), nous(ヌ)
p [p] pain(パン), partir(パルティール)
q, qu [k] cinq(サンク), qui(キ)
r [r] rouge(ルージュ), bonjour(ボンジュール)
s ※5 [z] poison(ポワゾン), maison(メゾン)
[s] salut(サリュ)
ss poisson(ポワソン), aussi(オスィ)
t ※6 [t] tu(テュ), tout(トゥ)
[s] information(アンフォルマスィヨン)
v [v] vous(ヴ), voiture(ヴォワテュール)
x [ks]/[gz] expliquer(エクスプリケ), exemple(エグザンプル)
[s]/[z] soixante(ソワサント), deuxième(ドゥズィエム)
z [z] onze(オンズ)
ch [ʃ] chanson(シャンソン), chapeau(シャポー)
ph [f] photo(フォト)
th [t] thé(テ), thon(トン)
gn [ɲ] montagne(モンターニュ), signe(スィーニュ)

※1…通常は[b]の発音になるが、c, s, tなどの前に来たときは[p]の発音になる
※2…通常は[k]の発音になるが、e, i, yなどの前に来たときは[s]の発音になる
※3…通常は[g]の発音になるが、e, i, yなどの前に来たときは[ʒ]の発音になる。またguの2文字で[g]の発音になる
※4…il, illといった形になっているときは半音を含む特殊な発音になることがある。詳細は下記
※5…通常は[s]の発音になるが、音字に挟まれているときは濁って[z]の発音になることが多い
※6…通常は[t]の発音になるが、iの前では[s]の発音になることがある。
    また、本来[t]で発音すべき場所でも、iやuの前では[tʃ](チ、チュに近い音)で発音される場合がある。但し個人差がある


音字+n, m
発音
an, am, en, em ~] France(フランス), ensemble(アンサンブル)
in, im, yn, ym
ain, aim, ein, ei
~] vin(ヴァン), demain(ドゥマン)
on, om ~] non(ノン), nombre(ノーンブル)
un, um ~] un(アン), parfum(パルファン)
ien [ jɛ~] bien(ビヤン), science(スィヤンス)
oin [ wɛ~] loin(ロワン), point(ポワン)

H(アシュ)は発音しない
例えば、Hokkaidoはオカイドーと発音し、またHenriはアンリと発音する。
この「Hを読まない」という文化は、他のヨーロッパロマンス)にも見られる傾向である。
末の子音字も読まない
例えばParisパリMonetはモネ、alphabetアルファベである。
稀に、Café au lait を「カフェ・オゥ・レイト」と読む人がいるが、これはれっきとした誤読
馬鹿がバレるので通ぶってはならない。
逆に、例えばtousはトゥスと読むなど、単末の子音もちゃんと読むという例外もある。
一般に、c, r, f, l の4つは末であっても発音することが多い。「c」a「r」e「f」u「l」の子音字は発音する、と覚えよう。 
Y(イグレック)は
英語のY(ワイ)と違い、フランス語のY(イグレック)は音字である。
例えば単royalは、英語だと「ロイヤル」だが、フランス語だと「ロワイヤル」と発音する。
Y(イグレック)は発音上Iがふたつ重なったのと同じような扱いになるので、フランス語において“royal”は“roiial”と言うのと同じ発音になる。更に複合音の法則によりoiは「ワ」と、iaは「イヤ」と発音するため、royal → roiial → roi+ial →「ロワ」+「イヤル」という発音になるのだ。 
il, illのようなりのときは特殊な発音になることがある
例を挙げると、soleil(ソレイユ), fille(フィーユ), famille(ファミーユ), travailler(トラヴァイエ)など。フランス語らしさを演出する最たる要素のひとつであろう。
例外もあり、たとえば人称代名詞のilはそのまま「イル」と読む。 

ダイアクリティカルマーク signe diacritique

上の一覧を見て、「ˆ」や「`」など、英語では使われない記号がついている文字の存在に気が付いただろうか。これらは発音や同音異義を識別するために付されるもので、以下のような種類がある。

ちなみに面倒だからといってこれらの記号省略すると、まったく別の意味になってしまうことがあるので、面倒がらずちゃんと記号も書きましょう(ただし、大文字につくアクサン記号省略しても良い)。

連音・連読・母音字省略 liaison, enchaînement, élision

前述の通り、フランス語では末にある子音字は発音しないことが多い。しかし、すぐ後ろに音から始まる単が置かれた場合、その音と発音が連結して、末の子音字を発音することがある。これを「リエゾン(liaison)」という。

後ろの単音と発音が結合するのは、発音しない子音字だけではない。発音する子音字も同様に、後ろの単音と発音が連結することがある。この場合は「アンシェヌマン(enchaînement)」という。

なお、je, me, te, ne, le, ce などの後に音で始まるが来ると、連結すると同時に音字が省略されてj', m', t', n', l', c' のようになる。これを「エリズィヨン(élision)」という。


簡単な単語・成句集 les vocabulaires et les expressions simples


私は:je(ジュ)

君は:tu(テュ)

彼/彼女は:il/elle(イル/エル)

私たちは:nous(ヌ)

あなたは/君たちは:vous(ヴ)

彼ら/彼女らは:ils/elles(イル/エル)

英語でいうitにあたる単もil・elleが兼ねる。フランス語では、それが人か物かではなく、男性名詞か女性名詞かで使い分けをする。

※二人称単数の人称代名詞にはtu・vousのどちらも使える。tuは親しい間柄の者に対して用い、vousは丁寧な表現として用いる。

こんにちは:bonjour(ボンジュール)

こんばんは:bonsoir(ボンソワール)

ありがとう:merci(メルスィ) 

はい:oui(ウィ) いいえ:non(ノン)

ご機嫌いかが:
Comment allez-vous?(コマタレヴ)

愛してる
Je t'aime(ジュテーム)

俺の嫁
mon amour(モナムール

なお、フランス語の単には英語とよく似たものが多く見られる…というか、歴史的に英語フランス語彙を数多く借用してきたので、彙が似るのは当然といえば当然なのだが。


人名 Le nom d'une personne


Catherine カトリーヌ
英語で言うキャサリンにあたる名前。
秋元カトリーヌ麗子などが有名。
Henri アンリ
英語でいうヘンリーにあたる名前。
フランス語ではH(アッシュ)は発音しない為このような読み方になる。
ヨーロッパ史によく出てくる名前。
George ジョルジュ
英語で言うジョージドイツ語でいうゲオルグにあたる名前。

初級文法 grammaire française


名詞・冠詞・形容詞 nom, article, adjectif

名詞には「性」と「数」の別がある。特に性に関しては、英文法における性とは異なる部分が多いので戸惑う人も多いだろう。
名詞の性は、人間動物を表す名詞の場合は、その人間動物自然上の性と文法上の性が一致することが多い。それ以外の名詞の場合は、名詞ごとに文法上の性が決められている。

例:


名詞にかかる冠詞・形容詞は、名詞と性数を一致させる。たとえば、女学生を表す名詞étudianteは女性名詞であり、かつ単数形であるので、それにかかる冠詞・形容詞も女性形・単数のものを使わなくてはならない。

例:

ただしこの例の場合、定冠詞le、laはエリズィヨンの規則により l' に変化するため、le étudiante と la étudiante はいずれも l'étudiante と書かれる。



次へ»
最終更新日: 16/07/16 17:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社