ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フルクシャ


ヨミ: フルクシャ
掲示板をミル!
200カキコ!

最強圧でさえこの身を揺るがすことはできない「効」を備え

不慮の攻撃を咄嗟にガードすれば「ガード+1」で難なく受け止め

既に見切った攻撃は「回避性+2」の全に効化する

この最強の防具と組み合わせるのは最強の武器、太刀

鈍く色にとは対照的な鮮やかな鋼色とのコントラストには酔いしれる

さあ、かかってこいモンスター貴様なぞ本来は一人でも赤子の手を捻るがごt

フルクシャは尽きた

「はめられた^^;」

< フルクシャさん、暴圧!暴・・圧~!

[画像][外部]

フルクシャとは、モンスターハンターシリーズに登場するモンスタークシャルダオラ」の素材で生産できる防具「クシャナシリーズ」一式を装備したプレイヤーキャラクターを示す言葉である。
特にMHFで多用される単なので、以降は特に作品名の記載のない場合は全てMHFが基準となっている。


概要


冒頭でも述べたが、フルクシャとは基本的に「クシャナシリーズ一式を装備したプレイヤー」をす単である。

発祥はMH2dos)のオンラインモードにおけるフルクシャの地雷率の高さであり、以降PCオンラインゲームMHFで軽蔑の意味を込めて使われることが多く、現在過去伝説的なネタとなっている。
このため、以降に記載する内容はほぼ全てが過去の話である。

大概酷評されるフルクシャだが一部の人からは妙にされており、フルクシャゆえに後述のスーパーフルクシャや黄金聖闘士になってしまう変態愛すべき馬鹿が存在するのもまた事実である。

また、あのセブンウェポンズの正式採用防具でもある。

一時期からはパッケージ防具やガチャ防具を購入することで簡単に優秀な防具が手に入るようになってしまい、初心者ライトユーザー(自称含む)の多くがそちらに流れたためか、フルクシャの数は以前とべるとかなり減り、凄腕、SRG級メインコンテンツが進んでいった近年ではほぼ見ることはない。

ちなみにフルクシャの多くは士であり、ガンナーフルクシャは希少種とも言えるほどに少ない。
弾代が体ない、士でごり押すことしか知らない、といった理由が考えられるが、はっきりとはしていない。


地雷扱いの原因


フルクシャが地雷扱いされるだった原因には以下のようなものがある。

しかし、フルクシャが偏見の対になるだけの原因は多々あれど、当然ながら全員地雷と言うわけではない。
単に知識不足なだけで、スキルの相性や有用性教えると脱フルクシャに向かうような、知らないなりに一生懸命やっている人も存在する。だから、フルクシャだけ見て人を見ない、と言う行為だけは絶対に避けたい。

しかしながら、説明や注意をしても一切通じないような既に手遅れと思われるフルクシャと遭遇した場合は、フレに呼ばれるか飼い猫が回線を引っこ抜いてしまうのを待った方が賢明かもしれない。

事後半でいくつか紹介するが、フルクシャに代表される「地雷装備」というものに共通するのは「一見強いが問題を抱えている」、もしくは「実際強いが、それ故に強いということだけを聞いて装備するプレイヤーが大量発生して、間違った運用をしたりプレイヤースキルが足りなかったりすることが多発する」ということ。

ちなみに、MHF-Z実装された極ノ太刀はいなしというガードアクションを使うことができ、これにはガードの効果が適用される。しかしながら、極ノが使えるようになるのはG級からなのでやはりフルクシャに太刀は適さない。


ランスとフルクシャ


フルクシャは下位ではしくランス向けスキル3点(ガード圧、回避性)が

ガード+1(スキルポイント各部位3、計15)
・回避性+2(スキルポイント各部位4、計20
効(スキルポイント各部位4、計20

と高準で発動しているので、ランス装備としてはそれなりに機する。

そのためフルクシャがランス装備として優秀だとするもある。しかし下位に限定しても

等々の理由から、優秀とは言えないとするがあるのも確かである。

上位からは作成できる防具も一気に増え、それに伴いランス装備も発展するので、たとえランスを担いでいても、人によっては、こと人区においてのフルクシャは偏見の対になりがちであった。
いらぬ偏見を避けるためにも、HR51からは最低でも胴色(ラージャン防具)+剛珠8仙人珠1 or 剛珠7達人珠3にしておきたい。かなり古いテンプレ装備ではあるが、作成可HR帯のランス装備としては割と優秀な部類で、何よりフルクシャを脱却しているため、HR100台くらいまでなら変なで見られることはまずないだろう。

※凄腕未満で剛詰めを要されることはまずない。しかしながら金銀フルフル等の手軽な策手段や「具屋と毒怪鳥」という剛珠そのものが報酬に出るクエストも不定期に配信されており、剛珠を手に入れるのはそう難しくなくなっていたので、入手してみるのもいいというところ。
近年では剛珠もより簡単に入手可かつHR帯はそれ用の防具で一気に駆け抜ける形となっているので、あまり気にする必要のないこととなっている。もちろん、HR帯をゆっくり楽しむのもありなのでその場合はこれらのテンプレ作成に着手するのもいいだろう。


フルクシャ亜種


[画像][外部]

フルクシャには以下の亜種が存在する

セミクシャ】
に頭にピアス系の防具を装備して頭を出したフルクシャのことをす。
セミクシャになる理由としては、兜がダサいから、雌火竜逆鱗が手に入らなくて頭を作成できない、等がある。
多くの場合フルクシャよりもスキル劣化しているため余計に変なで見られる。

運フルクシャ】
フルクシャのスロットに報珠x3、宝珠x1を詰め込み運を発動させた姿。ある意味でフルクシャの最強形態。
他のスキルに攻撃スキル耳栓スキル)を全に視して運を発動させることになるため、「運は他のスキル備してから発動させるもの」とされるMHFでの嫌われ具合はダントツ

【剛フルクシャ】
珠(攻撃+3、達人+2、底+2)×8+仙人珠×1、もしくは剛珠x9+達人珠x1をフルクシャと武器スロット1に突っ込んで攻撃大・見切り3・火事場2を発動させた姿。
フルクシャに詰める程剛珠の数に余裕がある人なのか、フルクシャしかないからこそクシャに剛珠を詰めているのかは本人に聞かなければ分からない。もっとも、後者のような人はまず剛珠すらもっていないものだが。
前述の胴色との違いは、見切り+3にするのに武器スロットが必要なことと、スキル効になること。

スーパーフルクシャ】
フルクシャにMHF独自の高性な装飾品であるG珠をたっぷり詰め込んだフルクシャのこと。
ハイパーフルクシャと呼ぶ人もいるが、Google検索ではスーパーの方がややヒット数が多い。
G珠の作成は非常に面倒であったため、当時こんなのを着込んでいる人間100%ネタでやっている愛すべき馬鹿であった。

【極】     仙人珠G
クシャナアンク Lv7 104 仙人珠G, 仙人珠G
クシャナFディール Lv7 171 仙人珠G
クシャナハトゥー Lv7 121 仙人珠G, 仙人珠G
クシャナアン Lv7 155 仙人珠G, 仙人珠G
クシャナFペイル Lv7 136 仙人珠G, 仙人珠G
防御値:687 スロット:■0010○0 火:+10 :+15 :0 氷:+36 :0
見切り+5,状態異常攻撃強化,耐震,麻痺効,回避性+2
効,寒さ効,ガード+1
クシャナアンク Lv7 104 仙人珠G, 仙人珠G
クシャナFディール Lv7 171 仙人珠G
クシャナハトゥー Lv7 121 仙人珠G, 仙人珠G
クシャナアン Lv7 155 音無珠G, 音無珠G
クシャナFペイル Lv7 136 音無珠G, 珠G
防御値:687 スロット:■009○0 火:+10 :+15 :0 氷:+36 :0
麻痺効,見切り+3,回避性+2,効,寒さ
ガード+1,状態異常攻撃強化,耐震,高級耳栓,

黄金聖闘士(ゴールドセイント)】
MHF固有の防具であるSP防具のうち、クシャナSPを全身にまとった人の事。
と付いているが、実際はメタリックイエローピカに見えることからこう呼ばれる。
ちなみに、ランスレジェンドラスタであるエドワードクシャナSPセミクシャである。

ただのフルクシャと違い、こちらは防具にMHFの難素材かつ不足しがちな「古龍種の剛翼」を4個も使用するため、持ちは「他に作るべきものを蹴ってフルクシャに走った変態」or「剛が余っているとんでもない人」と言える。

クシャナSPには他にもがあり、ではなくこちらを着用するフルクシャも少なからず居るのだが、こちらは特に連想されるものがないためか、黄金聖闘士のような特別な呼ばれ方をすることはどない。

【フルクシャ剛種】
F.4にてフルクシャ待望の 剛クシャ防具のウィンシリーズ実装された。なんと遂に耳栓を習得した。
フルえるなら黄金聖闘士よりもかに手間がかかるので最ここまでくると様式美である。
もちろん、フルクシャならフルセットでLv7まで作るよな?
ちなみに士だと攻撃UP【中】、見切り+1、耳栓圧【小】効、麻痺半減、回避性+1、氷属性攻撃強化【小】が発動する。スキルのみ見ると、フルクシャっぽいスキルがガタっと弱くなり、攻撃面に伸びた具合である。
但しフルで装備した場合、普通に戦っていれば剛種防具補正がかかるので、攻守バランスはとれていると言える。
も胴に+3が着いているので付けられなくもない。
(剛種防具補正…体・スタミナが一定値以上の時、発動しているスキルすべてのランクが1段階アップする。剛種防具の装備している数に応じて条件は緩和される)

【フルクシャG級
いにG9.1でウィンシリーズが、G10でクシャナシリーズG級武具に対応した。
ウィンドGXシリーズには、抜納術やG9.1で初登場した氷界創生といった強スキルが備わっており、
またクシャナGXシリーズには、G10で新たにお見えした要塞ガード、ランナー、武器捌きの複合スキル)が搭載されている。
クシャナGX、ウィンドGXともにHR帯のころのスキルを強化したような強スキル構成になっている。
剛種防具のG級対応に伴い、上の剛種防具補正も緩和(一部位で補正が受けられるようになった)されているため、
頭のみウィンドGX、その他の部位をクシャナGXにすることで非常に強な(最前線とまではいかないがそれに準ずる)防具構成も作成できる。
また、G級武器には清という鬼斬破系の色違いデザインの武器があるので、これと合わせればフルクシャおにぎりGの完成である。

【フルクシャ外装】
MHF-Zにて任意の防具に他の防具の見たを付与する「外装」システム実装
GR/GSRMAXにした状態で狩猟することで手に入る功猟ポイントを使って引く功猟くじの「くじ」にはクシャナSP//の外装解放券がラインナップされているので、外装券を引くことができればいつでもフルクシャで狩りに出かけることができる。


次へ»
最終更新日: 19/06/23 09:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ