ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フーガ


ヨミ: フゥガ
掲示板をミル!
5カキコ!

フーガ伊:Fuga、英/仏:Fugue)とは、対位法的な音楽書法の一つである。

日産自動車乗用車については日産・フーガを参照。


概要


対位法とは「ある複数の旋を、それぞれそれと分かるように独立して、かつ題との調和のバランスを取って重奏する演奏方法」のことである。そして、この対位法において「1つの旋」を複数のパート、つまり別々の楽器や別々の音程で繰り返して奏でる形式の音楽をフーガという。
このパートの数によってフーガは「二の~」「三の~」「四の~」等と表現され、数字が大きいほど複数のパートを使用し、結果的に重厚な音となる。

さらにフーガにはその演奏形態として「提示部(唱/応唱)」「嬉遊部」「追迫部」に分かれており、それぞれは次のように奏でられる。

  1. となるパートから曲の題(以降繰り返し現れる旋)が提示される。この題部の旋唱といい、唱が提示されるパート唱提示部という。
  2. パート題を奏で終わると、別のパート題を別音程(一般に音と属音を転換する)で奏でる。唱に呼応しているように見えることから、ここを応唱提示部という。以降、同じようにして全てのパート最低1度は応唱する。
  3. その性質上全てのパートで応唱しようとすると"間"が発生する。この間を取り持つ、唱/応唱との調和を取りつつ、題には含まれていない(題でない)旋を嬉遊部という。
    (さらに限定して、どのパート題を奏でていない部分を嬉遊部と呼ぶ人もいる。)
  4. 数度の応唱と嬉遊を繰り返したのち、曲の終わりに向けて唱が終わらないうちに応唱を重ねる部分を挿入する。この部分を追迫といい、追迫で曲を終わらせるための旋を追迫部という。
  5. つまり、3のフーガの場合
    唱 :提示部―嬉遊部―――――提示部―嬉遊部―――――(追迫部)
    応唱1:――――提示部―嬉遊部―――――提示部―嬉遊部―(追迫部)
    応唱2:――――――――提示部―嬉遊部―――――提示部―(追迫部)
    となる。ただしそう厳密に提示部と嬉遊部が定められているわけではなく、特に嬉遊部では対位法に捕らわれない、作曲独自のアレンジが施されていることが多い。

その名はラテン語のfuga(逃げる)に由来し、日本語では遁走曲とも書く。カノンべて自由対位法的な作品の名前はカンツォーナ、リチェルカーレ、ファンタジアなどいろいろとあったが、フーガに収斂していった。

ルネサンス期、バロック音楽期で確立され、J.S.バッハで頂点を迎えた。その後、フーガは下火になりその形式で作曲されることは稀になるが、モーツァルトベートーヴェンメンデルスゾーンブラームス、レーガーなどの作曲たちがフーガの書式を用いた曲をいくつか作曲している。20世紀以降も調性のフーガなどいろいろな種類のフーガが作曲されている。


著名なフーガ



関連動画



■sm458112[ニコ動]

■sm3613106[ニコ動]
■sm7982506[ニコ動]
■sm7353652[ニコ動]

関連商品


■az4560056749
■az4636001176
■az4111060307
■azB00005G7US

関連項目



最終更新日: 11/09/16 12:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ