ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブシドーブレード


ヨミ: ブシドーブレード
掲示板をミル!
24カキコ!

ブシドーブレードとは、PSで発売された3D武器格闘ゲームである。


概要


初出はPSで、ゲームアーカイブス配信タイトルでもある。

ゲージ必殺技ゲージなどの情報を画面に一切表示していない造りが特徴で、急所に攻撃が深く命中すると即死するという他の格ゲーとは一線を画した作りになっている。
死ななかった場合でも、ダメージを受けると喰らった部位に応じて制約が発生する。例えば、武器を保持する右腕をられると攻撃速度が、脚部をられると移動速度がどんどん低下する。左腕や膝から下に攻撃を喰らってしまうと、アクションが制限され一気に不利になる(特に後者)。

武器は打刀レイピアナギナタ、槌、野太刀、セイヨーブレード、セイヨーツルギ騎士ソードの8種。
各々リーチや攻撃・移動速度などに有利不利が存在するので、自身の好みやキャラとの相性に応じて選ぶといいだろう。
その他投擲して使うサブウェポンもあるが、こちらはキャラ毎に種類が決まっている。

技は普通格ゲーのような先行入するタイプではなく、武器の振るタイミングを見計らないながら1つ1つボタンを押していくタイプ
ガチャプレイでもある程度技は出るが、事前に技構成を確認しておいた方がより上手に戦うことが出来るだろう。
な攻撃の打ち分けは、=上段、◯=中段、×=下段となっており、これらを覚えておけばある程度は狙い通りに武器が振れる。

ちなみにこのゲームは武器によって使える技が決まるルールになっており、キャラクターは各種武器に応じたステータス上の有利不利、固定技などを持つ。
理に合わない武器を使用すると、軽量級のキャラ槌などの重い武器を持つと技を出している最中に転倒したり、重量級のキャラがセイヨーツルギなどの軽量武器を持っても未習得な技があり自慢の腕も活きなかったりといった問題が生じる。
逆に相性のいい武器を持てば、任せに防御を崩したり、独自の歩法で間合いを楽に調整出来るようになったり、固定技で差をつけたりして戦いを有利に進めることが出来るだろう。

ゲームモードは、ストーリーモード・対戦・稽古(サブウェポンし)の他、打刀一本で100りをチャンバラモードFPSのような視点で戦うオウンビューモードPS本体・モニターソフトを2つ使うオウンビュー対戦などがある。


ストーリー


中国山地の懐深くに、一軒の古びた場が佇む「鳴館(めいきょうかん)」。
「鳴心当流(なるかがみしんとうりゅう)」の義をいまに伝える場である。
しかし、裏では「陰(かげ)」と呼ばれる暗殺者集団を組織していた。

舞台は現代の日本、ある者は「陰」から抜けて自身の的を果たすため、ある者は大切な人のため、ある者は生きるために武器を取り、かつての仲間たちに武器を向けるのであった。
戦いの先で彼らが見るものは…?


評価


3D格ゲー歴史がまだ浅かった時代に登場し、人気のあるメーカーだったスクウェアの出す新なシステム格ゲーとして話題になった本作。しかし、そのシステムのわかりづらさや、卑怯と取られる行動を取るとゲームオーバーになるストーリーモード仕様から評価は高くなかった。
様々な要素を詰め込んだ弊として操作性が良くなかったこと、自由度が高い分逃げプレイもやりやすく相手によっては立ち会いが成立しにくかったこと、対戦バランスが悪かったことなど、意欲作であったが故の欠点も少なくなかった。
った仕様ゲームだったためクソゲー扱いされることもしくなかった本作だが、わかっている相手と対戦すると熱い戦いが楽しめ、1人でプレイしてもバッサリ感が楽しめるため惚れ込んだプレイヤーも少なくない。

後に様々な良を施した続編が登場することになったが、遊びやすくなった反面新しい欠点が生まれたり武器の種類が減ってしまったりと一長一短な作品であった。
とはいえ、二刀流居合抜きなどの新しい構え、パワーアップしたサブウェポン、さらに濃くなったキャラなど面い要素も多く、楽しめる一作と言える。


関連動画



■sm5316818[ニコ動]

■sm1021531[ニコ動]


関連商品


 ■azB000KKBJ0A
■azB002CZP83K
■azB001F51GDO

関連コミュニティ


ブシドーブレードに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/06/02 21:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ