ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブラウンGP


ヨミ: ブラウンジーピー
掲示板をミル!
12カキコ!

ブラウンGPとは、2009年に設立、ならびに解散したF1コンストラクターである。
たった1年だけの参戦なれど、圧倒的な強さでコンストラクターチャンピオンを獲得した。
その体は2008年で撤退したHonda Racing F1 Team(以下HRF1)。

正式名はブラウンGP・フォーミュラ1チームである。


ホンダ撤退からダブルタイトルまでの道・・・


世界気後退(リーマンショック)の影を受け、2008年12月5日ホンダの第3期F1活動からの撤退が発表された。
その活動の基本組織だったHRF1は独自でのF1継続参戦を望みいくつかの買収先と話し合いを持つ。

しかし有な動きや噂話等はあったものの実現はせず、買収先は見つからないまま2009年を迎えたが、
3月になり、チームプリンシパルであったロス・ブラウンマネジメントバイアウト(MBO)を行い、
同社の式をホンダより100%買取り、ブラウンGPとして参戦する事が決定された。

体制としてはロス・ブラウンチーム代表として就任、旧HRF1CEOのニックフライも首として残留。

ドライバーに関しては旧HRF1の2人、ジェンソン・バトンルーベンス・バリチェロの体制。
テスト&リザーブドライバーも同様にアレクサンダー・ヴルツ、
しかしシーズン中のテスト制限の為、実際はリザーブ兼アドバイザー職となる予定。
(注・・・BBCラジオF1中継解説者である、アンソニーデビッドソンがリザーブだとの説もあり)

マシンBGP001・・・別名「RA109」と言えるマシンである。
エンジンは当初の噂ではフェラーリとの情報もあったが否定されて、メルセデスV8エンジンを使用する。

チーム設立後に参加したテストで好タイム叩き出し一躍ダークホース的存在となる。

2009年、開幕から序盤はジェンソン・バトンが連勝に次ぐ連勝で一気に他チーム、他ドライバーを引き離す。
チームメイトルーベンス・バリチェロとのワンツーフィニッシュを重ね、コンストラクターチャンピオンも有利に進める。中盤からはジェンソン・バトンの活躍に陰りが見えるが、今度はルーベンス・バリチェロが頭を現し始める。
台に上る回数こそ序盤より減ったものの、ジェンソン・バトンは着実にポイントを重ね、
ブラジルGPを5位入賞し、チャンピオンくと同時に、チームコンストラクターチャンピオンも確定する。

シーズン終了後、ダイムラーと同社でもあるアーバーインベストメントがチームの3/4を買収、2010年からメルセデスGPとして参戦した(2012年からメルセデスAMG)。
チャンピオンチームが名上の撤退となるのも異例(本格参戦という意味では1958年ヴァンウォール以来) であり、たった2年で別の自動車メーカーワークスホンダダイムラー)になるのも異例である。


BGP001


上記の通り、もともとはRA109としてホンダエンジンを搭載する予定で開発されたマシンである。
HRF1は、2008年シーズン用のRA108も設計ミスが発見されてこれ以上の戦闘力向上が望めないと判断、ウィングサイズなどが大きく変わる2009年シーズンを見越して、シーズンのはじめから設計を開始、1年がかりで開発を進めていたものであった。

2009年レギレーションでは、従来よりもディフューザーのサイズが小さくされていたものの、その上部の構造には規定がなかったため、そこにもう1層のディフューザーの構造を入れ、失われた分のディフューザー効果をもたらすようにされた。これがダブルディフューザーと呼ばれるものであった。これを2009年の開幕戦で持ち込んだのは、ブラウンGP、トヨタウィリアムズであった。

しかしブラウンGPは、フロントウィングの形状も複雑なものを導入、効率的な気流の制御とダウンフォースを稼げるものとなっていた。
これらの組み合わせで、シーズンの前半を圧倒的な速さで結果を残すこととなった。 

後にダブルディフューザーが合法と判断されると他のチームも一斉に投入したが、彼らに追いついたのはレッドブルのみであった。


記録



関連コミュニティ


■co248
 


関連項目



最終更新日: 13/07/09 16:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ