ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブルース(ロックマン)


ヨミ: ブルース
掲示板をミル!
47カキコ!

ブルース(ロックマン)とは、ロックマンシリーズに登場するキャラクターである。


概要


DRN.000 ブルース(blues 海外名はProtoman)
ロボット工学の権威、ライト博士が最初に開発した人ロボット
いわばロックマン、およびロールちゃんに当たる。しかし、ロックマンロールちゃんはそのことを知らない。

ブルースはいわばロックたちの試作といえる存在だが、完成してすぐに動炉に欠陥があることが判明した。
修理の直前にブルースは(棄されるとの思い込みから)脱走し、機停止寸前にワイリーに発見される。
この時に動原子力に変えられてしまい、長時間の戦闘が出来なくなってしまった。

ロックマンのボディは水色を基調としているが、ブルース灰色を基調としている。

ライト博士にばれないよう、バイザーを付け、黄色スカーフを巻いている。

武器であるブルースバスターは常時装備で、ロックマンと違い腕の形に変形できない(ただ、メディアによっては普通の腕になっていることもある)。
試作機であるため耐久性に難が有り、それを補うためにシールドを装着している。

シリーズを通して登場するザコキャラスナイパージョーブルースコピーした量産機という設定があり、武器とするなどデザインがよく似ている。


性格・キャラクター


作品に一貫して、孤独を好み、自身の正義に基づいて行動をする。
ストーリー演出も出てきた3からの登場のため、当初からある程度の設定はされていた。

登場時には必ず口笛を吹く。

以下、各作品ごとの立ち位置について記述する。 

ネタバレ注意

 

ロックマン3

初登場作品。

前述のように中ボス攻略の手助けをすることもあるキャラクターとして登場。
ドクロボットを全て撃破した後に登場するブレイクマンはデータ上ではブルース変身した姿とされている。
エンディングではワイリーステージ崩壊に巻き込まれたロックを救出。
ライトナンバーズの紹介で、行方不明になっていたことが明かされる。

なお、「ワイリー博士」と呼んでいる為、ワイリー改造されて間もない頃だと考えられる。

ロックマン4

ワイリーコサックを脅すために、彼のカリンカの誘拐に加担していた。
しかし後に裏切り、ロックマンと戦っているコサックのところへ彼女を解放する。

ロックマン5

今作ではブルースが反乱およびライト博士拉致の首謀者とされていたが、
ワイリーが作ったロボットダークマンがなりすましていただけで後に本人にそれを暴かれることとなった。
ちなみにワイリーは本物が出てくるとは思わなかったらしい(ライト博士と接触する恐れがあるとはいえ、出てくる可性は高いと思うのだが・・・)。

ロックマン6

ある場所で「エネルギーバランサー」を渡してくれる。

・・・だけである。

ロックマン7

ロックマンに特殊武器などのアドバイスをし、三度にある場所で戦うことになる。『3』のジャンプしながらバスターを撃つだけのパターンと異なり、ブルースストライクダッシュを使ってくる為、結構手強い。
勝利するとブルースシールドを渡される。
(後の作品でブルースシールドを装備しているため、ロックが返したか、スペアを持っていると思われる)

ロックマン8

中間ステージにてデューオ撃破後に登場。
EDにてデューオからのメッセージロックマンに伝える。
出番は・・・以上である。
C.V.置鮎龍太郎氏。Xシリーズゼロと同じ。

ロックマン9

エンディングで、ワイリーにだまされかけているロックに警告。
結局、ワイリーにだまされたロックは基地ごと爆破されかけるが、戻ってきたブルースに「世話の焼けるやつだ」と助け出される。
エンディングではバックUFO状態のギャラクシーマンがいる夕日に佇んでいる。

また、ダウンロードコンテンツで、彼が主人公ブルースモードプレイできるようになる。
この作品ではロックマンはスライディング・チャージができないが、ブルースなら可
しかし防御ロックマンの半分程度で、被弾時ののけぞりが大きい。
ブルースシールドジャンプ中にしか構えられない。敵の弾を跳ね返して倒すことが可。これはロックマンワールドエンカーの特殊武器ミラーバスターと特徴が非常によく似ている。

ロックマン10

今作ではプレイヤーとして最初から使用可となっている。
は前作の『ロックマン9』と同じ。
チャージ・スライディングが可で、ジャンプ中にブルースシールドを構え、防御ロックマンに劣る。


番外・リメイク


ロックマンズサッカー

ロックマンスピードは「40」、ブルースはそれを7ポイント上回る「47」。
あまり違いがいように思えるが、このゲームでは走が1違うだけでかなり速度に差が出る。
ちなみに一番足が速いのはDr.ワイリーの「50」。

ロックマンバトル&チェイス

多額の賞がもらえるカーレ-スに悪の匂いを嗅ぎ付け出場する。
乗機のレッドストライカーウイングエンジンともに最高速重視。
ボディはチャージで追尾性つきのブルースストライクで攻撃できる。通常はシールドの前後切り替え。
シールドを後ろに切り替えると後ろからの攻撃を効化できるが、前面が防備になりメットールを踏んだだけで減速してしまう。
本人の装甲が薄いことを意識しているのだろうか。さらにタイヤオンロード向きでハンドリングはいいが中からの着地で減速する。
最高速トップクラスだが、そこに達するまでが難しい極端な性である。

ザ・パワーバトル

アーケード作品だが、ブルースプレイヤーキャラとして使用できるようになったのは本作が初。
ロックマンブルースフォルテの3人から選べる。操作方法は共通だが、挙動が異なる。

たとえばブルースの場合、ロックマンのスライディングに当たる動作が「を構えてダッシュする」ようになっている。

パワーファイターズ

前作『パワーバトル』の3人に加えてデューオが使用可デューオのみ、かなり操作が特殊)。
パートナーロボット必殺技システムが追加されたことで、キャラクターごとの違いが前回よりも顕著になった。
ブルースパートナーとして登場するのはビート。防御が弱いとされる彼の弱点を補うように、一定時間バリアって守ってくれる。

エンディングでは(以下ネタバレのため反転ついにライト博士と再会する。ライト博士ブルースの動炉を直し一緒に暮らそうと提案するが、彼は笑顔で断り、その場を去る。

ロックマン&フォルテ

悪事を働こうとするキングを冒頭で止めようとするも一蹴されてしまう。
終盤でキングと対峙するロックマンフォルテ)に助太刀に現れるも、攻撃をシールドに跳ね返されて窮地に立たされる。
全身全霊の「ビッグバンストライク」でキングを破壊し一矢報いるものの、この作品ではかませ犬のようなポジションになっている。

フォルテ編のエンディングでは(以下ネタバレのため反転懲りずにキング2を制作しようとしていたワイリーのもとに現れ、設計図を破壊。
フォルテに「お前には守るものがない。だからロックマンには勝てない」と諭す。

ロックマンロックマン

チャレンジモードの問題を全てクリアするか、公式サイトの配信でDLすることでプレイヤーキャラクターとして使用可
この作品の彼は、戦うために作られた自分を疑問に思ってるような描写をされており、
そのためにライトワイリーを憎んでいるような発言をしている。
また、にあたる8ボスたちに対しても「今度はを正しく使ってくれ」という台詞を残す。
なお、8ボス全員ブルースのことを知らない。
ブルースも追加ボスであるタイムマンとオイルマンとは面識がない模様。
としては後述するブルースストライクが標準装備、移動速度ジャンプが他キャラべて圧倒的に大きい。
しかし防御は低く、強な攻撃を受けるとシールドを放してスキができてしまう。


使用武器など


ブルースバスター
ロックマンロックマン』以外の登場作品で使用。
ブルースの通常武器。性ロックバスターとほぼ同一。ロックマンと違い、連続では二発しか撃てない。
ブルースは攻撃中はシールドを構えていない。
ブルースストライク
『7』~『9』、『ロックマン&フォルテ』、『ロックマンロックマン』で使用。
ブルースバスターをチャージしたもの。性ロックマンのチャージショットと同じく、一発ずつ発射可
ロックマンロックマン』では標準装備となり、至近距離で撃てば連射も効く。
同作に出てくるブルースコピーロボットストライクを連発してくる。
ビッグバンストライク
ロックマン&フォルテ』で使用。
限界までチャージしたチャージショット。その分反動も大きいようで、を使い果たしてしまう。
ブルースシールド
ブルース耐久の弱さを補うために装備している、身の丈ほどもある巨大な
ダッシュジャンプの動作時に構えることで、前方から飛んでくる弾丸を防ぐ。
『7』でのロックマンは攻撃やジャンプなどの「動作をしていない」時にこのを構える。
ブルースコイル
ラッシュコイルブルース版。
ブルースにはラッシュに当たる相棒がいないので、単なる台座の形状をしている。
ブルースジェット
同上。こちらはラッシュの代わりにアイテム2号のような形状をしている。
なお、ブルースは最初からジェットを使用可

ちなみにブルースロックマンと同じく、倒したボスの特殊武器を使用可である。


関連動画



■sm5028934[ニコ動]


うp主ブルース外の人という設定。ブルースイメージが変わるが好きになる動画

■sm5540702[ニコ動]
■sm1554304[ニコ動]
■sm7316925[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/05/04 14:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ