ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ブロニー


ヨミ: ブロニー
掲示板をミル!
97カキコ!

ブロニー(brony)とは、海外アニメMy Little Pony:Friendship Is Magic」(および、その日本放映版「My Little Pony -トモダチは魔法-」)のファンたちの通称である。

本記事ではブロニーたちによる二次創作関連や、ブロニー間で使われる用などについても触れる。


概要


My Little Pony:Friendship Is Magic(略してMLP:FIM)」は、1980年代から続く女児向け玩具My Little Pony」のタイアップアニメの第4世代である。よって、本来の想定視聴者玩具を買ってくれる女児やその親の層である。以前の時代には1~3世代もあったが、当然のようにそれらの層以外からは興味を抱かれなかった。

かしこの4世代MLP:FIM」が2010年に放映開始すると、キャラの立った登場人物や高いクオリティアニメーションにより、英語圏のアニメ関連インターネット掲示板において注人気が集まった(4chanにはこの作品用の単独板[外部]が設立された程である)。

そしていつのまにか、このアニメのことが好きな「大きいお友達」たちを呼ぶ通称として、「bro(兄弟)」と「pony(ポニー)」を合わせた名前「brony(ブロニー。複数形bronies)」が広まっていった。

(ちなみに女性もbronyでよいのだが、特に「sister姉妹)」と「pegasusペガサス)」を合わせて「pegasister(ペガシスター。複数形pegasisters)」と呼ばれることもある。)

当初はネット上で使われる仲間内だけの俗称だったが、ついには公式のCM映像[外部]にまで、この言葉が登場するほどにメジャー化した。

↓その動画投稿者コメント日本語字幕を付けて、ニコニコ動画転載されたもの。0:27頃の歌詞に登場する。

■sm15477240[ニコ動]

ブロニーの間ではMLPに関するファン活動・二次創作などが非常に盛んである。例えば、コンテンツ投稿サイトdeviantARTにて「my little pony」で検索[外部]すると2013年11月時点で約113投稿が、「MLP」で検索[外部]すると約108投稿ヒットする。これがどの程度のものかと言うと、ニコニコ動画におけるアイマス・東方・ボカロ動画投稿数を3ジャンルとも合計したよりもさらに多い投稿数である。(動画のみのニコニコ動画と違いdeviantARTは画像を中心とした多種多様なコンテンツを扱う、という大きな差があるので単純な較はできないが。)

以下に、ほんの一部ながらそれらファン活動・二次創作二次設定などの例をあげる。


ウェブサイト



Convention(コンベンション : ファンによる大会)


ブロニーたちが集まっていろいろする一大イベント。規模は様々だが、MLP発祥の地の北各地ではもちろん、ヨーロッパオセアニアアジアでも開催されている。

イラスト漫画ファンフィクション二次創作小説)・ぬいぐるみなどの自作グッズ即売会、音楽演奏会やビデオ上映会コスプレ大会など、その他様々な催し物を行う。

最も有名な「ブロニーコン(BronyCon)[外部]」には、ローレンファウスト氏やメインキャラ声優など、本編制作スタッフたちがゲストとして参加したこともある。


JapanPonyCon(ジャパンポニーコン)


日本でも、小規模ながら「ジャパンポニーコン(JapanPonycon)[外部]」というイベント2013年9月15日東京都台東区で初開催され、数十人の参加者を集めている。

2014年1月5日には神奈川県川崎市で第2回「JapanPonycon 2014 NewYear」が開催された。ポニーたちの着ぐるみ登場、その作り手の方々による着ぐるみ作り方講座、原版のアップルブルーム声優さんやアメリカのブロニーとのライブチャット、輸入トイ専門店「モンスタージャパン[外部]」に依頼した出店などでのグッズ販売、賞品をかけたじゃんけん大会、トークセッションMLP関連楽曲をかけて盛り上がるDJナイトなど、様々な企画が行われた(イベントレポblog記事リンクトークセッションに参加したパネラーの方々(1[外部],2[外部])、コスプレ参加した方[外部]一般参加した方[外部])。

その後も下記のように複数回開催されている(公式サイト内、「ABOUT | JapanPonycon[外部]」を参照)。

「ポニコ」という同イベントマスコットポニーも生み出されており、そのポニコ動画がこちら↓
■sm22028569[ニコ動]

普段のポニコアースポニー羽根もない普通ポニー)だが、「ライジングサン」というアリコーン(羽根を併せ持つポニー)へ変身するありという設定らしい。なにその変身ヒロイン


background ponies(バックグラウンドポニーズ : 背景ポニー、モブポニー)


メインキャラクターレギュラーキャラ、その回のゲストキャラなど、立つキャラクターたちの他にも、背景のようにそこにいる脇役未満のポニーたちも存在する。いわゆるモブキャラ

しかしよく見ていると、作中で名前もど呼ばれないような彼/彼女background ponies(背景ポニー)たちも、何度も繰り返し登場していたり、少ない出番の中でそれぞれの個性を垣間見せていたりする。

彼らは設定があまり固まっていない分、ブロニーたちの想像の余地があるという事か、ブロニー間の中でオリジナルの名前や設定等がつけられることがある。


Derpy Hooves(ダーピー・フーヴス)


背景ポニーの中でも特に有名で人気がある、ペガサスポニー女の子

ブロニーたちによって4chanで名前が付けられ、様々な二次設定が加えられ、そしてそれらの名前や二次設定公式制作サイドが取り入れたという経緯がある。ある意味MLPとブロニーの関係を徴するようなキャラクター

詳細は「ダーピー」のニコニコ大百科記事を参照。


 Ask Pony blogs(アスクポニーブログ : ポニーへの質問ブログ)


ブログサービスTumblrで行われる、「Ask blogs(質問ブログ)」と言うものがある。様々な形態をとるが、概ね「フィクションキャラになりきって、ユーザーの質問に対してイラストで解答する」と言うものが多い。

このAsk blogsにおいて大きなウエイトを占めるのがMLP関連である。既に閉鎖してしまったものまで合わせると、1000す数のAsk Pony blogsが作成されている。


OC pony(オリジナルポニー)


上記「convention」の項で触れた「ポニコ」のように、原作に登場しない、ブロニーが自分たちで独自に作ったポニーのことをOC ponyなどと言う。OCとはoriginal characterオリジナルキャラクター)の略。

岩手県お祭り「チャグチャグコ」をモデルにしたと思われる一例 ■im3039499(静画)


Fluffle Puff(フラッフル・パフ)


OC ponyの中でも、例外的に広く知られているポニーがこのFluffle Puffフラッフル・パフ)。名前の通りふわふわでもこもこしており、もうポニーというより別の何かのような外見である。

4chanの/co/MLP関連のスレッドで、ある描き手(deviantARTIDMixermike622)によって描かれたのが初出。その後、この描き手が運営するAskTumblrDAN VS FIM[外部]」で登場し、可らしい外見に加えて、なぜかしゃべらない所から来る動物っぽさ、シュールで突拍子のない行動などから人気キャラとなった。

この「DAN VS FIM」は、「Dan Vs.」というアニメーションMLPと同じHub Networkで放映)の主人公Dan(ダン)」がMLP世界に紛れ込んでしまい騒動を起こすという内容であり、つまり「Dan Vs.」とMLPクロスオーバー二次創作である。

ダン原作設定からして「異様に怒りっぽくて、世界全てが自分と敵対していると信じており、頻繁に何かに激怒しては復讐しようとしている」という、とんでもないダメ人間。しかしこブログMLP世界に迷い込んだダントワイライトスパークルの住む図書館居候する中で、トラブルを起こしまくりつつもそれなりにトワイライトに心を開いていく(質問「どのポニーが一番好き?」→ダン「・・・紫の奴はまあ我慢できる」[外部])。

その後、このフラッフル・パフをメインとした新たな別のAsk TumblrAsk Fluffle Puff[外部]」が同作者Mixermike622氏によって開始された。ポニーヴィル図書館で、トワイライトスパークルダンと(そしてなぜかクイーンクリサリスと)じゃれあいながら暮らす彼女の、微笑ましくそしてシュールな笑いもある生活が描かれる。

Mixermike622氏は動画作成も手がけており、Youtubeでは「FluffyMixer」というユーザー名[外部]フラッフル・パフの動画も数多く開している。ニコニコ動画でも、日本語字幕を付けて転載されたもの等を視聴できる。

■sm22527730[ニコ動]
■sm21948501[ニコ動]
■sm23058414[ニコ動]
■sm21298781[ニコ動]


ponysona


 OC ponyの中でも、ブロニー活動における自らの分身、いわゆるアバターとして創作されるポニーのこと。pony(ポニー)とpersonaペルソナ。顔、人格、外面などを現す言葉。)を合わせた合成である。

もともと、欧のfurry(日本で言う「ケモノ」に近い)界には「Fursona」というfurry版の自分の分身アバターに使うという文化があったらしく、それのポニー版としてこの呼称が付いたようだ。

Fausticorn(ファウスティコーン)


次へ»
最終更新日: 20/02/28 23:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ