ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


プロイセン


ヨミ: プロイセン
掲示板をミル!
73カキコ!

プロイセン(独:Preußen)とは、

  1. バルトの南東沿一帯を歴史的呼称。現在ロシア領カリーニングラードなどを含む。以下「プロイセン地方」という。
  2. 1.の「プロイセン地方」の東部を領土とし、ホーエンツォレルンの君を戴いていた王。以下「プロイセン公国」という。
  3. 1.の「プロイセン地方」を含む領土を有し、ホーエンツォレルンの君を戴いていた王。以下「プロイセン王国」という。

ドイツ語の Preußen に由来する「プロイセン」のほか、英語の Prussia に由来する「プロシア」も用いられる。漢字表記は「普魯西」、略称は「普」。なお、ラテン語では Borussia

プロイセン地方の概要

プロイセン地方は、バルトの南東沿の一帯を歴史的呼称である。大雑把に述べれば、現在ロシア連邦領のカリーニングラード州と、ポーランド共和国領のヴァルミア・マズールィ県とポモージェ県とを合わせた領域に相当する。

地理的には、北はバルトに接し、東はメーメルドイツ語では Memel (メーメル)、ロシア語では Неман (ネマン)という。リトアニアと接し、南は狭義のポーランドと接し、西はポンメル地方ラテン語では Pomerania (ポメラニア)、ドイツ語では Pommern (ポンメルン)、ポーランド語では Pomorze (ポモージェ)という。と接している。ポーランド南部に、ポーランド平原北上してプロイセン地方を貫き、バルトへと注いでいるポーランド最大の大河ヴァイセルドイツ語では Weichsel (ヴァイセル)、ポーランド語では Wisła (ヴィスワ)という。界に、その東側を「東プロイセン」、西側を「西プロイセン」と称する。

中世後期以降、ドイツ語較的優勢だった地域である。1945年第二次世界大戦敗北によってドイツから分離し、ソヴィエト連邦およびポーランドへと併合されて以降は、「プロイセン地方」という呼称も用いられなくなった。しかしながら、後述の「プロイセン王国」の名とともに、今でも歴史の教科書には登場している。

プロイセン公国の概要

プロイセン公国ケーニヒスベルク首都とし、ホーエンツォレルンの君を戴いたである。1525年のアルブレヒト・フォン・ブランデンブルクによるドイツ騎士団領の止から1701年におけるフリードリヒ3世が「プロイセンの王」を名乗るまでの176年間存在した。

1618年には、ブランデンブルク侯が位を相続し同君連合下に入る。1660年には、ポーランドリトアニア共和国の宗権下から独立した。スペイン継承戦争時に神聖ローマ皇帝レオポルト1世が「プロイセンの王」を許可したことで、はプロイセン王国に昇格した。

プロイセン王国の概要

プロイセン王国は、ベルリン首都とし、ホーエンツォレルンの君を戴いた王である。1701年の初代フリードリヒ1世の戴冠から1918年のヴィルヘル2世の退位まで、217年間にわたって存在した。

元は神聖ローマ帝国小国であったが、軍事国家として発展し、18世紀から19世紀にかけて最盛期を誇った。シュレースヴィヒ・ホルシュタイ戦争、普墺戦争、普戦争勝利し、1871年のドイツ帝国成立を実現させた。

プロイセンはその成立過程から人造国家の様相を呈しており、特に18世紀の名君フリードリヒ・ヴィルヘルム1世フリードリヒ2世らの諸政策により、ヨーロッパで最も自由となっていた。これは、プロイセンが「宗教民族社会」に対して頓着で、どんなものでも受け入れる土壌があったためである。「ポーランド人は簡単にプロイセン人になることはできたが、ドイツ人にはなることはできなかった」という言葉からもこれが推察される。

ドイツ帝国の成立後は、ドイツナショナリズムが強まる反面、プロイセンとしての意識が希薄化していった。これによって、プロイセンならではの自由も徐々になくなっていったとわれる。プロイセン王国は1918年のドイツ革命によってくなり、以降はドイツの一部「プロイセン州」となった。

歴史


古プロイセン人とドイツ騎士団


プロイセン地方には、元々バルト系の先住民である古プロイセン人が住んでいたラテン語では複数形で Pruteni (プルーテニー)、ドイツ語では Prußen (プルーセン) といい、日本語では「プルーセン人」などと訳されているが、ここでは混乱を避けるために「古プロイセン人」とする。古プロイセン人の言印欧語族インド・ヨーロッパ語族)のバルト語に属するが、現在死語。スラヴ系ではない。。彼らは日本神道にも通じるような多教的な信仰を持っていたらしい。1326年に書かれた『プロイセン年代記』には次のような記述がある(著者がキリスト教徒である点に注意)。

彼らはのことも知らなかったので、誤ってどんな被造物でも的なものとして崇拝した。太陽四足動物、ひきがえるすら崇拝した。彼らは、いくつかの野原河川沼をなものと見なし、そこで木を切ったり、を耕したり、あえてをとったりすることをしなかった山内進『北の十字軍講談社学術文庫、2011年、166より。

このため、西のドイツ人や、南のボヘミア人やポーランド人たちは、キリスト教布教すべくプロイセン地方にやって来るようになったが、古プロイセン人たちは古くからの信仰を捨てなかった。

そこで、異教徒を宗させる使命を帯びた「北方十字軍」の標的となる。古プロイセン人たちはその攻撃と戦ったが、結局はドイツ騎士団チュートン騎士)の支配下に入る。「ドイツ騎士団領」の成立である。これによってキリスト教化が進められるとともに、古プロイセン人たちも徐々にドイツ化していった。西プロイセン地方のマリエンブルクドイツ語では Marienburg (マリエンブルク)、ポーランド語では Malbork (マルボルク)という。に築かれたドイツ騎士団のは、現在では世界遺産に登録されている。

プロイセン地方の定に成功したドイツ騎士団は、続いて異教リトアニアとの戦いに身を投じる。その後、リトアニア大公キリスト教宗し、ポーランド王国と連合することに決めたため、ドイツ騎士団はポーランドリトアニアとの対立を深めるようになった。1410年の「タンネンベルクの戦いグルンヴァルトの戦い)」でドイツ騎士団は歴史的な敗北を喫した。

その後もドイツ騎士団は敗北を続け、西プロイセン地方はポーランド王国の統治下に組み込まれることになった。マリエンブルクの代わりにドイツ騎士団領の中心都市となったのは東プロイセン地方のケーニヒスベルクドイツ語では「王の山」を意味する Königsberg (ケーニヒスベルク)。現在ではロシア領で Калининград (カリーニングラード)と呼ばれている。であった。


プロイセン公領からプロイセン公国へ


最後のドイツ騎士団長で、ホーエンツォレルン出身のアルブレヒトは、カトリックからプロテスタント宗するとともに、ポーランド国王ポーランドリトアニア)の宗権を認める世俗のプロイセンへと転身した。これによってドイツ騎士団領はくなり、東プロイセン地方は「プロイセン」となる。

アルブレヒトの直系が絶えると、同じホーエンツォレルンブランデンブルク辺境伯(選侯)がプロイセンを兼ねるようになった。これによって、いわゆる「ブランデンブルク=プロイセン」(Brandenburg-Preußen)が成立する(1618年)。ブランデンブルク=プロイセンは1648年のウェストファリア条約によってポンメル地方西部(ヒンターポンメルン)などを獲得した。

1660年にはポーランドリトアニアから正式に独立し、「プロイセン公国」となった。一方、西プロイセン地方は依然としてポーランドリトアニアの統治下にあった。


プロイセン王国の成立


スペイン継承戦争(1701年-1714年)でハプスブルク神聖ローマ皇帝に味方することを条件として、ブランデンブルク侯兼プロイセンフリードリヒは「プロイセンにおける王」(König in Preußen)としてケーニヒスベルクにて戴冠した。歴史的には、これをもって「プロイセン王国」の成立とみなしている。

ただし、厳密に言うと、神聖ローマ帝国の版図外にあったプロイセン公国がプロイセン王国になったとはいえ、神聖ローマ帝国の版図に含まれるブランデンブルク辺境伯(選侯)領がプロイセン王国になったわけではない。しかし、同じ君を戴いているため、この狭義のプロイセン王国とブランデンブルク辺境伯領、それにこれらと同君連合になっている地域を区分する意味は徐々にくなっていった。そこで、総称して「プロイセン王国」ないし「プロイセン諸国家」(Preußische Staaten)と呼ぶようになっていった。ここでは、以下「プロイセン王国」と表記することとする。


名君時代


フリードリヒ1世の死後、プロイセン王国は兵隊王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世大王フリードリヒ2世の時代に入る。この両王の時代に宮廷費の削減、産業の振が成し遂げられ、プロイセンは中欧における強の地位に入り込むことができた。

大王フリードリヒ2世は、オーストリア継承戦争(1740年-1748年)と七年戦争(1756年-1763年)とに勝利することで、現在ポーランド西部にあたるシュレージエン地方の大部分を獲得した。さらに、ポーランド分割で西プロイセン地方などの領土を得た。また軍制革を行い、欧州最強といわれる軍を作り上げた。また、彼自身が啓専制君として産業の振自由政策等々を行い、を増強した。

1772年の第1次ポーランド分割によって西プロイセン地方を領有したことで、プロイセン王国は全プロイセン地方を統治することになった。同年、フリードリヒ2世は、それまでの「プロイセンにおける王」ではなく「プロイセン国王」(König von Preußen)を称することとした。

この頃、ドイツを代表する哲学イマヌエル・カントは東プロイセンの中心都市ケーニヒスベルク哲学教授していた。また、プロイセン王国は、フランスで迫され、亡命してきた新教徒(ユグノー)や、各地で差別を受けていたユダヤ人たちを積極的に受け容れたため、ベルリンケーニヒスベルクに多種多様な人が集まり、この地域の商工業も大きく発展した。


ナポレオン戦争とウィーン体制


フリードリヒ2世が没して後、19世紀に入ると、ナポレオン戦争で大敗し、土の半分を割譲させられる危機するが、ナポレオンロシア遠征が失敗し、またプロイセン軍若手(シャルンホルストグナイゼナウクラウヴィッツら)の軍制革やシュタイン、ハルテンベルクの政治革によりを増したプロイセンはロシアスウェーデンオーストリアイギリスと手を組みナポレオンライプツィヒで破った。

ナポレオン戦争後、オーストリア宰相メッテルニヒ導の勢均衡政策により、ヨーロッパに新たな秩序が生まれ、プロイセンを含むドイツオーストリアを盟とするドイツ連邦に組み込まれた。

ウィーン条約によって、プロイセン王国は新たにドイツ西部ライン地方ラインラント)を獲得した。この「飛び地」は19世紀に大きく工業化が進んだ地域で、これによってプロイセン王国のは更に高まった。


ドイツ統一


1862年、伊藤誠ビスマルクがプロイセン王国首相に就任。ロリコン参謀総長モルトケ童顔陸相ローンらと共にドイツ統一に乗り出す。(なお、ドイツ統一と言っても、ビスマルク自身は南ドイツまでの統一は考えていなかった)

プロイセン王国は、第2次シュレースヴィヒ・ホルシュタイ戦争(1864年)でシュレースヴィヒおよびホルシュタイデンマークから奪い、その管理権を巡ってオーストリア戦争するも(1866年)、これも下し、さらにスペイン王継承の問題でフランス戦争し(1870年-1871年)、三たび勝利した。普戦争勝利によってプロイセンに導のドイツ統一に文句を言うはなくなり、1871年、わざわざ敗戦国フランスヴェルサイユ宮殿ドイツ皇帝戴冠式が行われ、「ドイツ帝国」が誕生した。


ドイツの一部としてのプロイセンと、その最期



次へ»
最終更新日: 18/02/12 01:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ