ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘビィボウガン


ヨミ: ヘビィボウガン
掲示板をミル!
333カキコ!

ヘビィボウガンとは、クロスボウに類似した架の武器である。

この記事では、アクションゲームモンスターハンターシリーズに登場するヘビィボウガンに関して記述する。

概要

ガンナー
ヘビィボウガン

火力に重点を置いた、もとい特化した遠距離用武器。手持ちの弾丸(アイテム扱い)を用いて攻撃する。

実在クロスボウバネののみで矢を射出するが、当武器は同ゲームに登場するライトボウガン同様、基本的には(バネ)状機構と火を組み合わせた複合機構で弾丸を発射する。そのため多くのヘビィボウガンには状の構造があるが、中には火のみで射出する物も存在する。

折りたたみ式の大であるため、武器を構えている間は取り回しに難がある。このため走る事が出来ない。が、オプションシールドを付ける事で防御面はある程度カバーな他、回避アクションの前転等を移動に用いる事である程度補う事が出来る。
MHFでは秘伝書スタイルによって機動や回避を補う要素が追加されている(後述)。
また、MH3P以降は射撃後の側転回避が可になり、移動速度若干善された。

ボウガン自体の攻撃が非常に高く、基本的に装填出来る弾丸の種類は少ない反面強な弾丸の装填数が多いのでメインダメージ要員として活躍できる。
反面、反動リロードなどの隙も較的大きい。前述の機動性の低さも相まって立ち回りには細心の注意が必要な、非常に難易度の高い武器種である。

ダメージソースは通常弾と貫通弾だが、武器によっては散弾や属性弾の運用が得意なものもあるため、モンスターに応じて使い分けが必要となる。さらにパワーバレルとシールドリミッター解除の有などで立ち回りがガラリと変わるので、極端な話ヘビィボウガン一丁につき装備セット一式を用意する場合もある。

弾種によって得意とする距離感も違ってくる。特に貫通弾は接近しすぎると逆に火力が出ないため、間合いの取り方は特に重要である。
適切な距離からの攻撃が理想だが、元々の攻撃の高さから少々離れた位置からでも一応のダメージを与える事はできる。弾と相談して安全策を取るか否かを判断しよう。弾が足りなくなるようでは笑い話にもならない。

また、ガンナー全体の特徴として防御が乏しい。一撃も喰らわないつもりで戦う事が大事である。


改造


ヘビィボウガンは基本的に全てオプションとしてパワーバレルかシールド、倍率可変スコープへの改造が行える。

パワーバレルは弾丸の威が飛躍的に向上する。ヘビィボウガンの長所を伸ばすパーツ
シールドは防御性は低いものの、射撃や回避といった動作中を除き前方からの攻撃や哮を自動でガードしてくれる。またしゃがみ撃ち中も機する。機動性が低く防御も低いヘビィボウガンの短所を補うパーツ
パワーバレルとシールドはどちらかしか装備が出来ないため、自分に合ったパーツを選ぶのがポイントとなる。
可変スコープターゲットカメラの倍率を変更できる。倍率を下げて全体を見渡したり、遠距離から精密な射撃を狙う際に役に立つ。だが、慣れていないとウッカリ倍率を変えてしまって慌てる場合があるので、大モンスターに挑む前に練習しておこう。なおこちらはパワーバレルまたはシールドと併用が可

しゃがみ撃ち

MHP3からの新モーション、その場でしゃがんでボウガンを構え、通常よりも多くの弾を装填して連射する。
どの弾をしゃがみ撃ちに使えるかは、武器ごとに決まっている。
リロードなしで通常よりも高速で連射できるため、非常に高い時間当たり火力を発揮する。

ただし、しゃがんで構えるだけに撃っている間は一切動けない。PTプレイでは仲間拘束ダウンに成功した時、ソロプレイでは閃光玉を活用したり、モンスターが大きな隙を見せたときなどに積極的にねじ込む事で価を発揮する。
使いこなすには修練が必須だが、その火力は筆舌に尽くしがたい。
ライトボウガン属性弾速射の火力も強ではあるが、相手が極端に属性に弱く弾に強い敵でもない限り、しゃがみ撃ちの火力が劣る事はほとんどいと言えよう。


リミッター解除


MH3Gから可になった改造レア度の高い(6以上)ヘビィボウガンは加工屋でリミッターの解除が可となる。
リミッターを解除するとしゃがみ撃ちが行えなくなり、射撃後の側転回避が出来なくなり、移動速度が遅くなる。だがそのかわりに基本攻撃が劇的に向上し、撃弾の発射が可になり、しゃがみ撃ち対応弾の基本装填数がアップする。またシールドの性が向上する。
挙動としてはMHP2時代のヘビィボウガンに近くなるため立ち回りの難易度アップするが、悪な火力が引き出せるため熟練者を中心に用者は多い。

撃弾リミッター解除したヘビィボウガンのみ使用可な特殊強装弾で、ガンランス竜撃砲の機構を応用したもの。ガンランスは基本的に段数制限がい反面、一度撃ったら排熱時間が必要だが、こちらはカートリッジ式のため連射が可。ただし装弾数は10発、威本家べると控えめである。
弾丸の発射ではなく熱放射なので射程距離は短いが威は非常に高く、射撃時の反動で大きく後ずさる。転倒や拘束の際に積極的に狙う事で追加ダメージを期待できる。

MH4Gからはリミッター解除したヘビィボウガンに限り、現在装填中の他の弾丸と同時に装填が可となった。
装填はそれぞれ行わなければならないが、通常弾で転倒させて即撃弾で追撃といったコンビネーションが可となり使い勝手が劇的に向上した。

モンスターハンター4からの新要素

武器出し状態で段差からジャンプした際に武器による叩きつけ攻撃を兼ねたリロードが出来るようになった。
さらにこの攻撃は「乗り」にも繋げられるため、モンスターへの接近が非常に高リスクな武器ではあるが、乗り成功時の長時間ダウンは大ダメージイコールなため狙ってみる価値もくはない。 

さらに新たな照準タイプが追加され、Rボタンを押した際 従来のハンターの向いている方向に照準を合わせるタイプと、カメラの向いている方向に照準を合わせるタイプを選択出来るようになった。これをターゲットカメラの機と組み合わせる事で素モンスターに狙いを定める事が出来る。

MHF

ベースMH2
シリーズよりクリティカル距離が長く倍率も1.7倍と高い。
また、属性弾の威補正がかなり高めに設定されており、滅弾以外の全ての属性弾を有効に使用する事ができる。
シーズン期は視の麻痺弾などで活躍、それが修正された後のフォワード期は高性な秘伝スキルで広く普及し、Gに入ってからは属性圧縮撃ちで属性攻撃も備、その後しばらくは「ヘビィボウガンのせいで新モンスターの弾質が硬く設定される」などと言われるほどであった。
しかしながら、それを受けて他のガンナー2種が上方修正された事で置いて行かれ気味になり、G後期は売りのはずの火力ライトボウガンに負ける事態となっていたため、G10でバランス調整を受けた。

以下のG10バランス調整はに通常弾を意識したものとなっているが、1つの効果の実装に伴ってクリティカル距離の前半でヒットした時に手なエフェクトが出るようになっている(弾種問わず)。

その後MHF-Zの全部機種バランス調整で以下のように調整され、現在は総合的な使いやすさでライトボウガンのほうが普及している面はあるものの、性的には申し分ないものになっている。

これらの調整によって通常弾は圧縮撃ち、貫通弾は単発撃ち(通常の射撃)に優れるようになった(散弾、属性弾はどちらも優秀)。
そのほかにも装備、秘伝書スタイルなどから単発撃ちと圧縮撃ちを使い分けることが重要になる調整である。

なお同じくMH2ベースとするMHP2Gではヘビィボウガン+自動装填が猛威を振るったが、MHFにおける連射スキルの溜め時間を短縮するためのものであり、ボウガンで発動した場合自動装填状態にはなるが、反動が武器の性に関わらず最大かつ反動スキル効になるので付けてはいけない。

また剛種武器系は改造によってパワーバレルとシールドの代わりにヘビィバレルか排熱噴射機構を付ける事が可
前者は攻撃パワーバレル以上に上昇させるもの、後者当該記事を参照の事。


オリジナルアクション


大きく分けるとシーズン10、G1、G8で追加されたアクションと、シーズン8.0と10、MHF-Z実装された秘伝書によるアクションの差し替えの二種類がある。
前者は全てのランク帯で条件に使用する事ができ、後者HR5(かつては500300)やG級昇格という条件を満たすと手に入る秘伝書を装備しスタイルを変更する事で既存のアクションの一部が差し替えられる。

追加アクション

シーズン10

・三連武器殴り
は10・10・20で固定(狩人スキル鈍器殴打術」で3倍)。
ライトと同じく切断属性だが威が2倍。
G1にてモーションが変わったため現在この攻撃を見る事はできない。

ガード向上
そのままガードの性が上がったのだが、火力を落としてシールドをつける状況がほとんどないので空気

G1

圧縮リロード
装填中に表示されるゲージ部分で再び装填入をする事で、装填する弾を圧縮して装填する。
1度に装填できる最大の弾数以上を所持していないと圧縮はできない(通常弾10発装填の場合10発以上の所持が必要)。反動は6段階大きくなる(反動値+6)が普通に発射可で、弾の特性は装填した弾の種類と同じ(貫通弾なら普通に貫通HITする)。圧縮して1発にしているだけであって、弾は装填数分消費するので注意。
圧縮弾は基本的に威に下方修正がかかっており1発あたりの威は本来のものより下がる(貫通弾を1発ずつ6回撃つ>貫通弾6発を圧縮で一度に撃つ)が、装填弾をめて叩き込むため1射当たりの威は高く着弾時に爆発ダメージ)が発生する。
そのため通常弾でピンポイント撃ちして短時間で部位破壊・・・なんて事も可になるが、弾の消費がしく1発あたりの威は前述の通りなので燃費はかなり悪い。
また、散弾以外は反動が発生する状況で撃ち込むとDPSが却って低下するので、DPS向上が狙いなら最低反動撃ちにする必要がある。6段階も反動が上がるため、使用する弾と武器自体の反動値によってはスキルがあっても反動を避けられない事もあり、反動圧縮撃ちする弾の装填数を考慮した武器選びとそれに合わせたスキル構成が重要になってくる。
状態異常弾も圧縮だが、蓄積値は圧縮した弾の総蓄積値の8割になる。捕獲用麻酔弾は圧縮できないため、一発モンスターを捕獲するといった事はできない他、拡散弾やペイント弾なども圧縮不可能
なお圧縮タイミングの関係でリロードした間から圧縮受付が発生しており、ゲージ部分で入してしまうと弾が詰まったかのような圧縮リロード失敗モーション(隙が大きい)となり、弾は圧縮されないで普通に装填されるので注意が必要(リロードの入を連打していると起こりやすい)。
排熱噴射機構熱照射のゲージは装填数分の弾分+スキルの溜め撃ち補正分が一気にチャージされるが、やはり下減補正がかかっており、普通に撃つよりも1発あたりののゲージ上昇量は少なくこちらも燃費が悪くなっている。
コンスタントに攻撃できる状況で効果を発揮し貫通弾の運用に特に優れる単発撃ちと、短い隙に大きな一撃を撃ちこめて通常弾の運用に特に優れる圧縮撃ちというに使い分けていくことになるだろう。

・三連武器殴り
上述の武器殴り3連発が別のモーションに差し替わっている。
2撃叩き付け、3撃斜め上方向に射撃(ガンス撃のように射程は短い)する。
弾がリロードされていなくても撃可で弾も消費しないが、このモーションになってから切断属性削除されているようだ。

秘伝書スタイル

MHFにおけるスタイルシステムではなく一部のアクションが置き換わる事で、狩りの体感や立ち回りが変化するというものであり、で一部アクションが変化、から更に一部アクションが変化となっている。

また、MHF-Zで全武器に新しいスタイルである極ノが追加されGR1(当初はGR300だった)から使用可になった。
地・はそれぞれ個性が強く使い分けるという趣であったが、極ノG級から使用可と言うことで既存のを併せ昇させたという性質が強く、物によっては他ののほぼ上位互換となっている。
しかし、そのため逆にできるアクションが多すぎて(コマンドの兼ね合いもあって)使いこなすのが難しかったりスキルが足りなくなったりする武器種もある。
全武器(元からできる武器は除く)にスタミナを使用しての抜ダッシュとふっ飛ばされ時の任意受け身が追加されている。
ダッシュは立ち状態から以外に多くの攻撃アクション後の隙をキャンセルして出すことができる。

天ノ型

次へ»
最終更新日: 18/09/16 02:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ