ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘボット!


ヨミ: ヘボット
掲示板をミル!
1249カキコ!

ヘボット!』とは、バンダイより発売された玩具及びバンダイナムコピクチャーズメ~テレ製作テレビアニメである。2016年9月17日発売、同年9月18日よりアニメ放送開始。全50話。

本項はアニメの内容を扱う。


概要


ニチアサキッズタイムに属する、メ~テレ製作テレビ朝日系ネットでは久方ぶりの本格ギャグアニメ
ニチアサ7時でのギャグ作品となると、『ニャニがニャンだー ニャンダーかめん』や、勇者シリーズではコメディ路線寄りの『黄金勇者ゴルドラン』以来といえる。
しかし、日曜ニュース番組新設に伴う再編成により放送自体が止になる運びとなり、結果本作がニチアサ7時最後の作品となった。

バンダイバンダイナムコエンターテインメント月刊コロコロコミックバンダイナムコピクチャーズによる共同プロデュースなだけあってキャラクター玩具ゲーム漫画連載とメディアミックスにはかなり気合が入っている。ちなみにゲーム基本無料な模様(※課金要素がいとは言ってない)。

製作スタッフは、監督に「FAIRY TAIL」「ログ・ホライズン」などを手掛けた石平シリーズ構成アニメポケモン、前々の「ブレイブビーツ」、「ダンボール戦機」「コロッケ!」などコロコロアニメと縁の深い冨岡淳広と、FAIRY TAILでもタッグを組んだ経験がある2人が顔を並べている。

本当にギャグアニメなの?

そもそも公式サイトに記載されているストーリーが既にギャグ方面に振り切っているほか、監督ツイートによれば収録がカオス、脚本もぶっ飛んでおるとのことなのでギャグアニメなのは確かである。

↓以下、原文のストーリー

舞台は、ネジの形のネジ

このでは言葉を巧みに使った【ボキャバトル】で
人々を爆笑の渦に巻き込むことが盛ん。

ボキャバトルとは【ボキャボット】同士が【ボキャネジ】を頭に
さしてギャグを生み出し対決する、最っ高に熱いギャグバトル
この世界のすべての物事はボキャバトルの勝敗で決まる!?

ヘボすぎる主人公のボキャボット【ヘボット】と
ユル~い王子の【ネジル】との凸凹コンビがおくる、
はちゃめちゃギャグストーリー

二人の周りには様々なボキャボット達が続々登場!
個性あふれるちょっとヘボ可愛いキャラクター達が、
ヘボットとネジルにボキャバトルを仕掛けてくる。
ボキャバトル勝利するため、ヘボットとネジルのネジ集めの日々が始まった!

ふたを開けてみれば次から次へと予想がつかない展開が襲う、まさにカオスアニメとしか言いようがない内容であった。しかしその一方で1話以来意味深シリアス要素がちりばめられてはいるが…

なお、本作は放送中にソーシャルゲームスーパーロボット大戦X-Ω」への参戦が告知された
参戦時期は本編終了直後の10月
放送開始から1年1ヶの、スパロボどころか同アプリですら異例の超スピード参戦となっている。
このことから、一応ロボットアニメとしてもカウントされる……のか?


登場人物



メインキャラクター


ヘボット - CV井澤詩織
本作の主人公である黄色いボキャボットで、ネジルのネジ魂によって誕生した経緯を持つ。名前は「ヘボいボキャボット」の略(ネジル命名)。頭にはヘボヘボネジというネジがささっている。表情豊かでネジルといっしょに息つく間もなくギャグを繰り広げる。おならのような「屁ボーン」をこくと何か奇跡が起きるが、こいてみる何が起こるかわらない。好物は「いもチン」というスナック菓子で、いもチンのためならなんでもする。
その場のノリで頭身の上がった女装姿を披露する事がある。女装姿は女子高生姿の「JKヘボット(通称:ヘボ子)」、レディースーツ姿の「ヘボスターリング官」などバリエーションに富む。
ネジル・ネジール - CV田村奈央
ネジ王子にして、ヘボットの相棒。11歳。周りがドン引きするレベルネジマニアで、ネジのためならなんでもする。
ジルハナジール国王CV辻親八)とのボキャバトルでヘボットがヘボすぎたために負けて王位につけず、ネジ屋を営んで修行中の身。
ヘボットと同様、頭身の上がった姿や老人姿など、その場の勢いで劇中さまざまな姿が登場する。
ペケット - CV山岡ゆり
22話より相棒のチギルとともに登場。ヘボットのを自称するいボキャボットで、ヘボットが屁をこくようにから大量の放をする。ヘボットのように頭身の上がった女装(通称:ペケ子)をする事がある。
ギル・チギール - CV前野智昭
22話より登場。ネジルの3歳上ので、何かと「ダメだダメだ!」と厳しいダメ出しをしたがる。本来は弱気な性格だったようで、精ダメージを受けるとしおしおの姿になる。ネジルが物心つく前に修行に出ていたため、ネジルはがいた事を知らなかった。
エル - CV:新
主人公を夢見る熱血少年主人公の座を乗っ取ろうとしているが本人のヘタレさからうまくいかない。
本人も存在を知らなかった「モエナイ」というがいる。
カスリーナ - CV尾崎真実
ヒロインを夢見る強かな少女。モエル主人公にしようと毎度画策するがいつもうまくいかない。
二つの見たの「カスリーナ」とは別人らしい。
チャット - CV内田岳志
エルカスリーナと行動をともにするボキャボット。三人合わせて「モエカストリオ」と呼ばれる。メガネ帽がトレードマーク。登場後しばらくは「キャラが薄い」との批難を浴びる事もあったが、のちにキャラを絞り出し八頭身の「スーパーチャットスーパー」へ変身できるようになった。
ボキャ美 - CV新井里美
ヘボットに思いを寄せるストーカーキャミソールを着た少女の姿をしているが本体は頭に刺さったボキャボット。
ヴィーテ - CV日野由利
なんだか意味深そうな人。いったい何者なのだろうか…
ネジユーコ - CV藤井ゆきよ
某有名ホラー映画出てきそうなルックスの女性。既婚者。最初はゲストキャラかと思われていたが、気がついたら準レギュラーキャラぐらいまでの出番のある準ヒロインになっていた。

エトボキャボット


 干支を模したボキャボット達。多くがヴィーテと繋がっており、何らかの意図でネジルをサポートしている模様。ヘボットと合体で、各々が持つ「エトネジ」により固有の「エトコンボ」を発動させる事ができる。
 順を追って玩具化されていたが、売上不振により後半の6体は頭に刺さったネジのみのまとめ売りになった。この扱いはアニメ本編でもネタにされており、本体未発売のエトボキャ達は「ネジだけボーイズ」を結成して「ネジだけだよ」というキャラソンを披露した。

DJサルキー - CV:中務
モチーフとした紫色のボキャボット。ラッパーのような口調が特徴で、韻を踏んだしゃべり方をする。
カットタイガー - CV山口智大
トラ自動車を掛け合わせたような姿のボキャボットで、頭部にはハンドルを模したネジが刺さっている。
スカイラビット - CV山岡ゆり
ネジからのような姿をしたボキャボットで、頭部にはポストを模したネジが刺さっている。大きなを用いた飛行術を生かし、郵便配達業で生計を立てている。
ダディボア - CV横島
モチーフとしたボキャボット。ヘルメットを被った熱血親父で、なんでも破壊してしまうが子供には優しい。なぜか時たま八頭身の姿になる。
グロール - CV内田岳志
モチーフとしたボキャボット。熱いものはなんでも消してしまう消防キャラ。トグロを巻いた見たによりトイレに流されそうになる。
ハクセンチョウ - CV青山穣
モチーフとしたボキャボット。どんな事もいいでいい感じに言ってしまう。相棒トリッキーとさすらいの冒険に出ている。
チャラレッド - CV内田岳志
モチーフとしたボキャボット。リーゼントサングラストレードマークロックな性格をしている。
キアドラゴン - CV黒田崇矢
モチーフとしたボキャボット。「ゲキドラ飯店」の店長を務める凄腕の料理人。が3人いる。
ときどきスケバン刑事のような八頭身女装姿になる。
ポリドロケン - CV青山穣
モチーフとしたボキャボット。熱い正義に燃えるお巡りさん。実は二重人格で、になると怪盗の人格が現れる。物語後半ではナグリ王妃によりネジ警察組織が設置された事により、大量の同とたびたび登場するようになった。
デンタウロス - CV山口智広
モチーフとしたボキャボット。いろいろあって会者から歯医者へと転職した経歴を持つ。人生の敗者を自称している。「ミソタウロス(CV磯部勉)」という双子がいる。
ダガシー - CV関口英二
モチーフとしたボキャボット。屋台を引いて全している。フーテンのさんがキャラモチーフになっており、非常に女性に惚れっぽい。何かとの名前を叫ぶ(の名前は毎回違う)。
ハッカネズミ - CV下山吉光
モチーフとしたボキャボット。頭天才ハッカー

その他



次へ»
最終更新日: 18/01/23 21:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ