ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ


ヨミ: ヘレスデラフロンテーラ

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ[外部]とは、スペイン南部アンダルシア州にある都市である。


シェリーの産地として有名。

2~3月にヘレスフラメンコフェスティバル4月祭りが行われ、
5月には近郊のヘレスサーキットMotoGPが開催される。


位置と気候


スペイン南部アンダルシア州の西部にある。首都マドリッドから南へ465kmで、ちょっと遠い。

海岸線地は15km離れている。最も近い港町はカディス[外部]

地中海性気で、晴れが多く、は暑くも温暖であり、ヨーロッパの中でも屈の暖かい土地である。


都市名の由来


レス・デ・ラ・フロンテーラのフロンテーラとはの意味で、
かつてこのあたりがキリスト教イスラム教だったことに由来する。

レス・デ・ラ・フロンテーラの近くには「~・デ・ラ・フロンテーラ」の地名が点在する。
チクラーナ[外部]コニル[外部]アルコス[外部]など。

レスJerezは、紀元前15世紀から紀元前8世紀まで地中海全域で活躍したフェニキア人[外部]
レス(Xeres)に由来する。
フェニキア人の本拠地はシリア西岸のここ[外部]で、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ[外部]までやってきていた。


シェリー酒


レス・デ・ラ・フロンテーラはシェリーの産地として名高く、メーカー60社ほどある。
の各地に蔵があって、そこには樽が並んでいる[外部]

シェリーを簡単に説明すると、いわゆる精強化ワインの1つであり、
ブランデーをつぎ足してアルコール度数を高めたワインのことをいう。
普通ワインアルコール度数は高くても14なのに対し、
シェリーアルコール度数は15~22程度になる。

ワインに継ぎ足すブランデーもヘレス・デ・ラ・フロンテーラで作る。シェリーブランデーという。
ブランデーを簡単に説明すると、ワインを蒸留させてアルコール度数を4050%に高めた
蒸留を簡単に説明すると、を煮込んで気体にして、気体を集めて液体に戻すこと。

レス・デ・ラ・フロンテーラのあたり
白い石灰質の土壌[外部]で、ブドウの栽培に適している。
が安定して毎年ブドウの出来映えが良いので、「ヴィンテージワイン(年代物)」の概念がない。

レス・デ・ラ・フロンテーラ周辺で決められた製法によって作った製品だけが、
シェリーを名乗ることを許される。



シェリーを上手く作るには何度も味見しなければならない。
この味見をする職業の人はヴェネンシアドール[外部]という。

ひょろ長いヴェネンシア[外部]という具を使ってシェリーから取りだす。
には小さないていて、栓を抜くとヴェネンシアを入れることができる。

ひょろ長いヴェネンシアの中の面より深いところからシェリーを抜き取る。
面近くのでは味見に適さないのである。

ヴェネンシアで1mの高さからグラスに注ぎ、味見する[外部]
ジョボジョボとグラスに注いで空気に混ぜ合わせるエアレーションという行為も重要で、
これをする・しないで味も変わってしまう。


レス・デ・ラ・フロンテーラのヘレスサーキットで二輪レースの最高峰であるMotoGPが開催される。
その表式では、シェリー酒グラスをかたどったトロフィー[外部]が贈呈されるのが恒例。

MotoGP関係者がシェリーメーカーに招待されることがある。
ゴンサレス・ビアス[外部]というティオ・ペペ[外部]を作る有企業が定番。
記事1[外部]記事2[外部]記事3[外部]検索1[外部]
ホセ・エステヴェス[外部]という企業に招待されることも多い。記事1[外部]記事2[外部]検索1[外部]

MotoGP関係者に限らず、シェリーメーカーは著名人を盛んに招いて、サインをしてもらっている。
この記事[外部]によると、各の王族・皇族を招いてサインしてもらっている。




14世紀ごろからヘレスワイン英国に輸出されるようになり、英国の社交界で人気を博した。

なぜかというとフランス百年戦争を始めてしまい、フランスワインを買えなくなったからである。
しかたないからカディスの港[外部]から出荷されるヘレスワイン買ってみたら美味しかった。
16世紀の文シェイクスピアはヘレスワインに惚れ込んでいて、全作品中で44回も言及している。
モーム[外部]ディケンズ[外部]といった19世紀の人気小説家も「ヘレスワインは美味しい」と賞賛している。

こうした英国人の宣伝活動により、ヘレスワイン世界中に広まることになった。
そして、ヘレスワインは「シェリー」という英語名で定着することになった。
レスシェリーは同じで、本来なら「ヘレス」というスペイン語名で広まるはずだった。


春の馬祭り 王立アンダルシア馬術学校


レス・デ・ラ・フロンテーラは産も盛んである。
とはいっても競走用のサラブレッドではなく、乗馬用のアンダルシア馬[外部]を生産している。
アンダルシア芦毛(白い馬)[外部]が多く、スペイン英国デンマークの王室が好んで採用している。


4~5月レス・デ・ラ・フロンテーラでは春の馬祭り[外部]が開催され、
に乗って練り歩いたり、飾りを付けたに乗ったり、
とにかくメインお祭りになる。
Youtubeにも動画がある。動画1[外部]動画2[外部]動画3[外部]



レス・デ・ラ・フロンテーラには王立アンダルシア馬術学校[外部]があり、乗の技術を継承している。
1975年スペイン王室によってラス・カデナス宮殿[外部]の中に設立された。

ここは学校として格が高く、際大会でトップになるような騎手を輩出している。
週1~2回ショーが、週2~3回練習開され、18ユーロ華麗な乗馬を見学する[外部]ことができる。
Youtubeにも動画がある。動画1[外部]動画2[外部]動画3[外部]


フラメンコ発祥の地


レス・デ・ラ・フロンテーラはフラメンコの発祥地とされる。

フラメンコ学校もいくつかある。

毎年2月から3月にかけて、ヘレスフラメンコフェスティバルという催しが開かれる。
スペインを代表するフラメンコダンサーが集結し、演したりレッスンしたりする。
1997年から毎年開催されていて日本から馳せ参ずる人たちも多い。
動画検索するといろいろと動画がヒットする[外部]


闘牛士が住んでいる


レス・デ・ラ・フロンテーラには闘士が住んでいて、を牧場で育て、闘練習をしている。


二輪レースの最高峰であるMotoGPヘレスサーキットで開催される際、プレイベントとして、
MotoGPライダーが招待され闘を体験させられることがある。記事1[外部]記事2[外部]記事3[外部]記事4[外部]

結構な勢いで丸々太った牛が突進してくる。[外部]

が怖くなったら(そりゃ怖いだろう)闘牛場の壁の中に逃げ込む[外部]ことを許される。


二輪レースの聖地 ヘレスサーキット


アンダルシア西部のヘレス・デ・ラ・フロンテーラにはヘレスサーキットがあり、
二輪レースの最高峰であるMotoGPが毎年5月に開催される。

大勢の観客が押し寄せて、大きな盛り上がりを見せる。

このサーキットも暖かいので車両テスト走行に最適であり、テストにも多用される。
MotoGP関係者にとっては聖地のような存在となっている。

詳しくはヘレスサーキットの記事を参照してください。


関連項目



最終更新日: 18/05/01 15:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社