ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヘヴィメタル


ヨミ: ヘヴィメタル
掲示板をミル!
226カキコ!

ヘヴィメタル英:Heavy Metal)とは音楽形態のひとつ。俗称はメタルヘビメタなど。(ただしヘビメタという呼称は多分に蔑称的要素を含んでおり、肯定的な意味ではあまり使われないので注意)
ニコニコでは関連動画に「メタルタグを付けるの一般的。

ハードロックの延長線上にあり、音楽性の類似からHR/HM(もしくはHM/HR)と表記される事が多い。


語源


heavy metal(重金属)はもともと麻薬者の究極状態を意味するスラングであったが、音楽として使われるようになったのは、HRバンドであるブルーオイスターカルトプロデューサーであったサンディパールマンが、彼らの音楽性を形容するために転用したのが最初である、とされる(諸説あり)。

もっとも、この言葉が音楽業界に浸透するになったのは、1970年代末期-80年代初期のNew Wave of British Heavy Metal (NWOBHM)がきっかけである。当時盛を誇っていたパンクロックニューウェイブに対抗する形で、Iron MaidenやDef Lepard、Saxonなどの新人ハードロックバンドを新しいキャッチフレーズで迎えるため、音楽ライタージェフバートンが、ハードロックの代わりにへヴィメタルという言葉を当てはめ、New Wave of British Heavy MetalとしてSounds上で紹介したのが始まりである。80年代前半以降は、ハードロックブルースやブギー、ロックンロール色の強いものをし、へヴィメタルはより攻撃的な演奏を含むものを意味することが多くなった。


特徴


サブジャンルが多く一概にすることは難しいが、総じて言えるのは、重くんだギターと叫ぶように歌うボーカルデスメタルなど一部のジャンルでは、を押しつぶすようにして歌うだみ声=デス)であり、ほとんどの楽曲で速弾きを中心としたギターソロが挿入される。他にも、ギターチューニングを下げて低音を出すこともしばしば行われ、また、バスドラムを二つ使った(ツーバスと呼ばれる)たたみかけるようなリズムキープの曲も多い(Deep Purpleイアン・ペイスiron Maidenニコ・マクブレインLOUDNESSの故・樋口宗孝など、あえてワンバスにこだわるHR/HM系のドラマーも少なくない)。


ビジュアルの変遷


ヘヴィメタルバンド(あるいはそのファン)のステレオタイプな特徴として、レザーファッションに長と言うのがある。レザーファッションに関してはJUDAS PRIEST1979年にレザーに鋲を付けたものを着るようになってから「レザー&スタッド」と呼ばれるファッションがみられるようになり、また上述のNWOBHM盛により「デニム&レザー」と呼ばれるファッションが定着する。

1980年代中期になると、アメリカンへヴイメタルバンドの台頭(LAメタルムーブメント)とともに、商業的な成功のための要素の一つとして、ビジュアル面にも気を遣うバンドが多くなり、レザーよりも手なメイクスパッツ(もしくは特注のタイツ)を着用することが流行した(RattやMotley Clueなどに典をみることができる)。1990年代以降はカジュアル装も立ち、グランジオルタナ系の影もあってか、一部のメタルミュージシャンファッションにまで影を与えている。また、黒Tシャツにレザーパンツと言ったシンプル装も多い。

髪型に関しても、70年代こそ伸びっぱなしの長が多かったが、80年代に入る頃にはパーマを当てたり、髪の毛を逆立てたりと様々な髪型が誕生した。1990年代以降はバンドコンセプトによって様々である。

一見、全てのメタルミュージシャンが長であるかのように思われそうだが、ロブ・ハルフォード、ウド・ダークシュナイダーグラハム・ボネットのような短ミュージシャン1980年代には少なからず存在していたが1990年代に入る頃には坊主スキンヘッドにするメタルミュージシャンも急増している(例:ケリー・キング、ロブ・ハルフォードジョーダン・ルーデスフィリップアンセルモ、高崎晃など)。

その他、年齢と共に禿げてきたせいで長カツラを着用するミュージシャンも存在する(例:リッチー・ブラックモアジョー・リン・ターナーマークリアリ、マークボールズなど)。 


ニコニコにおけるメタル


psycho氏に代表される「Metal Of~シリーズなどのアレンジ系、涼宮ハルヒ○○シリーズ演奏してみた歌ってみたMAD、ひいては釣り動画までと、較的に活発にアップロードされやすい傾向がある。

また、いわゆる入門編などの一見さん歓迎動画が他の音楽ジャンルより多いことも特色。
これは、90年代以降にをつけてきたメロディック・スピードメタルが近年のアニメソングと類似している事が考えられる。

当然ながら、他に音楽ジャンル同様Vocaloidに歌わせるケースもあるが、ミクメタルを苦手としている事もあってかあまり多くはない。が、メタル演奏重視を逆手に取り、ソロフレーズを丸ごと歌わせたりするなど新地も誕生している。(口ギター) そして、VSQ研究によりメタルシャウトエフェクターを使用することで擬似シャウト歌唱を行うことが出来る技術が発見されると、徐々にメタル系楽曲が増えるようになった。

アングラデス系等の音楽較的充実しており、ライブ映像などがよくアップされている。

なお、「ツーバス」を踏み続ける事が多いので「ドコドコ」、もしくは「dkdk」などと弾幕られる事が多く、また空耳歌詞も多くられるため、コメント阿鼻叫喚の状態になることも時々ある。


ニコニコ生放送


ニコニコ生放送動画紹介カテゴリにてメタル専門のリクエスト放送を行っているニコニコミュニティも数多く存在する。放送内容はコミュニティによって大きく異なり、デスメタル中心の放送やジャパメタ専門の放送など様々である。メタルに関して非常に幅広い知識を持つ放送者・視聴者も多く、バンドの新譜の内容や知る人ぞ知るマイナーバンドについての情報交換の場としても楽しめる。

公式生放送に関しては、2009年2月辺りにデーモン閣下が登場したのが初となるが、その後2010年8月マーティ・フリードマンバンドメンバー募集企画マーティP参照)、2011年6月LOUDNESSアメリカ演、2011年7月DIR EN GREY9月DREAM THEATERニコファーレでのマーティライブ11月WHITESNAKEを始めとするワーナーミュージック・ジャパン所属のハードロックバンドの特集など、2011年辺りからに1~2度程度ではあるが少しずつ特番が放送されている。


サブジャンル


メタルは時代は経るごとに、他の音楽との融合や洗練を繰り返し続けているため、非常に細分化されており多数のサブジャンルを抱える。
それゆえに、同じメタルと言うカテゴリにおいても全く違う音楽性を示す物も多く、例えリスナーであっても全な把握は難しい。

また、ジャンルによって全くリスナーが異なるので、当然のように動画空気も変わってくるので注意されたし。


ヘヴィメタル≠ヘビメタ?


最近ではほとんど死語であるが、「ヘビメタ」という呼称は一種の蔑称、または差別であり、メタラーはその呼び方を嫌うので注意が必要である。


次へ»
最終更新日: 16/10/16 16:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社