ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ベニス


ヨミ: ベニス
掲示板をミル!
24カキコ!

フランスパリってよォ…… 

英語では
パリスPARIS」
って いうんだが
みんなは
フランス語どおり
パリって発音して
呼ぶ
でもヴェネツィア
みんな「ベニス」って英語
呼ぶんだよォ~~~
「ベニスの商人」とか
「ベニスに死す」
とかよォ――

なんで
ヴェネツィアに死す」って
タイトルじゃあ
ねえーんだよォオオォオオオーーッ

それって納得いくかァ~~~
おい?

オレはぜーんぜん納得いかねぇ……

ジョジョの奇妙な冒険55巻よりギアッチョ魂の叫び

ヴェネツィア

「納得」は必要だッ!

『納得』は『誇り』であり、「誇り」のためなら命を賭けれるという人へ。

日本において、地名に始まる固有名詞は現地の発音を用いるのが一般的ではあるが、「ベニスの商人」にしろ「ベニスに死す」にしろイタリア文学ではないので、原題からして「ヴェネツィア」ではなかった。なお、前者はイギリス後者ドイツ作家が書いたもので、ドイツ語ではVenedig(フェネーディヒ)である。
日本に輸入された時は、まだ「ヴェ」や「ツィ」といった表記、発音が一般的でなかった事もあり(「バイオリン」とかそんな感じに)、原題そのままに「ベニスの商人」で安定したのだろう。そして、有名なお話の表記に乗っかるのはよくある話なので、そのまま定着したと。
今は際化も進んで、イタリア語を学ぶ人も増えたし、現地に直接足を運ぶ人も多い。「ベニス」という英語発音は消えはしないだろうが、そのうち「ヴェネツィア」が多数になると思われる。

なお、ヴェネツィアには方言が存在し、本当の意味での「現地」ではVenessia(ヴェネースィア)になる。方言なので当然一般的ではないが、どうしても納得いかない人はこの発音で覚えたらどうだろうか。


関連商品


■azB001F4C5F8
■az4832491148
■azB00005MIKZ
■az4088721756
■az4334751245


関連項目



最終更新日: 16/08/15 14:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社