ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ベルゼブブ


ヨミ: ベルゼブブ
掲示板をミル!
45カキコ!

曖昧さ回避



概要


女神転生シリーズにおけるベルゼブブ

ベルゼブブとは、ユダヤ系列の一教と敵対する悪魔の代表格として、サタンと同等に扱われている存在である。サタンの地位が時代によって上下するのに対し、ベルゼブブは一貫して悪魔たちの首領格とされるのが特徴。

イエス=キリスト新約聖書において「悪魔帝王(かしら)」と呼び、オカルト学者コラン・ド・プランシー地獄の辞典において「地獄帝国の最高君騎士団の創設者」としている。一方サタン野党の首領だったり、三級悪魔だったり(レジナルド・スコット評)と、意外に軽く扱われる場合もあることから、ベルゼブブの方がいかにユダヤキリスト教において重要な敵であったかがうかがえる。

ユダヤ教ラビは「悪魔を放逐するためにベルゼブブの名前を用いたのはよろしくない」とイエスを痛批判した。


歴史


ベルゼブブは英語で「beelzebub」(または「belzebub」)とつづる。これにはいくつかの読み方があるものの、「ベルゼブブ」と呼ぶのが一般的である。もちろん「ベルゼバブ」「ベールゼブ」でも間違いではない。フランスにおいては「belzebuth」とつづって「ルゼビュート」と読む。詩人ウィリアムブレイクは「ルゼブウ(「beelzeboul」)と呼んだ。

ベルゼブブのとなったのはセム人の豊バール」であるといわれる。古代におけるバールの存在は非常に大きく、「王」を意味するものとしてハスバルハンニバル歴史上の人物が名前に取り込んでいる。ラムセス二世時代のエジプトにおいてすら崇拝された。他教の悪魔とさげすんで排斥することで知られるユダヤキリスト教においては最も大きな敵であったらしく、バールとする数の悪魔が見られる。ベルゼブブほか、バール=ペオル、ベルフェゴールベリアル、べリス、ビレト、バエルなどもバールの変化(転訛)である。

このため「バールゼブブ」と記すべきとするオカルト学者もいるが、これは「高い館の王」を意味し、偉大なイスラエルソロモン同一視されかねないので、ユダヤ人が「バアルゼブ(baal-zebubの王)」に変えたという。これがさらになまって、新約聖書では「ベルゼブブ山の神)」となった。他の説として、ギリシャ悪魔学者プセルスが「ヘブライのベルゼブル()がめられてベルゼブブとなった」としている。

[画像を見る]

の王」という概念には、来歴らしきものがいくつかある。一部学者はシリアアコールを「」と呼ぶ文書があり、パレスチナ近辺におけるバールの同義ではないかとしている。歴史学者プリニウスは「ローマシリア殿に対して生贄をげた」と記録しており、また古代アクチウムの殿ではゼウスを「アポミュイオス(を忌避する者)」と呼んで、毎年生贄がげられた。

死者にたかるは「魂の運び手」、あるいは「悪霊の使者」であるとして、西アジアから南ヨーロッパにかけて古くから畏敬的、畏怖的な信仰があり、これと「バアルゼブブ」という名前が重なって不浄な悪魔イメージになった可性が高い。

ただし、よく知られているベルゼブブの肖像「羽にドクロマークのある巨大」は、コラン・ド・プランシー地獄の辞典(1818年初版)が出典で、第6版からの挿絵を担当したM・L・ブルトンが勝手に考えて描いたものである。地獄の辞典はこのほかにもプランシー創作が多く含まれており、重要なオカルト学書でありながら、出典元とするには若干の問題を含んでいる

ヨーロッパに散漫していた実際の伝説も多く収録されており、ネタ帳としては有用である。テレビゲーム女神転生シリーズや「タクティクスオウガ」なども、この本を元ネタにしている部分がある。また、水木しげる漫画イラスト集に登場する悪魔堕天使の姿も、この本の挿絵を流用したものが多い。


色々なベルゼブブ


ユダヤキリスト教が勢を強めるにつれ悪魔扱いされたベルゼブブだが、ヤハウェ唯一神として立脚が弱い時代の文書では、まだ地方として扱われていた。

悪病に冒されたイスラエル8代王アハジヤ(オコジアスとも、在位BC850~849)は、カナン人の都市エクロンにまつられるバアルゼブルへ使者を送り、この病気が治るかどうかうかがいをたてた。それを知ったヤハウェは、エリヤを遣わして王の使者に「イスラエルにはがいないというのか。あなたは必ず死ぬ」という伝言を伝えた。この言葉通りにアハジヤは二年後に死亡している(列王記)。本当にヤハウェが殺したかどうかの偽はともかく、わざわざ他にすがるところから、当時のバール信仰の影がわかる。

新約聖書において、ベルゼブブは「悪魔のかしら」という異名から、サタンの別名として扱われる場合がある。彼はユダヤ人をそそのかしてイエスの処刑に成功し、そのまま府に閉じ込めようと画策する。しかし天使につかまって両手足、首、口をで縛られたあげく、第二の来臨(最後の審判)まで府に封印されることになった(ニコデモ福音書)。

このように聖書において封じられたはずのベルゼブブだが、その知名度の高さから中世オカルト研究や、民話、文学などで頻繁に取り上げられるようになった。それらや上述のプランシーの著作が、現代につながるベルゼブブのイメージを形成したと思われる。府にとらわれている設定など全に視である。以下はその例。


日本におけるベルゼブブ


神道仏教である日本では、近年までキリスト教由来の悪魔サタンを除き、さほど有名ではなかった。ベルゼブブを筆頭とする多種多様な悪魔の知名度が上がったのは、7080年代オカルトブームや、漫画アニメゲームといったサブカルチャーに拠るところが大きい。

ゴッドサイダー
80年代少年ジャンプ誌上において巻来功士氏が連載した漫画。大悪魔ベルゼバブがシリーズ前半のボスとして登場し、主人公霊気らをおぞましく残な手段で苦しめた。両性具有と思しき外見もインパクトが強く、これをえるインパクトの敵を生み出せなかったことが、本作が未消化のまま終了してしまった原因のひとつと考えられる。巻来氏はのちに何本か、パラレル設定の同系作品を描いている。

真・女神転生」「ペルソナシリーズ
西谷史氏の小説を原点とする一連のテレビゲーム。ほぼシリーズ全体を通して、ベルゼブブを悪魔合体により仲魔(あるいはペルソナ)とすることが可となっている。基本的に高レベルにならないと作り出せず、それに見合う有用なを備えているのが魅ストーリーによっては敵として立ちはだかることもあり、その場合はもちろん存分にプレイヤーを苦しめてくれる。

ウィザードリィ外伝II
フライプリミアー」という敵が登場する。和訳すると「人」、すなわちベルゼブブの事をしており、シナリオ原作者が執筆した攻略本でも「フライプリミアー=ベルゼブブ」と思わせるような描写がある。
最下層の中ボスだけあって強さは折り紙つき。しかしユニークな点として「容姿・特徴とも大悪魔それなのに、なぜか種族が悪魔ではなく昆虫」であることが挙げられる。そして外伝IIでは昆虫系特攻の小手「マンティグローブ」が久々に復活、前衛クラスはこれよりも高い防御の小手を装備できるにもかかわらず、フライプリミアー戦を有利に運ぶため「だけに」あえてマンティグローブを用いる者が多い。

ありふれた「ベルゼブブ」表記ではなく「フライプリミアー」としたネーミング過去作ではだったマンティグローブの昆虫系特攻に最高の見せ場を用意するなど、フライプリミアーに関する事項は外伝IIセンスの良さをうかがわせるエピソードであると言える。


関連動画



■1327900499[ニコ動]

■1331698481?mypage_nicorepo[ニコ動]
■sm14506861[ニコ動]
■sm6595277[ニコ動]
■sm9564068[ニコ動]

ベルゼブブに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連静画


■im1689970?(静画)
■im1685549?(静画)


関連商品


■az4062012979
■az4198505454

■az4063522229
■az4102146016

ベルゼブブに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/05/02 09:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ