ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ


ヨミ: ペルソナフォージアルティメットインマヨナカアリーナ
掲示板をミル!
1022カキコ!

その後の話を、めようか。

鋼のシスコン番長

P-1グランプリ 2012年3月1日 開戦(ON-AIR)!

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナとは、株式会社インデックスアトラス)からACPS3Xbox360にて稼働・発売されている2D対戦型格闘ゲームである。略称は「P4U[動]」。
東京ゲームショウ2011および第49アミューズメントマシンショーにて開発バージョンプレイアブル出展。
アーケード版の稼働は「NESiCA×Live」による配信で2012年3月1日より稼働開始。2012年5月31日バージョンアップキャラクターが調整された。コンシューマー版の発売は2012年7月26日。先行購入特典はアレンジサウンドトラック

アトラス公式からネタバレに関する警告が出ています。
ストーリーモード動画投稿は禁止されていますのでご注意ください。

2013年8月16日から3日間、日本橋秋葉原にて続編のロケテストが開始!
さらに9月26日に正式なタイトルが発表!
タイトルは「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド略称P4U2(Uが2つ入っているので)
2013年11月28日稼働開始!!


概要

ペルソナ4」と「ペルソナ3」のキャラクターが戦いを繰り広げる2D対戦型格闘ゲーム
時代設定は、「ペルソナ4」のトゥルエンディングから2ヶ後が舞台となっている。

開発はかつてアトラスと共に豪血寺一族シリーズ制作した「ノイズファクトリー」ではなく、「ブレイブルー」や「ギルティギア」でおなじみの「アークシステムワークス」のブレイブルー制作チームアトラスが共同で開発する。
プロデューサーアトラス氏とアークシステムワークス森利道氏で、サウンドコンポーザーは目黒将司氏と喜多條敦志氏。
今作は喜多作曲編曲の楽曲が多く、半分以上手がけている。

操作は1レバー+4ボタン〔A(弱攻撃)、B(強攻撃)、C(ペルソナアタック)、D(ペルソナラッシュ)〕。
システムとしてはゲージを消費して攻撃動作を時にキャンセルする「ワンモアキャンセル」、状況次第で性が変化し、攻め、緊急回避、追撃に使用できる「バースト」といったアーク染みの動きの自由度を重視したシステムに加え、HPを少しだけ消費して反撃専用の無敵必殺技を放つ「逆ギレアクション」、HPが少なくなると防御が向上し、覚醒SPスキルが使用可になり、SPゲージの最大値が150になり、さらに現SPも50増加する「覚醒」がある。必殺技スキルと呼んでいたり、各種バッドステータスが存在するなど原作を意識した作りになっている。

初心者向けの要素としては、先ほどの「逆ギレアクション」の他、Aボタンを連打するだけでコンボが繋がり、さらにそこから超必殺技へと生できる「連打コンボ」、A+Bボタンガードポイント付の中段攻撃を放ち、さらにヒットすればボタン連打で簡単に追撃できる「ボコスカアタック」などがある(↓+A+Bで下段判定の足払いに)。

よく格闘ゲームにあるバー入れ技(特殊技)がく(一部例外あり)、昇コマンドを持ったキャラがおらず、大抵の必殺技は波動か竜巻コマンド、タメコマンドで出せる。
ただし覚えるべき操作・システムが多く、ボタン同時押しも多いので、覚えるまでの敷居が若干高い。

とりあえずアーケードモードクリアに限れば「連打コンボ」と一部ボスの対処さえ覚えればクリアできる難易度なので物怖じせずに挑戦してみよう。乱入されやすいなら少し厳しいかもしれないが。


システム

[画像を見る]操作関連

[画像を見る]ペルソナ

[画像を見る]キャラクターに一体付いている「もう一人の自分」。
簡単に言えばジョジョ格ゲースタンドである。

ジョジョ格ゲーと明確に違うところは、『キャラクターの強攻撃担当に限る』ということ。ジョジョ格ゲーのタンデムのような繊細な入の必要はない。

Cボタンペルソナ弱攻撃、Dボタンペルソナ強攻撃を放つ。ペルソナにも体がありペルソナが4回攻撃を受けると「ペルソナブレイク」してしまい、一定時ペルソナを使用した技が使用できなくなる。

 

[画像を見る]連打コンボ

Aボタンを連打することで簡単にコンボが出せる。連打だけで三段攻撃→スキルと簡単にコンボができ、ゲージさえあればSPスキルまで勝手に繋いでくれる。またSPゲージの回収率が非常に良く、さらには攻撃三段にはバーストゲージが回復する効果がある。ただしAのコンボ補正がきつく、手動コンボより威若干下がるなどのデメリットがある。また、連打コンボが出るのは立ちAだけでしゃがみAからは出せない。

システムが難しい中で重な「とっかかり」要素。初心者はこれ一本でも大丈夫。上級者でもコンボミスをしたくない時やゲージを回収したい時に使ったりするので堂々と使おう。慣れてきたらより強コンボを身に着けてゆきたい。

[画像を見る]ボコスカアタック / 足払い

原作の総攻撃を再現したシステム。A+Bボタンで中段攻撃を放つ。出掛かりにガードポイントが付いており、相手の攻撃をある程度耐えながらこちらが攻撃できる。

地上ヒット時にすかさずAかBボタンを連打すると相手をメタメタ叩きのめす「ボコスカラッシュ」に生し、その後のフィニッシュにCかDボタンを押すと相手を打ち上げるか吹っ飛ばす「ボコスカフィニッシュ」に生する。ラッシュ中にAかBボタンを規定回数連打した後CかDボタンを押すとフィニッシュがフェイタルカウンター扱いになる。

↓+A+Bボタンダウンを奪える下段技の「足払い」を出せる。

[画像を見る]逆ギレアクション

B+Dボタンで切り返し用の技を放つ。キャラクターによって性が異なり、無敵付きのスタンダードな所謂昇龍拳タイプ、美など)と、相手の攻撃を受けると反撃する当身タイプ千枝、陽介など)がある。また、成功時にはダメージ以外の特殊な効果があるものもあり、文字通り状況を逆転させる一打を簡単操作で繰り出せる。

デメリットとして使用すると少し体を消費する(時間経過で回復)のと、一部を除いてワンモアキャンセル等でのフォローが効かないこと。

[画像を見る]クイックエスケープ / ミニジャンプ / 空中振り向き

A+Cボタンで少しだけ無敵の付いた前進をする。相手がの前にいる場合は後ろに回りこめる

↓+A+Cボタンで小さくジャンプする「ミニジャンプ」。

中でA+Cボタンで逆方向に振り向く「中振り向き」になる。

[画像を見る]投げ

C+Dボタンで相手を投げる。リーチは短いがガードでは防げない。後ろにレバーを入れれば後ろに投げられる。

投げられた方は投げられた間(頭上に!マークが出た間)にC+Dを押すことで、相手の投げを外して五分の状況に持ち込む「投げ抜け」が可

[画像を見る]スキルブースト

スキル発動時にボタンを同時押しにすることでSPを25消費して性の上がったスキルを使用できる。
同社の「ギルティギアイグゼクスアクセントコア」のフォーブレイクに近いシステム

[画像を見る]ワンモアキャンセル

相手に攻撃を当てている時にA+B+Cボタンを押すことで、SPゲージを50%消費して攻撃モーションを中断できる。
コンボ中に使用してコンボの威を上げたり、隙の大きい技をキャンセルすることでリスクを減らすことができる。
ギルティギアシリーズロマンキャンセルブレイブルーシリーズのラピットキャンセルに相当する。
ちなみにレバーを前に倒した状態で使用すると自動的にダッシュが出る。

[画像を見る]ガードキャンセル

相手の攻撃をガードしている最中に→+A+Bを押すことで、SPゲージを50%消費して専用の攻撃を出す。攻撃の最中はガードポイント付き+無敵で、ガード硬直を視することができる。当たった相手は吹き飛ぶ。

[画像を見る]バースト

A+C+Dボタンで相手キャラクターを吹っ飛ばす衝撃波を放つ。使用にはバーストゲージが必要。ペルソナブレイク中は使用不可。状況に応じて3種類のバーストが使える。

[画像を見る]受け身

攻撃を食らって吹き飛ばされている最中にボタンのどれかを押すことで受け身が可。受け身を取らないと地上に落ちた際に非常に大きなスキをすことになる。ボタンを押しっぱなしにすると最速受け身が出来る。

[画像を見る]一撃必殺技

アーク恒例の即死技が今回もあるよ!

マッチポイントラウンド(KOすれば対戦に勝利できるラウンド)かつSPゲー100以上の時かつペルソナブレイクしていない状態で、各キャラ共通コマンド↓↓↓C+D(一部キャラ中)で発動する。

発動は遅く現状では連続技に組み込めないが、ガード不能であったり発動時全身無敵であったりといった、脅威のわからん殺しを誇る。なおバーストゲージの多寡は発動に関与しないので、開幕マックスバーストから即発動も可である。

[画像を見る]ボタン同時押しまとめ


ワンモアキャンセル[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
クイックエスケープ([画像を見る]+[画像を見る]
ミニジャンプ[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
中振り向き(中で[画像を見る]+[画像を見る]
バーサルバースト(食らい中に[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
マックスバースト[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
ワンモアバーストコンボ中に[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]

ボコスカアタック[画像を見る]+[画像を見る]
足払い([画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
ガードキャンセルガード中に[画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
スキルブースト(対応技のコマンド+[画像を見る]+[画像を見る]
A
弱攻撃
C
ペルソナ
アタック
 

投げ([画像を見る]+[画像を見る]
スキルブースト(対応技のコマンド+[画像を見る]+[画像を見る]
一撃必殺技[画像を見る][画像を見る][画像を見る]+[画像を見る]+[画像を見る]
B
強攻撃
D
ペルソナ
ラッシュ
 
逆ギレアクション[画像を見る]+[画像を見る]
 
 
 
 

同時押しコマンドが非常に多いが、ナナメ同時押し(B+CボタンとA+Dボタン)はいので覚えておこう。

 

[画像を見る]その他システム

[画像を見る]覚醒

35%以下になると「カッ」というカットインと共にSPゲージの最大値と現在値が50増加し、覚醒SPスキルも解禁されるようになる。また防御が大幅に上昇する。

特に防御上昇率(被ダメージ0.625倍)はかなり高く、覚醒しそうなラインでSPスキルを撃ってコンボダメージ限界まで伸ばしておく、自分から覚醒するために逆ギレアクションを使う……といった駆け引きが生まれている。

[画像を見る]カウンターヒット / フェイタルカウンター

自分が攻撃している最中、あるいは攻撃後のスキに相手に攻撃されるとカウンターヒットとなり、ダメージが増加し、受身不能時間も長くなってしまう。


次へ»
最終更新日: 18/04/09 21:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ